2012年09月10日

【作品紹介2012】ジェンダーバスターズ

私たちは、日常のさまざまな場面で女・男のどちらかを選択させられ、勝手にふりわけられる。そのたびに、苦痛や困難を強いられたり、不便に感じたりする人たちがいる。この映画では、そのように困っている人がいたら、ジェンダーバスターズがすぐに駆けつけて問題を解決してくれる。その時、性別で分けることが本当に必要なのかも問う。そして、ジェンダーバスターズはいつも、「英雄は私たちのなかにいる」と言って去っていく。そう、実は誰でもジェンダーバスターズになれるのだ。ときには笑いながらも、性別を分けることの問題や、私たちの社会で私たちにできることはなにかを考えさせられる映画である。ジェンダーバスターズかっこいい!

ユキヒロ


※詳しい作品情報はコチラ http://kansai-qff.org/2012/program/short.php#genderbusters
※チケット情報 http://kansai-qff.org/2012/tickets/
※WEB http://kansai-qff.org/2012/


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kansai_qff/52004267