img529







  丸印内の印堂気を検出

 左、1億2500万オング、陰93%、陽93%、邪気2%、

    脳波47ヘルツ、気の流れ陽性

 右、1億2300万オング、陰86%、陽91%、邪気11%、

    脳波36ヘルツ、気の流れ陽性

 左の方はトウレット症であり、右の人は発達障害であります。

 又精神障害には陰と陽とがどちらが高いかで病状が違ってくる。

 エネルギーが低い、気の流れが異性の場合は知的障害

 エネルギーを高くすれば陰陽の両値が90%以上となって心身の秀才能力

 発揮するようになる。

 又1億2000万オング以上となるとそのエネルギーでチック症状をアイデイア力

 に切り替える心身脳力を身に付けてしまう人も現れています。

 これらの精神障害のすべてを改善させるためには現在の顕在医学にプラスして

 潜在意識のスキルを身に付ければ病状の半分以上は解決されると思われる。

 潜在意識のスキルとは潜在エネルギーを高める、陰陽値を検出、脳波検出、

 気の流れを確認、改正である。 隠れて見えないものを検出できる能力を身に

 付けなければ、見えない精神を修正出来ないのであろう。

 顕在医学を身に付けた者が潜在スキルを身に付けるのには1年半ほどかかる。

 潜在スキルを持った者が顕在医学を身に付けるのには数年〜10年はかかる

 であろう。

注記) 有名人では

 鈴木一郎、1億6100万オング、陰88%、陽88%

ステイーブ、ジョブス、1億6800万オング、陰92%、陽88%