2011年09月07日

作品紹介●2011●『TOO MUCH PUSSY! フェミなあばずれ、性教育ツアーで大暴れ!』(ゆ編)

『TOO MUCH PUSSY! -フェミなあばずれ、性教育ツアーで大暴れ!-』

この先誰かに「人生の一本は?」と問われることがあれば
迷わずこの作品の名を挙げるだろう―
なんてありがちな胡散臭い台詞を恥ずかしげもなく、本気で言うよ!
ってなくらい夢中も夢中、私のハートは”山盛りまんこ”に奪われたの。

世界一周なんてしても自分なんて見つかんねーよ。
だってこれまで自分のことを、自分の体のことを、
ちゃんと見ずに生きてきたのに。
「自分探し」するために何かしようとか思ってる人は、まずこの映画を観るべきだね。

なんて書くとえらい真面目な性教育の映画かと思ってまいますが、
あのねーもう、ぶっ飛んでるよ、こいつら。
かっこよすぎて涙出てくる。

あれ?ちゃんと作品紹介できてる?
もう、内容の紹介とかは http://kansai-qff.org/2011/schedule/p
で読んでよ。
「文責:自分」でなら何書いてもいいって話だからさ!
とにかくこの作品への愛を!愛を!愛をぶちまけさせてくれよ!

「この作品を本当に理解してるか」なんてクソみたいな議論はしたくない。
かっこいいもんはかっこいい。
でも「この作品を本当に理解」したくなる。
それはきっと
自分のことを、自分の体を、自分の住んでる世界を知るということだと思うのさ。

「作品紹介」を銘打っときながら、こんなぼかした文章なのは
観た人でそれぞれ感じることが違うはずだから。
これもこの作品に対する、この作品をこれから観る人に対する愛なんだぜ。

I got 初期衝動 from この映画
きっと you too!XOXO ペロペロペロ。



大阪: 9月17日(土) 19:00〜 (開場 18:40)
京都: 10月22日(土) 21:30〜 (開場 21:10)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kansai_qff/51921268