皆さん、おはようございます。
今朝は五十肩について取り上げてみましょう
中年以降に起こり「私は40才代だから四十肩、うちの姉は60歳だから六十肩?なんて云わないよね~」なんて話も聞きます。
一般に五十肩、四十肩と呼ばれるのも、病名として肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)云われ、肩を廻す動きを行う複数の筋肉の腱の集まりである腱板や、腱そのものや、クッションの働きの滑液包など肩関節の周りに炎症が起こるのが原因の病気です

40~60歳代の方の訴えが多いことを考えると、加齢・老化による変化と、単純に肩関節を使い過ぎている、又は怪我によることが原因となります
肩関節をよく使うスポーツとしては、テニスやバレーボール、野球など挙げることが出来ます。
バレーボールでサーブを打つ場合でも腕を大きく回転させるには、上腕骨、肩甲骨などの骨をはじめ筋肉、腱、靭帯など肩関節の周囲のパーツを総動員して連携して動かしているのです

皆さんの中にも、「患ったけど1~2年経ったら治っていたわ~」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか
五十肩の症状、痛み具合はどのようなレベルなのでしょうか
肩がだるい・重いレベルから、痛くて髪の毛を櫛でとけない、エプロンを結べない、服を一人で着られないなど、腕をまわす動作を含め肩関節が動かす動作が痛くて出来なくなり、日々の暮らしで不都合を感じることが多くなります。
また特徴として夜に痛むこと
人によっては睡眠の妨げにもなるくらい痛む場合もあります

痛みが強い場合は、別の表現で云うと炎症が強いと言い換えることが出来ますので、安静にして炎症を抑える薬が必要になります。痛み・炎症がひと山超えて落ち着いてきたら、お風呂やホットパックで温めたり、動かしたりと運動療法、リハビリが重要になってきます。
痛むからと云って、安静にして動かさないでいると、癒着して余計肩関節が動かなくなる。
ちなみに五十肩のことを凍結肩、英語でfrozen shoulderと云います。

阪本漢方堂では五十肩・四十肩の相談にお越しになられた際には、お悩みの症状や体質を詳しく話をお聞きして、漢方の対策として
例えば、筋肉が緊張してキューと凝っている場合には緩める働きの生薬の組み合わせを、
炎症痛みがある場合には鎮痛の働きの組み合わせを、水はけが悪くなっている場合には水分調整を良くする組み合わせを、しびれが伴う場合には鎮痙の働きの組み合わせなどを考えていきます

それともう1点
整形外科の主治医の指導の下、運動療法をなさることは、とても大切です。
お伝えしているポイントは、「つらい痛みを軽くするだけでなく、いかにリハビリをしやすい身体の環境作りをするのか!」の点です。

五十肩、四十肩以外にも、肩こり、寝違えでお悩みの方も、ご相談の電話を頂きます

皆さんの周りに、五十肩をはじめ肩こりでお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非教えてあげて下さいね