2016年10月10日

クィアキャンプ開催しました!

8月20、21日に「クィアキャンプ」を開催しました!
場所は、京都市北区に位置する大森リゾートキャンプ場。9名の参加者が集まりました。
キャンプだとハードルが少し高いのかな、参加者がほとんど実行委員だけだったのがちょっと残念(>_<)


kqffcamp1


暑い市街地とはうってかわって涼しいキャンプ場。
日中は川遊びや、日陰で寝ころびながらお話。
暗くなってきてから、バーベキュー。
そして、夜遅くまでテント内で字幕確認会。
盛りだくさん過ぎて、予定していた花火ができないという充実ぶり!


kqffcamp2


写真の通り、小さなプロジェクターと自立型スクリーンを用い、テント内で上映をしたのですが、これがまたいい雰囲気〜♪しゃべりながら、笑いながら、飲みながら、寝ころびながら、自由でゆる〜い空気の中での字幕確認は最高でした。おかげで、映画『R/EVOLVE-結婚と平等とピンクマネー』(http://kansai-qff.org/2013/program/revolve/)の日本語字幕に大きなミスを発見することもできました!


kqffcamp3


そして…今回のクィアキャンプがきっかけとなり、屋外で気軽に映画を上映できる状態が整いました。今後は屋外上映会もできたらなぁ、と夢が広がったのも嬉しかったですね(^^)


kqffcamp4



秋が深まって来ていますが、映画祭のプレ企画/ミニ企画はまだまだ続く予定です!
引き続き、映画祭をよろしくお願いします。「クィア」な場をどんどん増やしていきましょ〜!

文責:にしき



感想
〜〜〜〜〜
映画祭キャンプならではと言うか、各々が過去上映作品の好きなものや感想についてなどを話す時間がありました。ゆっくり時間を取ったことで話すようになる話題というのがあって、そういう時間を重ねることが今後映画祭を一緒に作っていく上でも大切なことだなぁと思いました。(あい)


キャンプの準備から始まり、当日車でキャンプ場へ、バーベキューで腹ごしらえをし、テントの中での字幕チェック、途中で力尽きて夢の中へ…
クィア映画祭ならではのクィアな時を過ごせました。(メイ)


昼過ぎに仕事を終え、夕方から合流しました。自分が担当したご飯が上手く炊けたので良かったです。
また、字幕チェックをするために持っていったプロジェクターが、お弁当箱くらいの大きさなのにすごく明るくて、しかも電源なしで1時間近く稼働したのには驚きました。(じゅんぺい)


クィアな仲間たちでキャンプ!気持ちよく冷たい川に、美味しい野菜とお肉!スイカもあるよ!字幕チェックをし、お酒も飲みつつ、素敵な時間をみんなで過ごせました。上映方法の幅が広がる試みもあり、これからの関西クィア映画祭にはワクワクがいっぱいです★もちろん、映画の感想に関する議論もワクワクのひとつです。もっといろんな話題で議論したいなぁと思いました。(斬)


バーベキューの準備と飲み食いで力を使い果たして深夜の字幕チェックのときにはすでにふらふらに・・・途中で睡魔に負けました。でも次の日の周山街道のドライブは気持ちよかったです。(まりも)

キャンプなんて何年ぶりだったでしょう。バーベキュー、映画の確認、自然。満ち足りた週末、腰痛さえなければ!(きゃしー)

今回のクィアキャンプは「AC100V電源のないところでも映画を上映できるようにする!」という目的もあって、そのために携帯用のバッテリーもせっかく買ったのに、それを家に置き忘れてくるという信じがたい大失態(>_<) そして既に呑み始めてしまって車の運転をできない私…。そんな私に代わって、みんなが楽しくバーベキューしている間に往復2時間かけて取りにいってくれたメイさんとKさんに感謝!(ひびの)


kqffcamp5


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kansai_qff/52201557