様々な人が自分の仕事に取り組んでいます。

その仕事は、効率の良い生産性の高い仕事になっているのか、考えてみました。

 

ミス、クレーム、仕事を抱えすぎる、時間がかかる、それぞれ課題を抱え、

仕事をしていると思います。

 

しかし、ヒントは仕事の出来る上司がもし、居たら「その人だったら、どのように仕事をするのか」を考えてみると効率良く成果が出る気がします。

 

取り入れ方は、出来る上司の言葉を自分の言葉として、使ってみると良いでしょう。

PDCA」「人の話をよく聞いて」「求められているのは何か」「お客様が喜ぶことは何か?」

など出てくる言葉がたくさんあるでしょう。

それが自分の習慣になった時、肝心な時に活用でき、効率的、効果的な結果に繋がれば良いですね。

ようするに、置き換えて考える事がうまくいくコツなのかも知れません。

 

「上手くいく、やり直しが無い。次の仕事に向かえる。」

 

・・・それってエコですよね。

 

ヒットを打ちたければ、イチローの立場になり、イチローの打ち方を練習すると、

見えてくるものがあるかも知れません。

 

後は、自分の個性を生かしながら・・・。

 

えりっく くんたろう