先日、テレビでニュースを見ていたときに2020年の東京オリンピックの期間中選手村で使用される寝具が発表されました。

今回の寝具の特徴は大会史上初めてベッドが段ボールで作られていることです。当然一般的なベッドより軽いため自分で好きな場所にベッドの位置を変える事が出来ます。段ボールで作られているので強度や熱に弱いのでは??と思いましたが耐荷重は約200kg、難燃性試験にも合格している優秀な製品です。

 マットレスも100%ポリエチレン製で選手の体型に合わせて硬さを調整出来る構造になっているそうなので選手たちは快適に睡眠につける製品となっています。このベッドはオリンピックで18000台、パラリンピックでは8000台用意され大会終了後は段ボールは古紙として回収されて紙製品になり、マットレスはプラスチック製品に再利用されるそうです。

 選手達にとって質の良い睡眠はハイパフォーマンスを発揮する為の大事な要素なので品質的にも環境的にも素晴らしい製品だと思いました。個人的にはオリンピック後も災害があった際等に活用してほしいなと思いました。


                                            竹内d