船虫王の二等船室症候群フユジオン

フナムシ王の人生の全て。俺とフユジオン。ペットはインコ大好き。

2009年08月

民主党とかマジで勘弁してほしい。
恋愛弱者にとって民主党は敵以外の何者でもないなあ。
少子化問題の根源について何か勘違いしてる人が多くないか?

今日は別の職場で辞める人のところに挨拶にいってきた。
あさってにはもう出るらしい。
昨日掃除のおばちゃんから聞いた話だったので、ギリギリセーフだった。
まともな人が辞めてコネやツテで入ってきた人が残る現実。
もうどうしようもねえなここは…

台風直撃で明日の島行きは絶望的になったが、上司の都合で来月の休みが増えた。
明日、明後日と続けて休めるので久々にゆっくりしたい。

今日で子供達が施設内に入るのは最後の日となった。
工事があるということで誰も来なかったため、尻すぼみな終わり方になった。
来月一杯で接客自体も終わりになるので、なるべく気合を入れて接客をしていきたいが、工事の手伝いをしながら施設管理をしなくてはならず、自分の机も色んな人から見られる場所にあるので、間違いなく今までよりも疲れると思う。

ともあれ、12月までの存続が決まった。

疲れる毎日だが、調子はいい。
ログインが簡単にできることも俺の調子の良さを現しているようだ。
明後日は南の島に行く予定だったが、前々回に続いて今回も高波で中止になり、さらに上司に休みを一日取られてしまった。
9月にも南の島に行く機会自体はあるが、日帰りになる可能性が高い。

今日は比較的仕事が上手くいった。設備の移転などが俺が計画した通りにほぼ進んでいる。
終わった後に島の友人を誘って、おそらくこの島で最後のボーリングをやってきた。
結果は前よりはマシだったとはいえ散々だったが、いい思い出にすることはできたと思う。
いましばらくは力仕事が続きそうだ。

今日からいよいよ本格的な力仕事だ。
覚悟はしていたが、本当に普通に重労働が続いたので困った。
埃で気が付いたらアレルギーが悪化していた。
次からはマスクをしてのぞみたい。

明日には「12月まで続行」という形で
おそらく決意が固まるだろう。

今日の晩飯はご飯、納豆、なめことネギの味噌汁、梨と
実に和風の食事だった。

とりあえず帰ってはきたが、行って読んだ本が思った以上に収穫だったぐらいだ。
明日か明後日までには結論を出すつもりでいる。
10月を選んで勉強時間と健康を取るか、12月を選んでボーナスを取るか、二つに一つだ。11月の試験は外せない。

719ef74d.jpgサングラス

かけても眩し

夏の膚


今日は初めてファッション以外でサングラスを使った。と、いうより使わないと目がやられてしまうぐらいの強い日差しだ。

人が沢山集まるような場所はどうしても精神的にきついものがある。
何よりテンションがもう駄目だ。今も人気のないトンネルの向こうでこうやって携帯をいじっている。

結論はまだまだ出そうにない。

ついに、実質的な在職三年間を経過し、運命の選択が迫った!
なんというか、ボーナスを貰う可能性の方がどちらかというと高いかもしれない。

難しい。考えれば考えるほど難しい。
そもそも今後俺と上司と課長が揃うのは最初が9月17日。ただし、休日に顔を出すことで9月1日にも出ることはできる。10月に辞めるとしたら8月30に上司に相談をしてから、ということになるだろう。

ストレスはかなり溜まっている。もう笑うこと自体が難しい。早ければ早いほどいい、それだけは分かる。
残るメリットはボーナスのみと言い切れる。

さて、三年というが、丁度三年前の明日は奇跡的にも面接に受かり、ここに来ることが約束されていて「どう会社を辞めるか」をウキウキしながら考えていたところだ。今も似たような状態だが、将来は約束されておらず、ウキウキもしていない。

明日は波の状態もよく、南の島に行くことは確定だが、人が多そうなので原付を乗り回せるかどうかは不安だ。とにかく昼間は何も考えずに楽しみたい。

いよいよ明日で
三年間の職歴が確定する。
明日は慎重にいきたい。

残り2日。
工事も本格的に取り掛かりはじめたようである。
今日は三年近く前にここに来たばかりの頃やった文化祭のビデオを見た。
恥ずかしくなった。

残り3日。
いよいよ工事の準備が始まったようだ。
明日は終わったら島の歴史の本を読んで飲み会、
あさっては終わったらボウリングをしながらこれからの事を考え、
最終日はこれまでの三年間を噛み締めながら仕事をしようと思う。

思ったよりも疲れた。
残り4日。さぁ、明日からが本番だ。

今日は適当に情報収集しながら時間を潰した。
残り5日。目標まで最後の週なので気合を入れていきたい。

今日は裏山にいってきた。
山頂まではいかなかったが、島一番の絶景スポットでこれからの事について考えてみた。もし12月まで残留するとしたら、11月の簿記試験については早めに相談しておく必要があるだろう。
残り6日。

何とか終わった。
東京行きは目的をがなく、疲労と消費の割には採算が合わないので行くのをやめた。
二週間前に経験したが、船室の学生などの賑わいを見ると鬱になるのでそれだけでもきつい。
島でもこの一週間は外から来た明るくて若い家族、学生たちの姿を見て多少は楽しい気分にはなったが、やはり自分の現状を省みると辛いものがあった。
とにかくこの一週間は徹底的に栄養剤などに頼って笑顔で乗り切った。

明日と明後日はこれからの事についてゆっくり考えていこうと思う。
残り7日。

ヲタ友を含めた友人たちが気持ちよく島を去れてよかった。
片付けの手伝いにも巻き込まれることなく、無事に今日が終わった。
今日までがピークで明日からは急に楽になると思う。

残り8日。明日は船の予約が取れたら夕方のうちに本土に行くつもりだ。

何とか無事に終わった。
連日の重労働で体が悲鳴をあげている状態だ。
明日までお客さんのピークなので何とか持たせたい。
最後の飲み会は上手いとこ逃げてきた感じだ。

糞野郎がまた調子こいてきたので注意した。謝ったから許したが。
なんつーか、チンピラの精神っていうのは本当に醜いものだと思う。
隙があればのしかかるという、その態度が気に食わんわ。
犯罪というのは通報されて発覚するから犯罪なのであって、世の中には一部の図々しい連中が糞のような行動を取り、気の小さい人が黙っていることで犯罪にならないことも多々あるんだろう。

それはいいとして、今日は施設管理でかなり忙しい一日だった。朝から夜遅くまで重労働をして久々に充実した一日だったことは間違いない。
かなり酒を入れてしまったので、明日は無事に出れることを祈りたい。

今日は結局普通に仕事をしているうちに準備が終わってしまった。
本格的にやるのは明日と明後日ということになる。あと2日の辛抱だ。

残り11日。
今日、大学生のヲタ友が不意をついて来た。おそらくこれで会って話をするのは
最後の機会になるだろう。15日に帰るらしい。
花火大会が終わるまでをヲタ友に見られるというのはなんとも微妙な気分だ。

追記:
花火担当が親戚の見舞いで欠席になったので、その分が俺に回ってくるようだ。
明後日はかなり忙しいことになりそうである。

残り12日。
明日から地獄の3日間が続く。気合を入れて沢山動けるようにしておきたい。

結局、大荒れの天気で南端の島にはいけず
今日は大人しく家で過ごした。明日もそうなるだろう。

残り13日

麻薬を必要としない社会はどうしたらできる?なんていうテーマがあるようだけど、
要は格差を小さくすればいいんじゃないの?
貧乏な人間や普通の人間は薬を買わないでしょ?
あとはアウトローの皆さんが社会ででかい顔をできないような
メディアの報道じゃないですかね?
彼らは自分に酔ってるみたいなのもあると思うし。

で、今日になって急に上司のピリピリが収まったので、問題が解決したんだろう。
これで残り14日、実質勤務日は10日、地獄の夏祭り突破まで勤務日3日となった。
睡眠時間を増やしたのがかなり効いている。指先の病状も驚くほど良くなった。

いよいよ上司が本当に細かい部分に難癖を付け始めた。チンピラ理論のようなものだ。こういうのをパワハラというんだろう。
辞めるのが前提になっているから我慢できるようなもので、もしこれが一年前だったら大変なことになっているだろう。恐らく、奥さんと連絡が取れないんだろう。
明後日に奥さんが帰るので、明日で終わりになるといいが、明日は被害妄想でも始めそうな勢いだ。残り15日。

鍵がドアにさしっぱなしになっていたりと、上司もあり得ないミスをやるようになってきた。これはもう当たりだろう。
それでも八つ当たりの留まる気配はなく、細かいところに難癖を付けられる日が続いている。

今日はようやく牛乳が手に入った。残りは16日。夏祭り終了まであと約一週間だ。

残り17日。今日はお客さんも多かったが、睡眠時間を十分にとったためか、
小さい子供が多い中でも笑顔で積極的に仕事をすることができた。
家に帰ってからもガクッとくるような疲れがなかったので、確実に睡眠の成果は出ていると思う。ならば次もそうするつもりだ。
明日からはさらに現場での仕事が入る。気は抜けないだろう。

残り18日。ヒーリング音楽を聞いて長い睡眠を取って
何とか16日までは乗り切ろうと思う。

明日からの残り15勤務日のうち、10勤務日が勝負どころになるだろう。
お客さんも非常に多いので、睡眠時間をじっくり取って精神を安定させて、
いつも通りで切り抜けたい。


そういえば四日ぐらい前に思いついた一句



   俺の人生

      晴れる晴れると

          長い梅雨


解説:
いつか輝きたいと何度願ってもことごとく先延ばしにされて
結局は成果を挙げられない俺の人生は、
まるで梅雨開けを何度天気予報で告げられてもことごとく外れて
いっこうに開ける気配のない今年の梅雨のようだ、の意。

ポイント:
字余り+日本語としておかしい という点に、先が見えず
混沌とした心境が込められている。
敢えて「わが人生」にしなかった。



32be2cb1.jpg成果はまずまずだった。
船の中は活気があって鬱になる。

163158e4.jpg上司の不機嫌は家族関係が原因のようだ。だからといって部下に当たるのはどうかと思うがどうにもいかないらしい。

倒れてきた上司に巻き込まれて潰れるのは結局下っ端。そういう島なのでどうにもいかない。
残り三週間となった。

なんとか本土に上陸するも、今回はいい職はなさそうだ。

↑このページのトップヘ