つい最近まで行われていた、東京オリンピックを見ていた方も多いと思われますが、
オリンピック・パラリンピックはスポーツ×持続可能性をテーマにしていて、
スポーツを通じて持続可能な社会に貢献できるようなさまざまな取り組みを行っていたそうです。

 

その中で、
資源を無駄にしないと言うテーマがあり、2050年までに世界のゴミの排出量は70%増えると予測されています。


オリンピックでは、廃棄物を65%リユース・リサイクルする取り組みを行っていたそうです。


私自身もごみの分別などのリサイクルは積極的に行っているつもりですが、リユースはあまりなじみがないので調べてみました。

身近にできるリユースは、外食やコンビニでお弁当を買って食べる時などは、
何度も洗って使える自分のお箸を持ち歩く、家具や家電製品など修理して使うなどです。

 

このオリンピックを機に、外食やお弁当を食べる機会が多いので、my箸を持ち歩いてみようと思いました。

 

kubo