ルドヴィート・カンタ Official Site

オーケストラ・アンサンブル金沢の首席チェロ奏者 ルドヴィート・カンタのオフィシャルホームページです。

プロフィール/Profile

Ludovit Kanta・ルドヴィート・カンタ (チェリスト) 【Japanese】

Ludovit Kanta・ルドヴィート・カンタ (チェリスト)

ルドヴィート・カンタ2スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァ生まれ。
スロヴァキアを代表するチェリストとして国民に親しまれている。

ブラティスラヴァ音楽院にて、G.ヴェチェルニー教授に、プラハ音楽アカデミーにて、元チェコ・トリオのS.ヴェチトモフ教授に師事。

アカデミー在学中にスロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の第1ソロ・チェリスト・コンサートマスターに就任。

1990年より、オーケストラ・アンサンブル金沢の首席チェロ奏者を務めている。

ハラデッツ=オパヴァ・ベートーヴェンコンクールで優勝。
プラハの春国際音楽コンクールで銀賞と同時に、審査員全員一致で、栄えあるチェコ・スロヴァキア文化庁特別賞を受賞。
その他、チャイコフスキーコンクールなど数々のコンクールで上位入賞を果たしている。

ヨーロッパをはじめ、カナダ、アメリカ、アジア、日本でソリストとして、岩城宏之、イリー・ヴィエロフラーヴェク、ズデニェク・コシュラー、ヴァレリー・ゲルギエフらの指揮で、オーケストラ・アンサンブル金沢、NKH交響楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ交響楽団などと共演、好評を博す。
2003年、2005年のスロヴァキア・フィル日本ツアー公演ではドヴォルザークのチェロ協奏曲を共演し、各地で絶賛される。

また、日本音楽コンクールの審査員を務めるなど、カナダ、ヨーロッパ、日本各地で国際音楽祭やマスター・クラスの講師として招かれるほか、1995年より8年間、愛知県立芸術大学にて教鞭をとる等、後進の指導にも熱心にまた積極的に取り組んでいる。

CD録音も数多く、OPUS、NAXOS、AEOLUS、TRITONおよびPACMでリリースし、好評を得ている。
なかでも“ハイドン・ボッケリーニ:チェロ協奏曲”(NAXOS)は、ジャズ調のカデンツァで人気が高い。

また、“コダーイ、カサド、イザイ:無伴奏チェロ作品集”、“メロディーズ”(avex)、“バッハ:無伴奏チェロ組曲全集”(PANU)は、レコード芸術誌で特選盤に選ばれた他“ベートーヴェン:チェロ・ソナタ全曲集”は、準推薦盤に選ばれた。

バッハの無伴奏チェロ組曲全曲やベートーヴェンのチェロ・ソナタ全曲を一度に演奏するなど、常に様々な可能性と自己の向上に挑戦している。
その内面から溢れ出る品格と音楽性は、聴く人を魅了する。
今もっとも注目を集めているチェリストである。

Ľudovít Kanta, Cellist

Ľudovít Kanta, Cellist

ルドヴィート・カンタ2Slovakians premier cellist Ľudovít Kanta was born in Bratislava, the capital of Slovakia.

He studied at Konzervatorium Bratislava under Prof.Gustav Večerny, and  at Academy of Music Arts Praha  under Prof. Alexander Večtomov, member of the original Czec Trio.

In 1977 he won the first prize in the Hradec Opava Beethoven Competition and in 1980 was awarded 2nd prize and also took unanimous prize of Capital Czechoslovakia in the Prague Spring International Competition.

In 1982 he was appointed 1st solo cellist with the Slovakia Philharmonic Orchestra and since 1990 has been Principal Solo Cellist with Orchestra Ensemble Kanazawa in Japan(Japans premiere chamber orchestra). And he had taught at Aichi Aichi Prefecture University of Arts Nagoya,Japan.

Kanta ha toured as a soloist through Europe, U.S.A. and Asia like Czechoslovaks Culture Days in St. Petersburg under Maestro Hiroyuki Iwaki, Valery Gergiev, Zdeňek Košler so on and has also given solo recitals in major cities including Tokyo, Chicago and Washington DC.

He also invited international music festivals, competitions or seminars including Japan Music Competition Affinis International Music Festival, Ishikawa Music Academy, Prague Spring, Bratislava Music Festival, Katja Popova`s Laureates Days in Pleven. Also he is serving

Amongst his many solo recordings include the concertos of Haydn and Boccherini on the NAXOS label. His latest recording of the Kodaly Sonata for Cello Solo, Melodies and the Bach Six Suites for Unaccompanied Cello have been critically acclaimed and featured in the Record Geijutsu (Japans most respected Music Magazine).

His recent projects, significant attention get his performance of all J.S.Bach 6 Suites for Unaccompanied Violoncello in one concert.

サイト内検索/Search
ギャラリー/Gallery
  • SLOVAK TRIO 2014
  • SLOVAK TRIO 2014
  • チェロ・デュオコンサート
  • ツアー参加者募集
  • ツアー参加者募集
  • ツアー参加者募集
  • リサイタル
  • コンサート
  • コンサート
  • コンサート
  • コンサート
  • コンサート
各種お問い合せ/Contact


hanka@d7.dion.ne.jp


チケット購入・その他お問合せは上記アドレスをご利用ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ