寒い季節がやってきました。

そこで増えてくる電気代。

今回は、電気代の節約方法の一つ、待機電力を減らす方法を紹介します。

コンセントを抜いて待機電力の節約!!

使っていない家電製品は、コンセントを抜いておきます。

電源を切るだけでコンセントを挿したままだと、「電源を入れたらすぐに付く状態」にしておくための待機電力が消費されます。コンセントを抜いておけば、この待機電力分の電気代が節約になるのです。

参考までに、いくつかの家電製品の待機電力を紹介します。

 

家電の種類

待機電力

1ヶ月の電気代*

1年間の電気代

プリンター

3Wh

4320銭(2.16kWh

52560銭(26.28khW

炊飯器(3合炊き)

2Wh

2880銭(1.44kWh

35040銭(17.52kWh

ビデオデッキ

2Wh

2880銭(1.44kWh

35040銭(17.52kWh

洗濯機

1Wh

1440銭(0.72kWh

17520銭(8.76kWh

エアコン(16畳用)

0.3Wh

432銭(0.216kWh

5256銭(2.628kWh

*電気代の計算は、1kWhあたり20円で計算しています。

コンセントの抜き挿しが面倒、またはコンセントが壊れそうで嫌という人は、スイッチ付きのタップを使うといいです。私もパソコン周りなど、家電が多いところはスイッチ付きのタップを使っています。私の会社でも使っています。
商品を紹介すると、

コンセント






サンワサプライ
エコタップ 3,3601,680円(joshin電気)

独立したスイッチ付きで、使用する機器だけ電源をON/OFFすることで電気代を節電できます(しかも側面スイッチレイアウト)。しかも、一括集中スイッチも付いているので、電源をまとめてON/OFFすることも可能です。こういったものを利用して電気代を節約するのも大事なのではないかと思います。


参考文献http://chiitsumo.com/utilites/electric/より一部引用


中村