funin5


















上の図の左から右へ

1男性、800万オング、陰80%、陽100%、邪気20% 気の流れ陽性(正常)

女性、600万オング、陰90%、陽100%、邪気10% 気の流れ陽性(異常)

2上女性、1億4000万オング、陰100%、陽100%、邪気ゼロ、気の流れ陰性(正常)

下男性、100万オング、陰80%、陽100%、邪気20%、気の流れ陰性(異常)

動画を見ていて悪いのは女性の身体とばかり思っていたが男性の気の流れ異常

とエネルギーの微小が原因でありました。


3男性、600万オング、陰86%、陽100%、邪気14% 気の流れ陽性(正常)

 女性、600万オング、陰86%、陽100%、邪気14% 気の流れ陽性(異常)

ここでエネルギー、陰陽値いずれも同数値であることは互いに引き合うのである。

4次は女性一人であります。体外受精で子供を授かった方です。

9500万オング、陰90%、陽100%、邪気10% 気の流れ陽性(異常)

但し気の流れが陽性の為に子供は知的障害児でありました。

5女性、1億500万オング、陰92%、陽100%、邪気8% 気の流れ陰性(正常)

男性、1億800万オング、陰90%、陽100%。邪気10% 気の流れ陽性(正常)


気の流れもエネルギーも問題ないと思われるが男性の年齢が50差過ぎていた

ために不妊治療に苦労したと思われます。
ーーーーーーーーーーー

十数件少ないデータからですが不妊になるのは潜在エネルギー(生命)が

1000万オング以下であること、気の流れが男性は陽性であること、女性は

陰性の流れが必要であることです。
ーーーーー
 陰陽分析の結論は

男性、女性も3000万オング以上の生命エネルギーを維持していること。

気の流れが男は陽性循環の気の流れを持ち、

女は陰性循環の気の流れを持っていれば精子、卵子は

エネルギーを持った活動をしてくれることが解る。