ブログをお読みの皆さん、こんにちは
京都(四条新京極入口)の阪本漢方堂です
本日1月7日は五節句の一つ人日(じんじつ)の節句の日です。
皆さんは今朝、七草粥を召しあがりましたか
今朝は七草の一つセリについて取り上げてみましょう。
セリの入った料理で記憶に残るのは、秋田のきりたんぽ鍋を食べた時で、歯応えのある鶏肉と牛蒡のささがき、そしてセリの香りとシャキシャキ感が旨かったと思い出します

漢方では芹(セリ)は涼性と云いまして少し体を冷やすグループに捉え、身体にこもった余分な熱を収める働きがあると考えます。それゆえイライラ・起こりっぽい方で顔が赤く血圧が高い方の場合は体の余分な熱を冷ましてくれるので良い食材でしょう。生で食べたり、しぼり汁を飲んだりするのも一つです。
漢方の考え方の一つに身体を温める方向性の食材や薬草、身体を冷やす食材や薬草、中間に位置するものなどに分類して考え、お一人お一人のタイプによって体を温める方向性の組み合わせを考えたりしていく点が、大変興味深いところです
再度、芹(セリ)は高血圧だけでなく利尿・発汗の働きや、高脂血症、肝機能を整える働きがあり、年末年始の暴飲暴食で疲れた胃腸や肝臓をいたわるお粥の七草の1つとして入っている意味が分かります

ところで芹(セリ)はせり科の植物になるのですが、普段私たちが食べるお野菜にもせり科の仲間が多いことご存知ですか
セリ科だから名前が近いセロリ、パセリ。他には何が挙げられるのでしょうか?
ミツバ、明日葉、ニンジンも同じセリ科の野菜ですし、ハーブの仲間ではフェンネル、コリアンダー(パクチー)、なども挙げることが出来ます。結構ありますね~
ちなみにフェンネルは漢方では生薬名を茴香(ウィキョウ)又は小茴香(ショウウィキョウ)と呼びます。それと野菜の人参はせり科ですが、薬用の人参はウコギ科の植物で別物になります。

さて漢方薬の原料生薬では、せり科の植物はあるのでしょうか
使われることの多い当帰(トウキ)・川芎(センキュウ)のうち当帰を御紹介致しましょう
まずセリ科の多年草である当帰、こちらは奈良県吉野を中心に栽培されている大和当帰、別名は大深当帰(オオブカトウキ)と、北海道を中心に栽培されている北海当帰(ホッカイトウキ)が有ります。その他にも日本の種を中国にて栽培品も流通しています。
この当帰の働きとしては、身体を温め、血を補い、血の巡りを良くし、血の巡りが悪くて部分的に不足する栄養を運ぶ働きを改善してくれます。

もう少し具体的にイメージして頂くなら、手足が冷えて、脹脛は勿論足の指や土踏まずのようなところがつるような方や、女性の特有なお悩み生理痛が重い、月経量が多くクラクラ貧血のようなしんどさに襲われる、排卵の頃・生理前になるとちょっとしたことでもイライラしてしまう、肩こりや頭痛、頭が重い(頭重)、めまい、のぼせ等、更年期かしらと思われる症状など、漢方では血の巡りが悪さの原因について、冷えや元気(エネルギー)の不足、血の不足が背景に無いかなど、考えていきます。
その際に当帰の配合を考え簡単に飲むことの出来る顆粒タイプや本格的な煎じるタイプで調合します。その他にも出来上がったシロップタイプ1か月分5千円台で取り扱っています。

最後にせり科の当帰と川芎(センキュウ)が配合された漢方の入浴剤をご紹介しましょう。湯の素(ゆのもと)と云いまして、他にミカンの皮(陳皮)、ヨモギ、カミツレなどを細かく刻んでティーパック式です。他の入浴剤のような合成した香料の香りと違い薬草のいい香りです。寒さや日常の仕事の疲れで凝り固まった体や心を緩めてリラックスしていただきたいと思います。
効能効果には、「肩こり、腰痛、神経痛、リウマチ、冷え性、しもやけ、痔、湿疹、荒れ性」とあり、私が用いた感想としては湯冷めしにくいのが特徴です。湯の素https://www.kyoto-wel.com/item/IS81608N00099.html

お値段は10包入り税込み1760円です。
もしよろしければ、お使いの入浴剤と使い比べてみてくださいね

皆さんの周りに冷えやコリ痛み、更年期障害をはじめ月経に関するトラブルのお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非教えてあげてくださいね
阪本漢方堂(075-221-6323)


阪本漢方堂

阪本漢方堂ホームページ
http://www.kanpodo.co.jp/

阪本漢方堂インターネット販売店
http://www.kyoto-wel.com/shop/S81608/index.html