カンパネエコステージではペットボトルのキャップを集めています。
  このペットボトルのキャップですが、以前はワクチンになっていました。
  現在は知的障害者の雇用や、高齢者雇用、国内外の子供への医療支援・
  生活支援に使用されているそうです。

 このエコキャップをより多く集めるために、
  家族にも協力してもらうことにしました。
  初めは口頭で「会社に持って行くからキャップ集めといてぇー」と言っただけ。
  はい、集まりません!
  それはそうですよね・・・。
 
  次にエコキャップ集めるとどのような社会貢献になるのか説明。
  そして台所にコンビニのビニール袋を引っかけて、
 「ここに入れといてぇー」 
  ・・・ はい、私しか入れません。
  そしていつの間にかビニール袋ごとなくなっています。
  俺の言うこと聞かねぇ(怒)
  ・・・
なんて思ってはいけません!

どうしたら集めてくれるか考えました。
  会社ではペットボトル捨て場の付近にキャップ置き場を設置しています。
  ペットボトルを捨てるときに必然とキャップも集まるようになっています。
  そうだ見やすい場所に置こう!
  しかし、ビニール袋では美しくない。
  きっとすぐにかみさんに片付けられてしまうだろう。
  そこで私は少し小洒落た瓶の中に数個キャップをいれて
  テーブル近くの窓に置きました。
  すると
1週間もたたずして、瓶の中がキャップで満タン!

  してやったり!今では家族みんなが当たり前のように
  キャップを瓶の中に入れてくれるようになりました。
  

弊社では、平成最後の年は1年間で24270グラムのキャップが集まりました。

  さて、令和元年は何グラムのキャップが集まるか楽しみです。

        eco









                                     KP はしくん