体重の減量でエコ出来たことがありました。

そもそも始まりは、
体調管理の面から2016年、いかにして体重を減らしていくか?をテーマにした自身の体験です。

減量するにあたり、課題を設定しました。
①極端に負荷をかけて減量活動に飽きない事、長続きすること。
②少しづつでも効果があること。


1年目(2016年)
まず初めに行ったことは、ウォーキング5Km。週1~2回のペースで休日の早朝に実施。
特に早朝の運動は気持ちが良く、音楽を聴きながら楽しい時間として実践していました。
このウォーキングを、1年間続けた結果、約2Kg減量に成功。


2年目(2017年)
このままのペースだと、標準体重に戻せるのもそう遠くないと思い、更に1年間実践しました。
その結果、約4Kgの減量に成功。


3年目(2018年)
しかし、翌年も同じように続けたのですが、体重の変化がなく、昨年と同じ体重。
効果がでません。減量が停滞している感がありました。
ですが、増加しなかった事が翌年なんとしてでも減量するという気持ちにさせました。


4年目(2019年)
運動に少し変化を加えました。
距離は5Kmのままですが、ウォーキング2.5km、ジョギング2.5Kmに変更し、1年間実施。
減量が少しずつ始まり、この年は2Kg減量。


5年目(2020年)
この年はコロナ禍の影響で通勤が電車から車に変更したことで、
移動手段が車となり、体を動かさない日々が続きました。体重の減少に懸念を感じた私は、
運動だけでなく、食事に対して何とか出来ないとか考えました。
以前、栄養士の方に相談した際、毎日カロリー計算するだけで痩せれると言っていたことを思い出し、
カロリーの食事を考え早速実践することにしました。
ですが、私は基本的にお腹がいっぱいになることに満足を感じているため、悩んだ結果、
野菜中心の食生活に変更しました。私は野菜が大好きなだったのが幸いしました。
満足しながら我慢も無い食事をしようと心がけました。その結果もあり、2Kg減量。


6年目(2021年)
5年目の減量活動を継続。9月までに1Kg減量。
この約6年間、体重が増加する年はありませんでした。
成果は、11Kg減量になり、今では毎日体調もよいです。


さて冒頭での、この減量を通してエコ出来たことについてですが、
①必要な食事分しか購入しないため、ゴミの量が減った。
②料理する際のガス、水道、電気の削減。
③温度に敏感になり、冷房温度の設定温度が上がった。


直接的、間接的にことはあるにせよ、エコが少しでも日常からできたと感じています。
これからもエコにも身体も大切にした生活、日常を今後も継続していきたいものです。


櫻井