2013年02月02日

関西クィア映画祭2012の報告書

関西クィア映画祭2012の報告書を作りました

来場者数も順調に増加


 7 回目を迎えた関西クィア映画祭。無事にすべての作品を上映して映画祭を終えることが出
来ました。また今回は 1400 名を超える方々にご来場いただきました。これは昨年比で 10%
多い来場者数です。まずは、ご来場いただいた方々、様々な形でご協力いただいた方々に、
心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

ハイビジョンでの上映


 世界のクィア映画もハイビジョン化の流れの中にあり、当映画祭でもハイビジョン対応のプ
ロジェクターを新たに導入、多くの作品を Blu-ray による鮮明で美しい映像で上映し、好評
をいただきました。

初の試み・特別企画も成功


クィア映画祭史上初の試みとして、大阪・京都両会場にて特別企画を行いました。大阪では
『すぎむらなおみさんトーク&KQFF オフ会』と題して高校の保健の先生である、すぎむら
さんにお話ししていただいた後、観客の方々も交えて交流を行う『オフ会』を行いました。
京都では『日本のレイシズム―朝鮮人差別への無関心』という名前で私たちの社会の中にあ
るレイシズムについて、映像を見ながら考える時間を設けました。

収支は赤字


スタッフは全員ボランティアであり、皆様から頂いた入場料とカンパ、助成金等に支えられ
てこの映画祭を開催することが出来ました。しかし、広告収入の減少に加え、上映のハイビ
ジョン化に伴い、字幕作成の段階から上映に至るまで機材の買い替えを余儀なくされ、予想
外の経費がかかったため全体としての収支は赤字となりました。赤字分は特定のスタッフの
持ち出しによってしのいでいる状態であり、財政基盤を強化する必要性が以前にもまして高
まっています。

今後ともご支援をお願いいたします


関西クィア映画祭は、セクシュアリティをテーマにした映画祭としては関西唯一の映画祭
です。今後もこの映画祭を継続して運営していくためには、多くの皆様のご協力が必要です。
どうぞこれからも関西クィア映画祭をよろしくお願い申し上げます。

関西クィア映画祭 2012 実行委員会(チームばらいろ)



報告書は以下からPDFでご覧いただけます。
http://kansai-qff.org/2012/report2012.pdf

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kansai_qff/52030353