寒風山パラ日記

パラグライダーで空を飛んでる人たちの日記・・・。

日曜日の五里合

朝一の寒風山は北東の風が弱めで入っていたのですが、北風に変わったとたんにバビューンと爆風。
五里合に行ってみると、ミニパラなら大丈夫なくらいの風速ですが、とてもバタバタした風でこれは飛んじゃいけないヤツだなー
少しするとここも10m/sオーバーになりました。
草ボーボーで草刈りしたかったのですが、今日は直行だったため草刈り機を持ってきておらず、大谷を観戦しながら風待ち。
入道崎の風速が7mまで下がったところでトライ。
最初、下段で立ち上げてみましたが、かなり北寄りで飛び出しの浮きが悪そうなので、上段からテイクオフ。
西に向かうと対地速度50/hで斜面ギリギリをビューン!
おーっ、スターウォーズみたいじゃー!
で、帰りは当然ですが、10/hでおケツスリスリしながら、プカプカ浮かせてなんとか帰還。
何度か往復しましたが、調子こいてるとクラッシュしそうな、マニア向けコンディションでした。
明日は降らなければ午前中は南で飛べそうだけど・・・

RIMG2045RIMG2047RIMG2048





RIMG2049RIMG2050RIMG2051





RIMG2052RIMG2053

JHFパラグライディング競技委員会

「鶴来の夏祭り!!獅子吼高原カップ2022」
春のJリーグに続いて真夏の獅子吼高原で行われたJ2リーグ。
前週の予報ではにわか雨の予報が出ていて天候が心配されたが、蓋を開けてみれば土日ともソアラブルなコンディションで2日間ともレースを行え素晴らしい大会となった。
・Day1
朝から茹だるような暑さ、ショップ前で開会式を行い10時頃からテイクオフへ移動開始。
テイクオフの風は強くなく絶好のコンディションで、初日ということもあってエリア内を周回する17km程のレースが組まれた。
11時のゲートオープンと共に次々と選手がテイクオフしていく。
11:30頃のサーマルトップは1200m程、殆どの選手が1000m付近でスタート時刻の11:40を待つことができた。
スタート5分前に梅本が果敢に突っ込みスタートシリンダーの中で待つ。
ジャストのスタートは峰岸、以下、鈴木彩、中村、宮田、杉山が続く。
北のA14までは皆様子見かゆっくり上げて進んでいくが、見切った宮田が走り出す、少し遅れて和田、前島、関根、石黒。
しかし南のA08付近で宮田が軽くスタックしている間に後続集団に飲み込まれる。
A08を折り返して再びA14に向かうレグは和田が引っ張り、関根、杉山、石黒が後に続く。
テイクオフ周辺で上げ直しているところで一番最初に走り出したのが遅れをとっていた盛、A14を先頭で折り返す。
関根、和田、宮田が続くが、盛が先頭のままA11、A13と取って先頭ゴール。2番目に宮田。
女子は終始前の方にいた鈴木彩が先頭ゴール。
結果は途中先行した宮田がリーディングポイントを稼ぎ1位、盛が2位、和田が3位。女子は総合でも10位の鈴木彩が1位。
ゴール者は50人中41人と良い1日になった。
・Day2
昨日よりさらに気温が上がり、9時の時点で30度越え。
ブルーサーマルを予想していたが、既にぽよぽよと積雲の子供が産まれている。
昨日ゴールレースが成立したので、若干強気に周回数を増やし前出しも追加した25km程のレースが組まれた。
本日も風良く10:40のゲートオープンと共に一斉にテイクオフしていく。
スタート前のサーマルトップは昨日より高く1300m程。
11:20にジャストスタートを決めたのは大会初参加の鈴木淳子、菊田、内藤とスタートを切る。
しかし、大会慣れした前島が直ぐに先頭に立ち、宮田、熊谷、石黒が後に続く。
最初のA06を先頭で折り返したのは前島、直後に宮田。
北のA20も前島が先に切るが、次の南のA10は宮田が先に切る。
沖出しのA16は前島、宮田、石黒の順。
上げ直しにテイクオフへ戻った宮田は遅れてしまい、先で弱気に上げ直した前島はスピードダウン。
この頃から何処でも上がる状況となり、次のA07を最初に切ったのは石黒。前島、坂口、追いついてきた村田が後に続く。
ここからは一筆書きでA20、A09、ESSと前島が先頭、カッ飛ばした宮田が追い付き、石黒、坂口、村田と続いてゴールとなった。
トップ2は30km/h超えのスピードレースとなり、軽めの選手には厳しかったが菊田久美が女子トップ。
この後もサーマルタイムは長く続き、最後に一人旅でゴールした山口を含め、50人中49人がゴールメイクするスーパータスクとなった。
この日初めてゴールしたという選手も何人かおり皆満足顔だったが、パッキング時には体温超えの気温で皆グッタリ。
・J2総合
1位 宮田 清和
2位 前島 聡夫
3位 石黒 信一郎
4位 岩本 晃治
5位 関根 久男
6位 中川 喜昭
・J2女子
1位 鈴木 彩
2位 菊田 久美
3位 坂口 杏
・J2チーム
1位 宮田組
2位 ソラ&ドロシー
3位 アサレン
・オープンクラス
1位 宮田 清和
2位 前島 聡夫
3位 石黒 信一郎
4位 和田 浩二
5位 岩本 晃治
6位 関根 久男
リザルト
※JHFパラグライディング競技委員会FBより転載。

298286653_5029612537147538_8997836089106394444_n298665632_5029617570480368_6225791812982120565_n298099453_5029620457146746_10110902456236300_n





298615399_5029618147146977_7310684144854687336_n298291348_5029623967146395_554977819456168109_n298465442_5029610127147779_7044751498196076810_n


動画

今年のお盆休みは全滅っぽいね。
トムに勝てるものがあった。

土曜日の寒風山

到着した時には昨日より強かったのですが、9時半頃には許容範囲まで弱まりました。
しかし風向き悪く、飛んでも浮いていられそうにないのでテイクオフでグラハン。
北坊の風速を確認すると8時25分に南東10mになっていたので、あーこれを見た人は今日は来ないかもねー
この風は寒風山までは届きませんでした。
10時半頃、南東沢から鷹が二羽展望台トップアウトレベルまで上げて行ったので、まぁ出てみるかとテイクオフしましたが・・・
一回回してオシマイ。
だよねー
下にマッキーが到着していたので上げてもらうと、イッシー、笑、マイドマさんも来てフライト開始。
風向は次第に南正面に。
今日もあまり高くは上がらないものの、昨日の午前みたいにただ浮いているだけってことはなく、サーマルとも絡めたのでそこそこ楽しかったです。
午後も似たようなコンディションでした。
笑は前回のフライトから3〜4回連続でライズアップの時左翼エアインテークが潰れて立ち上がり、振り返った後も潰れたまま駆け出したことがありました。
どこに原因があるのか検証して改善しましょう。

RIMG2018RIMG2019RIMG2020





RIMG2021RIMG2024RIMG2028





RIMG2029RIMG2030RIMG2031





RIMG2033RIMG2034RIMG2036





RIMG2037RIMG2038RIMG2039





RIMG2041RIMG2043

金曜日の寒風山

南東の風ピークやや強く、強弱あり。
誰もいないのでセルフダミーで一本。
思ったより荒れてはおらず、リフトにヒットするときもガツーンというよりは、やや大きめにどわ〜んと上がっていく感じ。
サーマルっつーよりブローの強弱で上げられてる感じかな?
姫が岳に移動するもステイできずにランディング。
下で様子を見ていたミキティもフライト開始。
徐々に南向きに風向変化。
やっぱり強弱がある割には荒れておらず、姫が岳前にいればずーっと浮いていられますが、かといって高く上げていけるようなサーマルが立ち上がるわけでもなく・・・
「別に」って感じのようです。
贅沢ですか?
午後は弱くなってぶっ飛び。
北側の雲がいい感じに発達してきましたが、なかなか近づいてきません。
ミキティを展望台テイクオフに降ろして、ボクは時間切れ下山となりました。
明日も寒風山です。

RIMG1997RIMG1998RIMG1999





RIMG2000RIMG2001RIMG2002





RIMG2006RIMG2008RIMG2009





RIMG2010RIMG2012RIMG2013





RIMG2014RIMG2015RIMG2016





PGヨーロッパ選手権

開催中。

リザルト
ライブトラック
花田瞬Facebook

日曜日の寒風山

朝一は弱めの姫が岳リッジ&バブリーサーマル。
今日も雲底は低く、高いところでも600mほど。
南テイクオフ前の雲底は手を伸ばせば届きそうです。
陰って静かな状態がしばらく続いた後、日が差し始めてザワついてきたタイミングでりゅうちゃんテイクオフ!
ビッグフライではありませんが、限られた条件を使い切ったナイスな飛びでした。
昼頃から強くなってなってバヤバヤした気流になりましたが、14時頃にはまた落ち着きました。

RIMG1980RIMG1981RIMG1982





RIMG1983RIMG1984RIMG1985





RIMG1986RIMG1987RIMG1988





RIMG1989RIMG1990RIMG1992





RIMG1993RIMG1994RIMG1995





RIMG1996

土曜日の寒風山

快晴の南風ですがリフトはショボく、ちょろっとトップアウトか姫が岳ネバネバリッジかぶっ飛びか。
昼頃北が入り始めたのでボクは展望台に移動しましたが、ちょうどぶっ飛んだタイミングだった他のメンバーはランチタイム。
展望台からは、タンデムの様子を見ながらナイスなタイミングでテイクオフした二番機までが雲底へ。
といっても雲底はすぐそこでしたけどね。
え?ボク?
三番機ですがなにか?
その後はあまり高くは上がらないものの、サーマル&リッジでソアリングできていましたよ。
明日も寒風山です。

KIMG0023KIMG0024KIMG0025_01_BURST1000025_COVER





KIMG0026_01_BURST1000026_COVERKIMG0028KIMG0030_03_BURST1000030





KIMG0031_04_BURST1000031KIMG0032_04_BURST1000032KIMG0033





KIMG0034_01_BURST1000034_COVERKIMG0037KIMG0039





KIMG0041_03_BURST1000041KIMG0043KIMG0046





KIMG0048KIMG0051_01_BURST1000051_COVERKIMG0054





KIMG0055KIMG0056KIMG0057





KIMG0058

金曜日の秋田駒ヶ岳

山頂ガスらず風も強くならず、ハイク&フライ日和でミキティグッドチョイス!
下界は暑かったけどね。
前回と同じ装備ですが、なんだか重い気がする・・・
平日なのに人いっぱいで登り渋滞も発生し、自分のペースで登れなかったからかなー
いや、ただの加齢だな。
テイクオフは程よい向かい風でノープレッシャー
ボクはスキー場近くの競技場に降ろしましたが、隊長とミキティは山頂トップアウトで湖畔へGO!
前回に続き隊長は湖畔到達、ミキティもかなり近くまで飛んでいきました。
アルパこまくさの駐車場に戻って、いい感じに雲が発達してきた山頂を見返しながら「もうちょっと遅いタイミングで出たほうが良かったかな〜」なんて話していると、一機テイクオフしてきました。
山際でのセンタリングはありませんでしたが、高度を落とさず南西尾根上を進み、隊長が雲底につけたところと同じあたりでセンタリング開始。
それなりにアスペクトのあるグライダーのようだったので、確認してないけど湖畔まで行ったんじゃないかな?
明日は寒風山です。

RIMG1955RIMG1956RIMG1958





RIMG1959RIMG1960RIMG1961





RIMG1963RIMG1967RIMG1969





RIMG1970RIMG1971RIMG1972





RIMG1974RIMG1976RIMG1978

木曜日の五里合

ビーチソアリングしたくて昼から五里合へ。
昼食で、きたなシュラン三ツ星の寒風山ドライブインに寄りましたが、ここにも値上げの波が。
五里合は春に一度草刈りをしただけなので、もうボーボーだろうなと思っていたら、あら?道路だけ刈られています。
地元の人が車で通り抜けられるように刈ったようです。
なので、車を停めるときは通行の妨げにならないようにお願いします。
白波がたっていますが風はちょい弱め。
下段テイクオフで立ち上げてみましたがリフトが弱い。
斜面の草もだいぶ伸びているので、斜面際は風が弱められてしまってるようです。
で、草ボーボーの上段からテイクオフ。
出てしまえば安定リッジの極楽ソアリング♪
安田も渡れそうで途中まで行ってみましたが
「う〜ん、微妙〜」
回収車がいれば迷いなく突っ込むのですが・・・
途中で引き返しました。
次回は草刈り機持参です。

RIMG1934RIMG1935RIMG1937





RIMG1939RIMG1942RIMG1946





RIMG1952RIMG1954

火曜日の寒風山

今日もコンバージェンスな寒風山。
低めの雲底ながら、本山アウト&リターンチャンスもありかと思われたのですが・・・
南からも北からも、一度もセンタリングすることなくぶっ飛び。
昼食後、テイクオフに上がる頃にはまだ頭上によさげな雲があったのですが、準備している間に消えてしまいました。
日射は十分ですが、残りカスのようなサーマルがポコポコ。
オーバーキャスト気味でも雲あるほうがよかったな〜
ボクとミキティは14時頃山を下りましたが、細いグライダーの人たちはまだ粘ってましたよ。

RIMG1926RIMG1927RIMG1928





RIMG1929RIMG1931RIMG1932





RIMG1933

日曜日の寒風山

コンバージェンス状態ですが、オーバーキャストで風向定まらずほぼぶっ飛び。
午後は展望台前やパラロードで少し遊べました。

RIMG1913RIMG1914RIMG1915





RIMG1916RIMG1917RIMG1918





RIMG1919RIMG1920RIMG1921





RIMG1923RIMG1924

海の日の寒風山

到着した時には風速は許容範囲でしたが風向イマイチ。
しばらくすると風速もアップ。
予報通りです。
昼食後、最初はまだギリな感じだったのでシッタで様子見フライトしましたが、みなさん準備を始める頃にはどんどん弱くなってレギュラーサイズでも問題なく飛べ、こちらも予報通りでした。
ソアリングコンディション的にはもう一つでしたけどね。

RIMG1903RIMG1904RIMG1905





RIMG1906RIMG1908RIMG1909





RIMG1910RIMG1911RIMG1912

HGヨーロッパ選手権

開催中。

リザルト
ライブ
ナグ@ハンググライダー(Twitter)

土曜日の寒風山

朝はピーカン
こんな予報だっけ?
東テイクオフはやや北寄りで出られないほどではありませんが、ラジコンパイロットが「ダメだ〜」と言って引き上げていきます。
そして南東方向から雨のカーテンが・・・
雨が通り過ぎた頃にみなさん到着。
まだ少し濡れていましたが、風は問題ないのでフライト開始。
リフトは強くありませんが、シンクも小さくまったりなコンディション。
Uターン三兄弟で貸し切りです。
昼飯前にもう一本と登りましたが、ちょっと強くなってきていたのでシッタでダミー
最初はやや強めながらも気流は安定していてまぁ大丈夫だったのですが、次第に煽られが激しくなってきてトップランで終了。
ミニパラだと降ろそうと思った時にちゃちゃっと高度処理できるので、ギリギリまで飛んでても割と安心です。
レギュラーサイズだと翼端折ってもトップランは大変だったかも。
明日も降らなければ寒風山は飛べそうですね。
tenki.jpだけ大台いんじゃね?って言ってるけどどーかなー
追記:寒風山は強くなると予報してるところもありますね。その時は大台で。

RIMG1883RIMG1884RIMG1885





RIMG1887RIMG1888RIMG1889





RIMG1890RIMG1891RIMG1894





RIMG1895RIMG1897RIMG1898





RIMG1899RIMG1900RIMG1901
livedoor プロフィール

パラグライダースク...

Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ