みなさまこんにちは

明日はいよいよメンデルスゾーンの2大オラトリオのひとつ、
「聖パウロ」の定期演奏会です

今日は3日目の大詰めの練習でした
IMG_0404










2013年発足の関西フィル合唱団、今回3回目の定期演奏会出演となります。
去年までの公演より合唱団員が増え、90名の団員さんとの共演です。

メンデルスゾーンの「聖パウロ」はモーツァルトの「レクイエム」のように、
幅広く知られた宗教曲ではありませんね。
「聖パウロ」というタイトルだけではどんな内容なのか想像が
つかないと思います。

飯守さんにおおまかな流れを聞いてみました。

簡単に言うと、タイトル通り「聖人パウロさんのお話」ということ

この聖人パウロさん、聖人になる前は「サウロ」という名前でした。
サウロは天地創造の神(この神の子どもがイエス・キリスト)に対しては
深い愛情を持って信仰していましたが、イエス・キリストには憎しみを
持っていました。
ステファノをはじめとする他の聖人達が迫害を受けるのを、
喜んでいたのです。
IMG_0363









しかし、そんなサウロにイエス・キリストから一筋の光がさし、
サウロは震え慄きます。
イエス・キリストの光と言葉によってサウロは目覚め、
その教えを広めていこうという情熱に立ち上がります。

天からの鋭い光によって視力を失ったサウロですが、
イエス・キリストに選ばれたサウロは奇跡によって視力も
取り戻します。

ここまでは前半の流れです。

対訳にある「サウロ」と「パウロ」は同一人物です。
後半は、いわゆる聖人パウロとなった彼が、神を称え布教を進める
生涯を描いています。

ユダヤ人からのひどい迫害・ねたみ、仲間との出会い、
パウロ自身が起こす奇跡、さまざまなことが描かれます。
IMG_0391-1










4名のソリストの皆様。
一番左より、民衆の様子や物語を語るソプラノの朴 瑛実さん、
深い心の信仰を語るアルトの谷地畝 晶子さん、ステファノやアナニアなど、
パウロ以外の登場人物を歌うテノールの畑 義文さん、関西フィル合唱団の指導者も
していただいています。
そして、サウロと聖人となったパウロを歌うバスの篠部 信宏さん。

「メンデルスゾーンの繊細さと情熱が同居したとても彼らしい作品です。
”信仰の素晴らしさ”と”憎しみの恐ろしさ”の2つを極端に表しています。
”信仰の違いによって蔓延る大きな憎しみ”、現代にも同じように
存在していますね。」
と飯守さんはおっしゃっていました。
IMG_0371









第1部、休憩、第2部で、2時間40分前後の公演時間となりそうです。

この音楽によるパウロの生涯の長編ドキュメンタリー
どうぞたっぷりとお楽しみください

明日は12時45分から当日券を発売いたします。
皆様のお越しをお待ちしております。


【関西フィル第264回定期演奏会】

[日時]2015年4月29日(水・祝)14:00開演 (13:00開場)
13:40~ 指揮:飯守泰次郎によるプレトーク開催!
[出演]
指揮:飯守 泰次郎(関西フィル桂冠名誉指揮者)
独唱:朴 瑛実(ソプラノ) 谷地畝 晶子(アルト)
    畑 儀文(テノール) 篠部 信宏(バス)
合唱:関西フィルハーモニー合唱団

[プログラム]
メンデルスゾーン:オラトリオ「聖パウロ」作品36

※出演者、曲目など、内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

入場料:S席¥6,000/A席¥4,500/B席¥3,000/C席¥2,000/
            学生席(25歳以下)¥1,000(全席指定・税込)