hiroken's blog

劇団主宰 劇作家 演出家 俳優 演技講師 セミナー講師の観点からいろいろと綴っております。このブログが今のあなたの何かになれたら幸いです。

ぶらっと俳優道!-ロゴ

どうも、広瀬謙です。
ぶらっと俳優道! のお時間です。


以前ずっとメルマガにて「ぶらっと俳優道!」を配信しておりました。
ですが、ある日全てブログに移行するという暴挙に出ました(暴挙なのか?)。

 

理由と致しましては、メルマガは基本、次のステップにつなげるツールですので、セミナーの宣伝や出版物の販売などがある方はかなり活用できますが、ほぼなかったので(公演の宣伝ぐらい)、それなら単純にブログでもよいのではないかと思ったわけです。

 

振り返ると、今までパイロット版を入れて90号と書き綴ってきたわけですが、自分の中でもかなり整理されましたし、良かったなと感じております。さらに数年前に配信したものを改訂し直すのはまたいろんな発見もできたし、より自分の中の伝えたいものが強固になりました。


やる前にいろんなやらない言い訳つくって、やってなかったら何も得られてないので、メルマガもやってよかったなと思ってます。意外と読者登録もしてもらえるのだなぁって嬉しかったし(やめたときは申し訳なかったけど)。

 

で、核の部分として伝えたかったことは、

やはり何事も自分の意志がないと何も生まれない。

ということ。

 

だからと言って、そこで意志を持とうとするのは違いますよ。

意志を持とうとして意志を持っても、「意志を持とうとした意思」なだけで、結果、それ意志じゃないしね。

 

「しなければならない」という思いは、実は「したい」というシンプルな気持ちの派生ではないので、結果、楽しいものじゃないんです。

 

本当にしたいと思うこと、楽しめることをやっていってください。

 

ただし、楽しいことをやっていくのと、楽しいことしかやらないのは違います。

本当に楽しいことをやっていたら苦しくても楽しめます。ここが重要!

 

大体、本当にやりたくてやりたくてしょうがないことがあって、居ても立ってもいられないぐらいなのに、何もするな!と言われたら泣きますよ普通。

 

僕は、よくトイレに例えるのですが、漏れそうなぐらいトイレに行きたいのに、「行くな!」って言われても困るでしょう。「行ってもいいが廊下は走るな!」と言われても漏れそうなら走りますよね?生涯、走らないと決めた人間でも走ると思います。

 

そこで、走りもせず「行くなと言うなら我慢しますけど」なんて言ってくる人はそこまでトイレを求めてないんですよ。

 

そんなもんです。

 

だから役者になりたい、歌手になりたい、声優になりたい、でも、だるいし何もしたくない。遊んでたい。寝てたい。待ってたらスカウトしてくれるさ。ぐらいの思考なら所詮その程度の思いなだけです。

 


現に、今、旅行行きたい人、カラオケ行きたい人、会食したい人などいっぱいいますよね。でも自粛を求められてるわけじゃないですか。したいことができないんです。だから、自粛しつつも何かできることを模索して生活してるわけでしょ。

そう考えたら、ウイルスが世の中に蔓延していなかったときは、やれることに満ち溢れていたと言えます。

だから、後悔しろということではなくて、それを知れたというのは経験したから、できたから。
まだその最中ですが、今を生かすも殺すもあなた次第。

意味のないことなんてない。


みんな、頑張ろう!


【ぶらっと俳優道!】過去ログ

そう言えば、すっかり忘れてた!
2019年度・勝手にランキング。もうだいぶ経ってるけど!

半年過ぎるだけでもすごく古い気がしますが、
自粛中だし、とりあえず、今回もやっておきましょう。昨年観た作品のランキングです。


<映画・DVD>

洋画

1位:アイリッシュマン
2位:ペンタゴン・ペーパーズ  最高機密文書
3位:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
4位:ジョーカー
5位:アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル
6位:レッドスパロー
7位:アベンジャーズ / エンドゲーム
8位:グリーンブック
9位:イエスタデイ
10位:サンキュースモーキング

邦画

1位:彼女がその名を知らない鳥たち
2位:孤狼の血
3位:万引き家族
4位:友罪
5位:焼肉ドラゴン


劇場で観たものは少ないのですが、
洋画は過去ブログでも書きましたが「アイリッシュマン」です。もうキャスト陣がたまらんのです。
邦画は、どうしても演技がいいなぁって思ったものが上位にきますよね。彼女がその名を知らない鳥たちは蒼井優さん、孤狼の血は役所広司さん、万引き家族は安藤サクラさん、友罪は瑛太くん。でね、焼肉ドラゴンはキム・サンホさんとイ・ジョンウンさん(最近「パラサイト」のお手伝いさん役やられてましたね)はすごかった。この作品自体は正直、あまり面白くなかったのですが、日本人のキャスト陣が凄く豪華なんだけど、この二人がものすごいから他がくすむというか…失礼な言い方ですいません。でもね、それでランキング入れちゃってるぐらいですからね。日本人としては悔しいですし、もっと頑張らねばなって思う次第です。興味あれば是非。


<ドラマ>


1位:アンナチュラル
2位:ウォーキング・デッド  シーズン9
3位:みかづき
4位:3年A組-今から皆さんは、人質です-


ドラマは観るのが大変で、そんな観れてないんですよね。観たいのいっぱいあるんですけどね。



<舞台>

1位:七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/ アガリスクエンターテイメント
2位:10分間2010〜タイムリープは止まらない〜 / 中野劇団
3位:Q / NODA MAP
4位:はなにら / mono
5位:流れんな / iaku


最近は、アガリスクエンターテイメントと中野劇団が好きなんです。中野劇団は発想力が素晴らしいなぁって思う。ウチがいつも頼んでる音響さんが関わってるんですが、少し羨ましいぐらい(何で?)
アガリスクエンターテイメントは役者さんが上手だなぁって思う。内容は三谷幸喜さんとか上田誠さんとかどこかで観たことがある題材をアガリスク風に作られている感じですね。観劇三昧アプリで観ることができますよ。


まぁこんな感じです。
今回は書籍は割愛します。


今年は撮影も延期になってたりで本当に大変ですよね。
いつか今の状況が映画化されたりしてそれをあーだこーだ言いながら観られる日が来るのを願ってやまない日々です。

↑このページのトップヘ