g00
1978年9月14日~1981年3月26日、全113話 + テレビスペシャル3話。

原作: 松本零士。

脚本:山浦弘靖。

演出:井内秀治。

作画監督:内山まさゆき。

次回予告。
メーテル、あなたは再び還っていくのか、少年の日の夢の中へ・・・。
さらばメーテル、さらばスリーナイン。
さらば少年の日の夢――――。
次回の銀河鉄道999は、終点、“青春の幻影 さらば999 後編”に到着します。

g01
第113話「青春の幻影 さらば999 後編」

g32
星野鉄郎はメーテルと共に、機械の体をタダで手に入れられる終着駅「惑星プロメシューム」に到着する。
そこで、ミライという女性の案内で 機械の世界を見る鉄郎。
だが、機械人間の虚しさを知って、生身の人間のままでいることを決意する。

g33
鉄郎を機械人間にし、星を強化する道具として利用しようとしていた惑星の女王プロメシュームは、鉄郎を999ごとブラックホールで処刑することを決定する。

g35
さらに女王プロメシュームは、鉄郎を助けようとした娘のメーテルを牢獄に閉じ込める。

g03
しかし、牢獄から抜け出したメーテルは、誘導派をカットし、鉄郎の乗る999は危機を脱出する。
メーテル「早く脱出するのよ。私はいつでもあなたの味方。さあ早く」

g04
メーテルを助けるため、鉄郎は再びプロメシュームの待つ惑星へ戻る。

g05
鉄郎は途中、彼の機械人間化任務に失敗した案内役のミライが、自殺しようとしているところに遭遇する。

g06
鉄郎はミライを救い、他人の命令に従うのが人生ではない、自分だけの未来があるはずだと諭す。
鉄郎「誰にだって自分の為に生きる権利があるんだよ。ミライっていう君の名前はぼくの未来じゃない、君の未来の為にあるんだ」

g07
後鉄郎はメーテルと合流する。
鉄郎「さあ早く、999へ戻ろうよ」
メーテル「先に行っててちょうだい、私にはやることがあるの」
鉄郎 「やることって・・・。メーテル、まさかプロメシュームを?プロメシュームはメーテルのお母さんじゃないか!」

g08
メーテルの代わりにミライがプロメシュームに近づき、メーテルの父の魂が込められペンダントを奪って逃げる。

g09
追っ手に撃たれたミライ。
ミライ「私、自分の未来のためにやったのよ。あなたのおかげで本当に生きることがどういうことか、やっと分かった。ありがとう、鉄郎さん。素晴らしい未来を見つけてね」
ミライは事切れる。

g11
惑星の中心部にカプセルを投げようとするメーテルの手をプロメシュームが掴む。
プロメシューム「この罪深い娘が、どうあってもこの母を殺そうというのか」
苦しむメーテルの手からカプセルが落ち、鉄格子に引っ掛かる。

g12
鉄格子を鉄郎が撃ち、落下していくカプセル。
マグマの中にカブセルが沈むと、地揺れが始まる。

g13
惑星の崩壊が始まり、プロメシュームは爆発の炎に包まれる。
プロメシューム「うわああああ、メーテル、動力炉を壊されたこの星はブラックホールに吸い込まれる。おまえたちも生きてこの星は出られぬ。わは、わはははは・・・」

g14
メーテル「よく見ておきなさい、鉄郎。永遠の命を手に入れた者は、いざという時、何にもできないわ」
鉄郎「うん、こういうときは捨て身になれる僕たちのほうがはるかに強いんだね!」
惑星が炎に包まれながら、ブラックホールへと落ちていく中、鉄郎とメーテルは999の待つプラットホームにたどり着き、999で脱出する。

g15
爆発しながらブラックホールに吸い込まれる惑星プロメシューム。

g17
メーテル「昔は優しい母だった..鉄郎のお母さんに負けないくらい・・・。でも、この宇宙に永遠の理想卿を作ろうとしたときから、母は変わった。私から遠いところへ行ってしまった・・・。そして父からも・・・」
家族が幸せだった日々を思い出しながら涙するメーテル。

g18
鉄郎は999に乗って地球に戻ることを決意する。
鉄郎「地球に帰り大変な事は分かってるさ。でも父さんや母さんの眠る地球を僕の手で素晴らしい大地にしてみせる」

g20
鉄郎の成長を感じたメーテルは、鉄郎にそっと口づけをする。
そして、別の少年を未来に導くために、鉄郎の前から静かに去っていくのだった。

g21
999の座席に一人座った鉄郎は、メーテルの置手紙を見つける。
メーテル(鉄郎、とうとうお別れの日が来ました。あなたが独り立ちできた時が、あなたと私の別れの時でもあるのです。いつかは必ず、この日が来ることを覚悟しながら私は旅を続けてきました。辛く悲しく定められた旅を・・・)

g22
メーテル(今私は、他の少年を未来に導くため、新たに旅立ちます。もう、二度と鉄郎に会うことはないでしょう。私はあなたの想い出を胸に、永遠の旅を続けます。果てしない旅を・・・。さようなら鉄郎。いつまでも元気で・・・。さようなら・・・)
銀河特急777(プレアディス7号)に乗ったメーテルが遠ざかってゆく。

g23
走り出した999号からメーテルの乗った777号を見つめる鉄郎。

g24
777と999の軌道が別れ、二人は遠ざかってゆく。

g25
人は言う、
「999は少年の心の中を走っている列車だ」と。

g26
鉄郎は、ふと思う、
「鉄郎の旅は、はじめから鉄郎一人の旅ではなかったのだろうか」と。

g27
メーテルは 鉄郎の青春を支えた幻影。
たくさんの若者の胸の中で生まれ、通り過ぎてゆく明日への夢。

g28
今、万感の想いを込めて汽笛が鳴る。
さらば、鉄郎。さらば、メーテル。

g29
さらば銀河鉄道999。
さらば、少年の日よ・・・ 。

g30


g31


やっぱりアニメの主題歌は、ちゃんと作品の世界観にあった曲がいいですね。

ゴダイゴも好きですが、やはり「銀河鉄道999」と言えばささきいさおですね。

ささきいさおは「宇宙戦艦ヤマト」の主題歌でも一世を風靡しましたが、「科学忍者隊ガッチャマン」のコンドルのジョー役の印象も強いです。



(「銀河鉄道999」主題歌・副主題歌、「銀河鉄道999」「青い地球」の作曲者、平尾 昌晃さんの訃報が届きました。ご冥福をお祈り申し上げます。)




銀河鉄道999 ソングコレクション [ (アニメーション) ]
銀河鉄道999 ソングコレクション [ (アニメーション) ]