2017年07月25日

【タイヘン×ヘンタイ】updated in 2017

関西クィア映画祭のキャッチコピーとしておなじみの【タイヘン×ヘンタイ】。2017年現在の私たちを取り巻く社会情勢や、私たち自身の課題を認識し取り組むために、説明文を改訂しました。ぜひ、ご一読ください♪
  
~~~~~~
タイヘン×ヘンタイ
  
 性別や恋愛のあり方、生き方は多様だーー私たちはそう思って集まります。しかし時を重ねると、私たち自身も他者のあり方に無知だったり、時には受け入れ難いことがある、と気がつきます。
 例えば「LGBT」を掲げていてもゲイ男性ばかり目立つことは珍しくありません。在日朝鮮人のセクマイは、いつも不可視化されています。
 「少数派の中の少数派」を作ってしまうことや、時間も人手もお金も限られている中で優先順位をつけること、身近な差別・抑圧への無関心は、多数派社会だけの問題ではありません。
 単純化した分かり易さやシングルイシュー主義にはご用心!私たちの複雑さや自分の特権にも向き合い、本当に多様性を手に入れるのは、とても「タイヘン」なのです。
  
 また最近は「LGBT」が流行りですが、私たちは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーといった簡単な言葉では表しきれない存在です。恋愛対象や自身の性別が、個人の人生の中で「変わる/変態する」ことだってあります。
  
 さらに、大企業や行政の顔色をうかがい、多数派に「受け入れてもらう」ために行儀よくするのはゴメンです。「私たちはフツーの人だ」と言うだけではなく、「フツーって退屈」「もっとヘンになろう」とも言いたい。
  
【タイヘン×ヘンタイ】のキャッチコピー、「私たちは一人ひとり違う、という現実に向きあうんだ!」という心意気を表すには、ピッタリの言葉だと思いませんか?
~~~~~  

Posted by kansai_qff at 22:11

2017年07月24日

今年のキャッチコピーは…「あきらめにサヨナラ よろこびにコンニチハ」!

第11回関西クィア映画祭2017のキャッチコピーは、


あきらめにサヨナラ よろこびにコンニチハ
  

です!!



実行委員長係からの説明文です♪

~~~
 いくらメディアで取り上げられるようになったといっても、昔よりはマシになったといっても、”当たり前” を押し付けられるワタシたちの日常はそれほど変わっていない。
 「今日もワタシが思っていることをアナタに伝えられなかった…」「今日もワタシが生きたい性を生きられなかった…」「そもそもワタシの性って何なのだろう…」いろんな思いが交差し、様々な ”当たり前” を目の前にして、あきらめたくなる。
 でも、あきらめなければ、きっと出会えるよろこびがある。自分の思いを誰かに伝えるよろこび、自分の生きたい性を生きるよろこび、人と繋がるよろこび。「よろこびに出会いたい!」「あきらめたくない!」そう思えるような、「きっかけ」に、「後押し」に、この映画祭はなりたい。
(にしき)

~~~




以下は、関西クィア映画祭の導入文です♪(毎年パンフレットに載せているものです)


■性にあたりまえなんてないよ
  
 あなたはどんな性別で暮らしていますか?
 恋愛やセックスは好きですか?どんな恋愛やセックス、人との関わり方をしていますか?
「男らしさ」や「女らしさ」が期待されることに、しんどくなった経験はありませんか?
 こういった「男女という制度」の枠組みから出て、自分らしい性を生きている人たちが、既に沢山います。典型的であってもなくてもいい、変 (=クィア) でもいい、性のあり方は多様だ、私たちは生きていける。関西クィア映画祭は、そんなメッセージが溢れる映画を上映する「みんなのお祭り」です。
  
  
■ところで「クィア」ってなんですか?
  
 ひとりひとりが自分の性や生き方を選び決めていこう、規範の押し付けに反対しよう、というメッセージです。
「クィア/queer」は、性の領域で「ふつう」ではないと考えられている人々への蔑称として使われてきた英語でした。これを逆手にとって使うことで、様々な少数派を肯定し、「ヘンでもいい」「不一致は私たちの豊かさだ」と差異の権利を主張し、LGBTだけでなく「普通ではない」「典型的でない」生き方をポジティブにとらえ直す意図があります。
  
  
■ことばの説明
  
【異性愛 / ノンケ / 異性愛中心主義 / ヘテヘテ】
異性を性愛の対象にすることを「異性愛 ( ヘテロ )」、そういう人のことを「異性愛者」、その俗語が「ノンケ」。異性愛を自明視し無意識のうちに優遇する社会と個人のあり方を「異性愛中心主義」、これらに鈍感なことや人を「ヘテヘテ」。
  
【シスジェンダー / シス男性 / シス女性】
出生時に振り分けられた性別と同じ性別で生きようとする人 / 男性 / 女性。
  
【トランスジェンダー】
出生時に振り分けられた性別とは異なる性別で生きようとする人。性同一性障害の人も含む幅広い言葉。
  
【トランス男性 / トランス女性】
「男性」「女性」といっても様々で、女性として扱われたり女性として暮らした経験を持つ男性や、男性として扱われたり男性として暮らした経験を持つ女性もいる。そういった人たちの性別の移行に焦点を当てて「トランス男性」「トランス女性」と呼ばれることもあるが、こう自称する場合、理由は様々でひとくくりにできない。
  
【Xジェンダー】
性別二元論の枠組みから外れる立場、あるいは両性、中性、無性などの名乗り方。また、女 / 男のいずれかを選ばせられることに反対する考え方。英語の「genderqueer」や「gender nonconformity」に近い。
  
【フェミニズム】
今の社会には「男女という制度」や「女性差別という社会構造」があるという事実認識を前提にして、性別に基づく差別や抑圧に反対するという考え方。  
Posted by kansai_qff at 06:17

2017年05月27日

【いよいよ今週末!】5/28神戸会場について

今週末はいよいよお待ちかね
5/28(日)兵庫クィア上映会・神戸会場の開催です

当日、会場で配布する案内ができました。

・タイムテーブル
・会場諸注意とご案内
・トイレについて
・写真撮影について

神戸当日配布用上映スケジュール


・神戸会場付近性別を問われないトイレマップ

神戸トイレマップ改


これらは、紙面に印刷して当日の会場にて参加者の皆さまにお渡しします。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております


(兵庫クィア上映会運営チーム)  
Posted by kansai_qff at 03:53TrackBack(0)

2017年05月18日

【いよいよ今週末!】5/21姫路会場について

5/21(日)兵庫クィア上映会・姫路会場の

・タイムテーブル
・会場諸注意とご案内
・写真撮影について

ができました。

姫路当日配布用上映スケジュール02 のコピー


この紙は、当日会場でも配布いたします。


皆さまのご来場お待ちしています!(o^o^o)


(兵庫クィア上映会運営チーム)  
Posted by kansai_qff at 09:09TrackBack(0)

2017年05月12日

「てくてくひめじ」さんに兵庫クィア上映会姫路会場の情報を掲載していただきました

姫路・播磨地域の、
安心で安全な食べもの、やさしい・負担が少ない、クリエイティブな事柄を紹介していく情報サイト
「てくてくひめじ」 http://tekuteku-himeji.com/ さんに、

5/21(日)の兵庫クィア上映会・姫路会場の情報を取り上げていただきました
http://tekuteku-himeji.com/archives/10630

ありがとうございます!!!

姫路で活動の基盤作りに動かれている姿勢に、頭が下がります

(あい)  
Posted by kansai_qff at 15:01TrackBack(0)

2017年05月08日

兵庫クィア上映会の特設webサイトを公開しました

兵庫クィア上映会の特設webサイトを公開しました!
  
上映プログラム情報、会場までの地図、お問い合わせ先など兵庫クィア上映会に関して必要な情報をまとめています。
  
webサイト制作に初めて挑戦する本祭の実行委員が、がんばって勉強して作ってくれました。感謝です。
  
いよいよ、開催まであと2週間。
当日、多くの皆さまのご来場をお待ちしております。
  
姫路会場 5/21(日) 納屋工房
神戸会場 5/28(日) 神戸アートビレッジセンター
  
http://kansai-qff.org/2017/hyogo2017/
  
(文責:あい)  
Posted by kansai_qff at 16:27TrackBack(0)

2017年04月21日

第11回 関西クィア映画祭 2017 日程&会場が決まりました

お待たせしました!!!

第11回 関西クィア映画祭 2017の日程と会場が決まりましたのでお伝えします。
今年は、9月に大阪と豊中で、10月に京都で、開催します。


【大阪会場】
9/16(土) ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター) パフォーマンススペース
http://www.dawncenter.jp/


【豊中会場】
9/17(日) すてっぷ(とよなか男女共同参画推進センター) ホール
http://www.toyonaka-step.jp/


【京都会場】
10/27(金)〜10/29(日) 西部講堂(京都大学西部構内)
http://kansai-qff.org/2016/access.shtml#WayToKyoto


【当日スタッフ説明会(無料)】
映画祭当日にスタッフをしたい人は説明会に来てね。

〈大阪〉9/10(日) ドーンセンター 和室2
〈京都〉9/30(土) 西部講堂

※どちらも内容は同じ ※事前申し込み不要



上映作品、料金などについては、詳細が決まり次第追ってお伝えします。お楽しみに。

日程と会場が決まったところで、実行委員一同気を引き締めて、本祭開催の準備をしていきます!

当日スタッフだけでなく、今スグ一緒に映画祭を作りたい・関わりたいという人は、
気兼ね無く info★kansai-qff.org(★→@) までご連絡ください。
お待ちしております。  
Posted by kansai_qff at 21:09TrackBack(0)

2017年04月02日

【兵庫クィア上映会】詳細情報&チラシができました!

4月に入り、すっかり春めいてきましたね。

兵庫クィア上映会の詳細情報が決まりましたのでお伝えいたします。

チラシも関西を中心に配りはじめています。
もし身の回りで配っていただける、協力していただける方いらっしゃいましたら
info@【あっとまーく】kansai-qff.org
までご連絡ください。
運営チーム一同泣いて喜びます。

チラシカラーver. クリックで拡大
兵庫上映会チラシ表

兵庫上映会チラシ裏面OL



◆姫路会場◆

《日時》 5月21日(日)

《場所》 納屋工房 http://nayakobo.com/
兵庫県姫路市本町68番地 大手前第一ビル4階
TEL:079-263-7878 FAX:079-263-7872
● みゆき通りをぬけて、信号を渡ったら、本町商店街です。階段・エレベーターがありますのでご利用ください。
●大手前通り側からは 階段であがることができます。


《タイムテーブル》
1枠◇開場12:45 開演13:00

『R/EVOLVE-結婚と平等とピンクマネー』
(Billie Rain/2013/米国/85分/音声:英語|字幕:日本語)
http://kansai-qff.org/2013/program/revolve/


2枠◇開場14:45 開演15:00
姫路会場特別!豪華ボリューム二本立て

『艶子 TSUYAKO』
(HIKARI/2011/米国/23分/音声:日本語|字幕:日本語・英語)
http://kansai-qff.org/2013/program/tsuyako/

『TOO MUCH PUSSY! フェミなあばずれ、性教育ツアーで大暴れ』
(Emilie Juvet/2010/フランス、ドイツ/98分/音声:フランス語、オランダ語、英語|字幕:日本語)
http://kansai-qff.org/2011/schedule/p


3枠◇開場17:15 開演17:30

『トイレのレッスン』
(Tara Mateik and the Sylvia Rivera Law Project/2003/米国/30分/音声:英語|字幕:日本語)
http://kansai-qff.org/jimaku/sakuhin/toilet-training/

『何でも聞いてみよう』
(Melissa Regan/2001/米国/24分/音声:英語|字幕:日本語)
http://kansai-qff.org/jimaku/sakuhin/no-dumb-questions/


《料金》1人あたり
〈1枠〉1,000円 〈3枠通し〉2,000円
〈グループ割引き(1枠)〉2~4人のグループ900円
〈グループ割引き(1枠)〉5人以上のグループ800円
※各回入れ替え制




◆神戸会場◆

《日時》 5月28日(日)

《場所》 神戸アートビレッジセンター http://www.kavc.or.jp/
KAVCシアターは地下1階になります。
神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号
TEL:078-512-5500 FAX:078-512-5356
●神戸高速「新開地駅」東8番出口より徒歩約5分
●JR「神戸駅」北出口より徒歩約10分
●神戸市営地下鉄「湊川公園駅」より徒歩約10分

※会場にあるトイレは「女」「男」の性別指定になっています。
車椅子で入れるトイレは1階に、こちらも「女」「男」の性別指定となっています。
本来性別とは、自身が望むもので生きることができ、扱われるべきものです。
トイレの使用につきまして現在会場と調整中ですので、方向性が決まり次第お知らせ致します。
「お問い合わせ」に記載されているホームページやTwitterをご覧ください。


《タイムテーブル》
1枠◇開場12:45 開演13:00

『トイレのレッスン』
※姫路会場3枠でも上映

『トランスペアレント』
(Jules Rosskam/2005/米国/61分/音声:英語|字幕:日本語)
http://kansai-qff.org/2009/works/transparent.html


2枠◇開場15:05 開演15:20

『これがピンクウォッシュ!シアトルの闘い』
(Dean Spade/2015/米国/56分/音声:英語|字幕:日本語)
http://kansai-qff.org/2016/program_pinkwashing.shtml


3枠◇開場16:45 開演17:00

『TOO MUCH PUSSY! フェミなあばずれ、性教育ツアーで大暴れ』
※姫路2枠でも上映


4枠◇開場19:05 開演19:20

『BOTH』
(Lisset Barcellos/2005/米国、ペルー/86分/音声:英語、スペイン語|字幕:日本語)
http://kansai-qff.org/jimaku/sakuhin/both/


《料金》1人あたり
〈1枠〉1,000円 〈4枠通し〉3,000円
〈グループ割引き(1枠)〉2~4人のグループ900円
〈グループ割引き(1枠)〉5人以上のグループ800円
※各回入れ替え制



*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*

《情報保障》
聴覚障害者などへの情報保障のため、日本語作品にも日本語字幕をつけて上映しています。
また、会場スタッフは全員メモとペンを常備し、筆談に対応します。

《当日について》
●KAVCシアター内(神戸会場)での飲食は出来ません。
●上映会の参加に年齢制限はありません。
●託児は用意しておりませんが、お子様とのご参加も大歓迎です。
●参加にあたって不安などがございましたらお早めにご相談ください。 一緒に考えましょう。

《お問い合わせ》
〈ホームページ〉http://kansai-qff.org
〈電話(留守電)〉080-3820-2731
〈FAX〉06-7878-8882
〈メール〉info@kansai-qff.org
〈mail(English)〉info-en@kansai-qff.org
〈Twitter〉@kqff_off icial
〈Facebook〉KansaiQFF
〈ブログ〉http://blog.livedoor.jp/kansai_qff/  
Posted by kansai_qff at 13:53TrackBack(0)

2017年03月24日

西部講堂前に立て看を設置しました

いつも京都の本祭会場として使っている京大西部講堂の前に、映画祭の立て看を設置しました。
開催に向けてスタッフ募集中です!(切実)


制作風景
1503立て看制作



今年の実行委員長係が映画祭のイメージをデザインしました
20
  
Posted by kansai_qff at 18:28TrackBack(0)

2017年03月09日

【兵庫クィア上映会】姫路会場の上映作品も決定しました!

こんにちは、兵庫クィア上映会の運営チームです。

お待たせしました!!!
2017年初夏に開催する当上映会にて、姫路会場で上映する作品が決まりましたのでお知らせいたします。

聴覚障害者の方などへの情報保障のため、日本語音声作品にも日本語字幕を付けて上映いたします。


●●1枠目●●
『R/EVOLVE-結婚と平等とピンクマネー』
(Billie Rain/2013/米国/85分/音声:英語|字幕:日本語)
http://kansai-qff.org/2013/program/revolve/
予告編(英語音声) 



●●2枠目●●
姫路会場特別!豪華ボリューム二本立て

『艶子 TSUYAKO』
(HIKARI/2011/米国/23分/音声:日本語|字幕:日本語・英語)
http://kansai-qff.org/2013/program/tsuyako/
予告編




『TOO MUCH PUSSY! フェミなあばずれ、性教育ツアーで大暴れ』
(Emilie Juvet/2010/フランス、ドイツ/98分/音声:フランス語、オランダ語、英語|字幕:日本語)
http://kansai-qff.org/2011/schedule/p
photoTMPCOVERtext-web



●●3枠目●●
『トイレのレッスン』
(Tara Mateik and the Sylvia Rivera Law Project/2003/米国/30分/音声:英語|字幕:日本語)
http://kansai-qff.org/jimaku/sakuhin/toilet-training/
toilettraining2



『何でも聞いてみよう』
(Melissa Regan/2001/米国/24分/音声:英語|字幕:日本語)
http://kansai-qff.org/jimaku/sakuhin/no-dumb-questions/
予告編(英語音声|日本語字幕)


●●●●


各回入れ替え制
1000円/1枠/1人
 (→グループ割引き有り、2~4人のグループで900円/1人、5人以上のグループで800円/1人)
2000円/3枠通し/1人

日時 5月21日(日)
場所、時間などの詳細は追ってお知らせいたします。



どの作品も、関西クィア映画祭で過去に上映した人気作品です。
姫路では初上映の作品ばかりです。

今後追って、各作品の説明や上映の動機、思い入れなどもご紹介していこうと思います。


多くの皆さまのご来場を、ぜひともお待ちしております。


(文責:兵庫クィア上映会運営チーム)  
Posted by kansai_qff at 06:34TrackBack(0)