今年で入社して
11年がたちました。
入社した頃に比べると配管材料や現場での養生のやり方、資材置場の設置方法、工事の種類、パソコン、スマホ、様々な変化がありました。


特にコロナ禍になり、在宅勤務や通勤方法、お客様との接し方など、今までと大きく仕事のやり方が変わってきました。


社内でもフリーデスクを採用したり、外出先でパソコンが使えるようになったり、
入社当時と比べると自由度が増えて仕事がやりやすくなったように思います。

そんな中で感じたことは、
ルールと規律の重要性です。

自由度が高く仕事ができるということは会社から信頼してもらっているから、ということに気付きました。

皆がルールを破ってばかりでは、きっと社内は注意喚起の貼り紙だらけ、
何事にもチェックシートを用いて管理者はチェックをしなければならない。
ルールを守らせるためにはどうしたら良いか考える会議等々、余計な仕事が増えて本業以外のことで疲れてしまいそうです。

一人一人がモラルと規律を持ち、ルールを守る。ちょっと面倒なこともあるかもしれません。
ですが、一人一人の行動が会社との信頼関係に繋がり、効率の良い業務に繋がります。

今よりももっと皆が働きやすい会社になるよう後輩達やこれから入ってくる仲間にも伝えていきたいと思います。 


しんじ