カンパネエコやってます!
…とはいえ、「エコって何?」と聞かれたとき、私には正確に答えられる自信がありません。

イメージ的には、『エコ=環境に優しい物』。
これも一つの正解ではあると思います。

実際はどういった意味が込められているのか、調べてみました。

どうやらエコには二つの意味があるそうです。
1つ目は、『エコロジー』のエコです。
『エコロジー』とは生態学という意味で、生態学的な知見を反映しようとする文化的・社会的・経済的な思考や活動の一部または全部を指す言葉として使われることもあるそうです。
私のイメージしていた”環境に優しい物”はまさにこちらの意味でした。

そして2つ目は、『エコノミー』のエコです。
『エコノミー』とは経済という意味で、社会が生産活動を調整するシステム、あるいはその生産活動を指すそうです。
身近でいうと、会社での経済活動などにあたるかと思います。

『エコロジー』と『エコノミー』どちらに偏り過ぎても良い会社とは言えません。
どちらもバランス良く取り入れていくために、自分では何が出来るのか。

会社に対して、地球に対して、自分が出来る"エコ"って何でしょう。
考えていくと、自分の些細な活動がとても意義のあることに感じてきました。
まずは、自分のしているどんなことが"エコ"に繋がるのか、考えていくことから始めていきたいです。

一部Wikipedia抜粋

中田