2007年11月05日

広島大学文化祭内公演:劇団 Smile Effect・劇団 ランドセルプロジェクト・芝居空間侍 エレクトリカルパレード

本日は,広島大学文化祭にて行われた公演の感想です〜。

今回
劇団Smile Effect
魂闘X

劇団ランドセルプロジェクト
「本」公演

芝居空間 侍エレクトリカルパレード
正しい悪魔との付き合い方


の三団体の公演が行われました。
全部観るのは無理かと思っていたのですが
3往復して全部観ることができました。

今回の公演はいつもと雰囲気が違い,
喫茶を同時経営(?)し,ケーキをいただきながら,
公演を観ることができる,という形でした。
ちなみに僕はチーズケーキを食べましたが
甘すぎず,酸味も効いててなかなか美味でした。

公演感想ですが,劇団数多いので短めで。
まず劇団Smile Effectさんから。
漫才やコントなどで構成されており,
今回は計4本の作品でした。
この魂闘は確か5回目公演以来で久しぶりだったのですが,
以前よりどんどん面白くなってきてるなぁと思いました。
今回初めて作られた舞台上でやっていた,というのも
やはり安心感を覚えました。
(詳しくは以前の感想へ。)

少し思ったのが,漫才はやっぱり難しそうだな,
というもの。
コントは演劇とも近いとこがありますが,
漫才の形式はちょっと一線を画すとこがある気がしました。
なんというか,コントは少々わざとらしくてもいいけど,
漫才はちょっとわざとらしいとかなり鼻につく,
といった感じ。
以前僕もある場所で漫才をしましたが,
そのときのキャラ作りで
わざとらしいキャラを作ろうとする僕に,
相方は自然体を求めていた理由が今になって
分かったような気がします。さすがだ。


えーと,短くといっておきながら長くなりそうだ。
ということで2本目,劇団ランドセルプロジェクトさんへ移ります。
この劇団は2年生の人たちが中心となり,
5人が脚本・演出を行い,5本のショートオムニバス
を繰り広げるといった形でした。
出演も含め,ほぼ(多分全員)1,2年生で,
若く,ほほえましい雰囲気でした。
若かったころの自分を思い起こさせてくれるような,
そんな感覚を刺激されました。

全体的には,かなりおとなしいイメージでしたね…。
作品の内容,というより演技とかの表現方法が。
初めて観る出演者の人もいたし,
まだまだどんどん伸びていけそうだと思うのですが,
いまいち小手先でやりすぎな感じで…,
このまま小手先技術だけ身につけてほしくないなぁ,
もっともっとぶっ壊れてほしいなぁ,と感じました。


では最後に三本目,芝居空間 侍エレクトリカルパレードさん。
劇団の説明はこちらを参照。
今回は,今までと違い,時代劇関係ない,
内容も非常に分かりやすい,ホームコメディ仕立てな作品でした。
ホール以外の手作り舞台での侍さんの公演もはじめてでした。

分かりやすい話好きの僕としては,普通に楽しめたのですが,
逆に今回はちょっと分かりやすすぎる印象でした。
文化祭公演,ということもあり
そういう狙いだったのかもしれませんが,
ある種の「毒」(ともちょっと表現が違う気もするが)を
もっと観せて欲しかったな,と。

あと気になったのは,声の大きさ。
前回は大きい舞台で声が足りないと感じましたが,
(前回の感想参照)
今回のあの大きさ舞台では
あそこまでの大きな声は必要なかったのではないかと。
(おそらく)役者さんが少しのどを痛めてたのも含めて
ちょっと耳にうるさかったですね。


けど小さい舞台はいろいろダイレクトに伝わってきて
やっぱりいいですね。
最近はホール公演が多いから,なんだか久々な感じでした。
もう今の4年生でも多目1を知らないんだよな・・・。
多目1公演復活を切に願う今日このごろ。

もしかしたら,追記するかもしれないけど,
今日はこの辺で。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ウォーキング部エース   2007年11月05日 10:00
またまたコメント書いちゃいます。

私が見たのは最後の侍だけです。
なんでそれだけに絞らせていただきます。

内容は確かにわかりやすかったですね。しかも、今までの脚本とはかなりギャップのあるものでしたから、その点とても楽しめました。この調子で、いろんなジャンルに挑戦していってほしいですね。

私も感じたのが、箱の違いの影響。今までと違い、小さな舞台。これは声はとどきやすい反面、役者の動きが細かな部分までわかってしまうというというのが誰もが思う一般的な特徴ですかね。細かな違いはまだまだあるとは思いますが・・・
箱によって、同じ芝居をしても、見る側の感じ方は変化するので、その点をもう少し意識して、演じたり、演出できたらもっと良くなるのかなぁと思います。

後、私は声はあれぐらいでもいいと思いました。ただし、きれいな声ならばですけどね。そこが少し残念でした。

以上がとりあえずのコメントです!!
2. Posted by kanrininky   2007年11月06日 22:13
コメントありがとうです〜。

箱…はお客さん入っただけでもずいぶん違いますしね…。
なかなか本番を想像するのは難しいっちゃ難しいですが^^;

けど,今回観て思ったけど,
僕は侍さんのお芝居は演出さんが出てる方が好きかもです。
なんというか,演出さんだから,
一番観せたいものが分かりやすい,というか。
よく分かりませんが。

次は2月みたいですがそれも楽しみですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔