皆さん、おはようございます。

京都市四条新京極入り口の阪本漢方堂です

この冬は北陸を中心に雪も多いですし、例年以上に冷えを感じている方も多いのではないでしょうか?

お風呂に入って温もっても、湯冷めしやすい方、

寝床に入っても手足の冷えを感じなかなか寝付けない方、

外出時には手袋をしているが手がかじかみ赤くなる方の話など、店頭のお客様との会話の話題に上ります。

 それでは皆さん、冷え症にならない方、なる方がいるのは何故なのでしょうか?

一つは男性女性問わずストレスによる影響、

また一つ女性の場合は月経に関するホルモンバランスの変化による影響によって、血液を循環調整する自律神経系のバランスが乱れ、太い血管はともかく、末梢の血管の血液の供給量が少なくなることが考えられます。

その他にも、知らぬ間に身体を冷やす食材・食べ物を継続的にとることによって、身体が冷える方向に傾いてきていたり、

若い女性の場合ファッションとして真冬でも素足を出したままのミニスカートをはいていたりと身体を冷やす生活スタイルが原因していることも考えられます。

実際に漢方健康相談を我々が受ける場合、生活レベルでそのような原因はないかと問診の際に尋ねていきます。

 では更に漢方的には、普段どのように原因を探っているのでしょうか?

キーワードは気(き)血(けつ)水(すい)です。

まずは瘀血(おけつ)と呼ばれる

血の巡りが悪く、血が滞ることからくる冷え。

この場合、知らぬ間に腕や足に青アザ(内出血)しやすい方、

シミ・肝斑が出来やすい方、

生理痛や生理不順を伴う場合や、

更年期の時期に差し掛かっている場合など特徴が挙げられます。

次に水毒(すいどく)と呼ばれる

血液以外の体液の滞りが原因しておこる冷え。

この場合お腹の消化管の働きが低下し、人によっては食後に胃の辺りに水が溜まっているようなチャポチャポを感じこともあります。

次に気滞(きたい)気逆(きぎゃく)と呼ばれる

気の巡りが悪くなり、気が滞ることや、気が逆流することが原因する冷えのぼせ。など漢方的な原因として挙げられます。

ストレスが多い時代、怒りや不安・恐れなど感じることが多いと血の巡りだけでなく、気の巡りも悪くなります。

冷え症の対策として、末梢の血流を改善するだけでなく、全身の気血水の巡りを良くすることを合わせることで改善していきます。

そのことで結果として冷え症の改善と一緒に肩こりが良くなった。

冷えが背景にあった頭痛が良くなった。

生理が毎月順調に来るようになった。

子宝に恵まれた。

生理前のイライラで家族にあたることが改善した。

などなど良い結果に結びつきます


 阪本漢方堂では、お一人お一人のお悩みの症状や体質を丁寧に伺い、その方に合った生薬の組み合わせを提案して、納得して頂いたうえでスタートして頂いています。

スタート後もちゃんと漢方を卒業できるまでフォローさせていただいています。

皆さんの周りで、困っている方がいらっしゃいましたら、是非教えてあげてくださいね



 さて最後に具体的に対策として何か一つ良い漢方はないのでしょうか

高麗人参をご紹介しましょう。

普段野菜としてスーパーで売られているのはせり科のニンジンですが、

漢方で用いるのはウコギ科の御種人参(オタネニンジン)で、薬用人参と云われたりします。

専門的に複数の生薬とブレンドする以外に、高麗人参単独でも市場に幾種類もの商品が出回っています。

阪本漢方堂で取り扱っているものだけでも、

1包づつ入った顆粒タイプ、

ドロッとした濃縮エキスで湯に溶かして飲むタイプ、

100%粉末にした原末タイプ、

お茶のように煎じて飲むタイプ

梅酒を漬けるのと同じイメージの薬用人参のお酒を漬ける用の日本国内産の姿タイプ、

一度蒸してから乾燥させた紅参(こうじ)など8種類扱っています。

ちなみに濃縮エキスタイプは30g入り1ヶ月目安税込み7560円

IMG_4719







飲みやすい顆粒タイプ3g×30包入り1ヶ月目安税込み3880円です。

高麗人参顆粒





熱い湯に溶かして身体の中から温めましょう

 ご不明な点はお気軽に問い合わせくださいませ。

阪本漢方堂


阪本漢方堂

阪本漢方堂ホームページ
http://www.kanpodo.co.jp/

阪本漢方堂インターネット販売店
http://www.kyoto-wel.com/shop/S81608/index.html

コメントする

名前
 
  絵文字