2012年08月22日

当日スタッフ説明会レポート★大阪編


ブログをご覧のみなさま、こんにちわ。ばらいろメンバーのとみかわです。

8月18日土曜日。この日は昼過ぎからのゲリラ豪雨で、各地で甚大な被害が。大阪では亡くなられた方も…。心よりご冥福をお祈りいたします。

そんな中、大阪の中崎町で開催した当日スタッフ説明会。なんと12名の方々にご参加いただき、スタッフ一同、感謝の気持ちでいっぱいです。

悪天候にもかかわらず、ご足労いただきタイヘンにありがとうございました。

ちょっと予想外の人数に、座席位置を整えたり、配布物を用意したりせねばならず、嬉しい嘆きを経験しました。

さて、15時ごろからスタートした説明会は約2時間半の長丁場となりました。

まずは自己紹介から。それぞれみなさんの表情がみえて、わたしの緊張は少しほぐれました。

次に「今後の日程」をかりんちゃんの代わりにあやちゃんが説明します。(かりんちゃんはコンビニまで追加分をコピーに走ってくれたのでした)
次に、ひびのさんの説明ですが、タイヘンわかりやすくて興味深いものでした。映画祭の歴史、映画祭の作り方、西部講堂連絡協議会について。

ひびのさんの話を聞いたわたしの感想をまとめると「耳が痛い」ですが、わたしは確実にひびのさんのこの話を、何度か聞いているはずです。なのになぜか初耳な情報ばかり。自分の記憶力に驚きましたが、いや、ひびのさんの引き出しの多さがすごいのだ、と勝手に心の中で責任転嫁したりしていました。

そして、映画祭の「お金」の話を会計担当のあやちゃんから。当日スタッフ担当のなおちゃんからは「当日スタッフのお仕事」の説明が続きます。
最後にもう一度ひびのさんにバトンタッチして、“性暴力について”、“「みんな」にとって楽しい映画祭にするために”、映画祭の規約について説明してもらいました。
あとは登録申込書に記入していただき、ひとまず会は終了。参加してくださった12名のみなさま、お疲れ様でした。一緒に映画祭を楽しみ、盛り上げていきましょう(^O^)
(いまだ映画祭から連絡がない場合は、申し訳ありませんがご一報ください)

なんだか振り返ると説明会はやっぱり淡々と進むもんだなぁ、プレ企画とは違い、参加者との交流はできにくいもんだなぁと感じます。

だ、か、ら、このあとは恒例の食べ飲み会!イエーイ!
引き続き4名の方が参加してくれました。スタッフ含め11名の大所帯は近くのベトナム料理屋さんへ。お腹がペコペコだったのか、みんなモリモリ食べていました♪

そしてこれまた恒例化しつつある二次会!イエーイ!
目指すはジャマイカンバーWaaGwaan(ワーグワーン)さん。
映画祭パンフレットに広告を載せてもらったり、お店でチケットを販売してもらったりと、タイヘンお世話になっています。
店内はスッキリとした装いで、なんて素敵な雰囲気でしょう。特記したいのは店長のナミコさん!ええ人でした〜。おもろい人でした〜。また遊びにいきたくなる場所でした。

そのあと、ななななんと三次会もいっちゃいました!イエーイ!
向かったのはLuPu(ルプ)さん。これまたええ感じの店内はすでに盛り上がり、賑やかです。わたしたちは沖縄の基地に話が及び、内地の無関心問題は根深いと痛感。

何人かスタッフもぽつぽつ帰っていく中、最後まで参加してくださった大学生のお二人とはいろんな話ができました。
ダイナミックな出会いを経験できるのは映画祭の醍醐味だなぁといつも思います。有り難いです。
9月1日土曜日には京都でも同じように説明会があります。ひびのさんに頼りきりの説明を、少しは他のメンバーができるようになっているでしょうか!?
どんな見所やねん!という感じですが、終了後はバーベキューもありますのでお時間の許す方は空腹でお越しくださいね。
再会・新しい出会いを楽しみにしております。

文責:とみかわひとみ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kansai_qff/52000989