2014年08月19日

プレ企画第5弾告知

みなさん、こんにちは(^^)
まだまだ暑い日が続きますが、
お体にはお気を付け下さいね!
さて、今回は来月末に予定しているプレ企画第五弾の告知です!
みなさん、スケジュールのご確認をお願いします★

関西クィア映画祭2014 プレ企画 第5弾
「生殖技術はだれのもの?〜卵子提供と代理出産から考える〜」

日時 2014年9月20日(土)受付開始13時半 14時〜17時 
場所 すてっぷ 視聴覚室
http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html

参加費 400円〜1500円のあいだで、お好きな額をお支払いください。
事前予約不要。クィアトイレあります。

映画「卵子提供ー美談の裏側ー」を上映し、この映画の翻訳者であり「代理出産を問い直す会」代表である、柳原良江さんに解説をしてもらいます。ほとんどの人にとってはあまりなじみのない「生殖技術」というテーマについて、一緒に考えてみませんか?柳原さんへの質問タイムや、参加型の意見交換も行う予定です。

※今回、上映する映画はアメリカの「the Center for Bioethics and Culture」(http://www.cbc-network.org/)という団体が制作した作品です。内容は卵子提供をして被害を被った方へのインタビュー形式のドキュメンタリーです。例えば「卵子提供をしてよかった」という意見や、卵子提供を求める立場の意見については描かれていません。ですので、見方によっては、一面的な作品だともいえるかもしれません。それでも、生殖技術についてのリスクや、私たちが現状にどう向き合っていけばいいのか、などを考える上でのきっかけとして、この作品をプレ企画で上映することに決めました。

当日プログラム(予定)

13:30 受付開始  
14:00〜14:15(15分)はじまりのあいさつ
14:15〜15:40(25分)上映前の柳原さんの説明
14:40〜15:25(45分)映画上映
15:25〜15:35(10分)休憩
15:35〜15:40(5分)上映後の説明
15:40〜16:40(60分)質疑応答+意見交流
16:40〜16:45(5分)おわりのあいさつ  
16:45 終了

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kansai_qff/52111261