皆さん、おはようございます。

京都市四条新京極入り口の阪本漢方堂です。

皆さんは最近映画を見られましたか?

邦画ですが、私は堺雅人&高畑充希主演「DESTINY鎌倉ものがたり」を見てきました。


映画「DESTINY鎌倉ものがたり」








キャストは他にも中村玉緒、堤真一、三浦友和、薬師丸ひろ子、国村隼など私でも顔が思い出せる有名な方が出演されていました。

年末年始の休暇で鎌倉に旅行に行って参りまして、今朝の話題はその中から漢方に、しかも京都にゆかりのある人物のお寺を巡ってきましたので、ご紹介致しましょう。

1つ目は鎌倉五山の一つで、寿福寺(じゅふくじ)です。
寿福寺5寿福寺2









寿福寺は臨済宗建長寺派のお寺で、建立は正治2年(1200年)、開山したのは、明庵栄西(みょうあんえいさい)です。

栄西は1202年には建仁寺(京都市)建立された京都にもゆかりのある方で、臨済宗を伝えた禅僧(開祖)です。
「喫茶養生記(きっさようじょうき)」著した功績がある方です。

鎌倉幕府三代将軍・源実朝(みなもとのさねとも)に献上。お茶を飲む習慣を日本に伝えたことでも有名な方です。

私はこの喫茶養生記に関心があり、鎌倉市は扇ガ谷1丁目にある寿福寺を訪ねました。

鎌倉駅からも近く、私が訪ねた時間はお参りの人も少なく、総門から続く長い石畳が印象的で、鳥のさえずりを聞きながら奥へと進みました。


寿福寺1寿福寺3









この寿福寺には北条政子や源実朝の墓もあり、鎌倉時代の歴史好きの方にはお勧めのお寺です。鎌倉駅から徒歩約10分です。


そこから江戸時代に「鎌倉七口」の1つと数えられていた、亀ケ谷坂(かめがやつざか)の切通(きりとおし)を抜けて、北鎌倉の円覚寺へ移動しました。


京都に暮らしていると聞きなれない切通とは、山を切り開いて作られた道のことで、交通を容易にするとともに、防御の拠点にもなるとのこと。

ここの坂道は短いけれど、とても急な坂道でした。

亀ケ谷坂








 次に訪れたのは北鎌倉に有ります円覚寺。
円覚寺1










円覚寺2








円覚寺は臨済宗円覚寺派の総本山で弘安5年(1282年)創建。

開基は元寇の役に活躍した北条時宗で、創建の目的は蒙古襲来で戦没した多くの霊を敵味方なく弔うことだったと、頂いた案内で知りました。

私が訪れたかった理由は、文献で円覚寺内の江春庵が田代三喜(たしろさんき)のゆかりだったと知ったからです。

田代三喜とは室町時代の漢方のお医者さんで、生まれは現在の埼玉県。

当時の中国大陸・明に渡り日本に当時の医学、金元医学(きんげんいがく)/李朱医学(りしゅういがく)を持ち帰り、京都出身の弟子で、現在で云う京都市上京区新町通中立売下るに学舎・啓廸院(けいてきいん)を開いた曲直瀬道三(まなせどうざん)と共に、漢方を日本伝統医学として江戸時代にかけ発展させるきっかけになった、日本漢方の源流と云われる方なのです。

それで鎌倉に旅行に出掛けたら、円覚寺を訪ねたいと思っていました。

円覚寺3









しかし広い境内塔頭を探しても見つからず、尋ねたら庵は現存していなとのことでした。

円覚寺は北鎌倉駅目の前です。
 ( 円覚寺ホームページ www.engakuji.or.jp/ )


ブログをお読みの皆さん、鎌倉に旅行にお出かけの際に思い出して二つのお寺を訪ねれば
日本の伝統医学である漢方が、更に身近に感じるかもしれませんよ。

 
阪本漢方堂


阪本漢方堂

阪本漢方堂ホームページ
http://www.kanpodo.co.jp/

阪本漢方堂インターネット販売店
http://www.kyoto-wel.com/shop/S81608/index.html

コメントする

名前
URL
 
  絵文字