ゴミが野積みになっている状態をゴミ屋敷というようです。
ゴミ放置!!

ゴミ屋敷になる原因の一つとして収集癖などがあげられています。

ゴミ捨て場でない場所にゴミを野積みことがゴミ屋敷と言われています。ゴミ屋敷が問題になるのは、近隣への異臭や火災が起きやすいことです。また、虫が湧いたりすることもあるようです。いずれも近隣への被害を引き起こすことがあるため、社会問題として取り上げられているようです。

家
京都にある立派な屋敷!外から見る限りゴミ屋敷とは全くわからなかったが、一歩部屋へ踏み込んだら、それは目を見張る光景でした!依頼のあったのは京都市街、Eさんの祖母、祖父との二人暮し、祖父が収集癖があって、腰を悪くした祖母はゴミの片付け、清掃が間に合わず・・回収、処分の方法をアドバイスしてほしいとのこと。


■収集癖とは!?~ゴミ屋敷の回収・処分における情報in京都

ゴミ屋敷になる原因として、収集癖があげられています。これは、別名強迫性障害ともいわれており、何か特定の物に執着してしまう特徴があるようです。たとえば、ペットボトルに執着した場合、散歩に出かけた場合、わざわざペットボトルを拾ってくるのだそうです。目的はなく、ただただそういう行動を「しなければならない!」という動機に縛られてしまうため、このような呼び方をされているのかもしれません。

■近隣に及ぼす被害とは?~ゴミ屋敷の回収・処分における情報in京都

自分の部屋がゴミ屋敷になっただけであれば、そこまで近隣に迷惑をかけることはないですが、ゴミが所有地外にも溜まってしまった場合が特に問題です。ゴミの種類にもよりますが、生ゴミなどもあるため、異臭問題、またそれが元になってネズミやゴキブリが発生したりすると、近隣はたまったものではなく、トラブルになることが多いようです。

《ゴミ屋敷における片付け清掃の事例&ノウハウ》

《編集後記》
今回は、京都でのゴミ屋敷の回収・処分〔片付け清掃〕のご依頼でした。息子様から実家のゴミ屋敷を片付けて欲しいとのご連絡を頂きました。ゴミの量が把握できない状態でしたので、定額の回収・処分プランにてゴミの回収にお伺いしました。定額回収プランは、トラックに燃えないゴミ、燃えるゴミ、何でも載せることができ、処分料金が固定化されているため、法外な処分費用がかからず、人気があるようです。