2018年09月21日

【フジヤマ サブ16プロジェクト】第17回練習会 雨天のインターバル



近頃ちまたで「あれ本人(かんくろー)しか速くなってねんじゃねえの?」と囁かれる練習会。

むしろ「あれ本人が速くなるためのメニューを選んでるんじゃねえの?」と囁かれる練習会。

いや、ただただ「あれトラックで信州ポーズをやりたいだけなんじゃねえの?」と囁かれる練習会。




そう、それがフジヤマサブ16プロジェクト!

略してもじゃ練!


IMG_2558













今日も決まってるぜ。





木曜は生憎の雨模様。午前中は持ってくれたが午後からはポツリポツリと雨が降り出す。


「今日あるのかな?」

「雨でもやるのかな?」

「中止とかするのかな?」


過去台風直撃した以外はやってるでしょーが! 

雨天決行!

雨でもやります!


そう、それがフジヤマサブ16プロジェクト!


略してもじゃ練!

IMG_2650














決まってるぜ。






多くのランナーがポイント練習日としている水曜日の翌日の木曜日。


水曜日の前は火曜日。木曜日の次ぎは金曜日。金曜日はげっかすいもくきんにくまん~。

そう、それが~(略)






そんなわけで雨の木曜日の夢の島は閑散としていてトラックは貸切状態。

IMG_2993
















さようなら、憂鬱な木曜日、こんにちは、僕達のための夢の島。


「今日も葛西は走ってるぞ(中村清監督風)」が僕らの合言葉。


フジヤマさん、ヤマウチくんと3人でジョグした後、黙々とラダー&ドリル。


IMG_2994















さ、さみぃ。


雨はそれほどでもない。

月曜のM×Kに比べれば祖父のおしっこみたいなものだ。


しかし濡れることには変わりはない。夢の島は相変わらす風はある。

さ、さみぃ。




冬の間はラダーはやらなくていいかもしれない。

それよりジョグを多めにして、早く本練習に移った方が…。 





雨も強くなってきたので、本練習も短めに。

予定では1600×3のレペを考えていたが、リカバリー中に体が冷えてしまうだろう。

時間のかからず、立ち止まる事のないショートインターバルに変更した。



300×10 R100jog 



M×K明けなので、設定タイムは余裕をもってフジヤマさんには55秒で走ってもらうことにした。

僕とヤマウチくんはフジヤマさんに引っ張ってもらいながら56秒~58秒でまとめられればいいところ。


さあ1本目。


体が動かない。

1本目はフジヤマさんの後ろピッタリ走り、55秒台だったが、もう余裕がない。


後ろを走っていたヤマウチくんいわく、1本目から体がぶれていてキツそうだったみたい。


月曜日の疲労が抜けないこの日の練習。


FullSizeRender




















フジヤマさんは余裕をもって55秒設定で走りきる。

僕は5本目くらいから遅れて57秒~60秒くらいかかるようになる。

繋ぎの100mのジョグでフジヤマさんに追いついて一緒にスタートする按配。


10本終わり、そのままトラック2周ダウンジョグ。

ダウンが終わっても、まだ時間が8時過ぎだったので、フジヤマさんとオマケの2本。

57秒ー57秒。


300mを計12本走った。



僕は体は動かないし、酸欠で頭痛。

雨だったけど、鼻の奥がツーンとする冬を感じさせるポイント練習ができた。

IMG_2998















競技場は更衣室あるし、雨でも全然走れるよ。 

シューズがグッショリ濡れるのはちょっと嫌だけどね。






さて、来週は28日(金)にうらやす陸上記録会に出場するため、練習会はお休みです。


僕とフジヤマさんは19時40分スタートの3000mを走る予定です。


ご一緒頂けれる方いれば、浦安へ!


次回練習会は未定ですので、決まったらブログで告知します。



それでは皆様、よい週末を!





おしまい




2018年09月20日

ブログ記事のストックができない


こないだ、M×Kの打ち上げでね、ちょっと話題にあがったんだけど、僕はブログ記事のストックができないのよ。


書いたらすぐにアップしたいの。

我慢できないの。

そんで、次の日後悔すんのよ。


ああ、翌日の予約投稿にしておけばよかった…。みたいな。


土日はなるべくパソコンをいじりたくないので、金曜までに書いたものを予約投稿しておくんだけど、これがなかなか。

だから日曜なんかが、一番更新率が低いかもしんない。

3連休なんて今から戦線恐々よ、先週末はM×Kの速報でなんとか繋げたけど、今週末は難しいかなあ。


ああ、そうです。

昨日調子に乗って旅行記をふたつアップしてしまい、続きが終わってないもんだから今日アップする分がないのよ。

だからどうでもいいことをダラダラ書いてお茶を濁す作戦。





M×Kの日も火曜日の夕方も、土砂降りの雨が降った。

二日続けてコンビニで傘を買った。550円くらい。

もったいないよね。


天気予報で雨降るって言ってんだから家から持ってけばいいんだけど、僕、傘がすごい嫌いなの。

傘を持つのもさすのもすごく嫌い。

傘を持つときに周囲に気を配れない人はもっと嫌い。



だから朝から雨が降ってるとき以外は傘は持たない。


かさばるし。片手塞がるし。


傘、あれ濡れるじゃん。

さし方が下手なのかな? 

さしてても濡れるじゃん。

頭と上半身以外、ずぶ濡れになるじゃん。

途中でこれ意味あんのかな、なんて思っちゃう。


だから雨でも本降りじゃなければなるべく傘ささないの。

堂々と濡れて歩いてやるの。

そんな哀れな人を見る目で見ないで。

あえて、さしてないの。これは主義なんだよ。




それに傘って、幅とるじゃんね。

細い道でお互い傘さしてる同士すれ違う時とか緊張するじゃん。

どっちの傘を上にしてすれ違うのか、みたいな。

結局こっちが上にするんだけどね、あなたの傘の水滴が僕にかかるんだけどね。



こないだ健康診断があって、腹囲のサイズを測られたんだけど62cmだった。

自分の体で一番幅があるところって、お尻かな?知らんけど90cmくらい? 


僕、世の中に90cmの迷惑をかけて生きているのよ。

あ、実際横幅だけなら90cmもないんだろうけど、まあそれは措いとくね。


この世の中で90cmの幅だけもらって生きてるのよ。

でも僕はこの世の中で90cmの幅も頂く価値のある人間か、と問われれば全然そんな価値なんかなくて。

でも生きてるし、生きてる限りしょうがないから、90cmだけ。

90cmだけこの世の中から空間を頂いて生かさせてもらってるのよね。


そんな風に考えた事ない?


僕は朝の通勤電車の中でよく考えるよ。

おまえにその幅をとるだけの人間的価値はあんのか、なんていつも思っちゃう。


あ、そんで傘を開くと何cm? 
70cmの傘って開くと140cmとかになるの?


自分に140cmの価値なんかない。

この世の中の空間、よそ様の空間で幅140cmも使っていい価値なんて僕には全然ない。

140cmの横幅があれば、4人くらいは通れるでしょ、それを何を自分の頭を水から濡れるのを少し庇うくらいで140cmも幅取ってんのよ。

そんな価値あんのかよ。



だから傘はなるべくもたないし、ささない。

他人がどうとかじゃなくて、僕はそういう主義、思想なの。



あ、んで月曜、火曜とコンビニで傘買って、土砂降りだから傘をさしてしまって。

でも傘さしてもずぶ濡れになって。

これ意味あんのかな、ってやっぱり思って。

自己嫌悪に陥って。


主義、思想を変えてしまったからね。

変節ってやつ。 

だから少し落ち込んでるのよ。

おかしいかな? 




あ、本当は「ブログを書く中で他人の事を書くのが一番難しいよね」って記事を書くつもりだったんだけど、傘で終わっちゃったね。



朝8時をお知らせします。


ぴ、ぴ、ぴ、ぴぃー。 




それでは。







おしまい




kanyamane at 08:00|PermalinkComments(2)日常 

2018年09月19日

1泊2日会津旅行 前編


この3連休、土曜日曜日は福島県の会津若松市に1泊で旅行に行ってきた。

金曜日に午後休みをもらい、渾身の定時帰宅(なんかおかしくね?)


車を貸してもらう為に妻の実家へ。

妻の実家の最寄駅で妻とお義父さんと2軒飲み歩き、22時過ぎにはぐっすり就寝。

朝5時起床、6時出発。

今回の旅程としては

1日目:裏磐梯観光 五色沼、桧原湖等
2日目:会津若松市街観光 

ざっくりこんな感じ。


福島へ向かう道中は本降りの雨。

初日の予定は五色沼散策路(トレイルみたいなとこ)を歩く予定だったので、1日目と2日目を入れ替えるか迷ったものの、2日目も雨予報だったので変更せず、仕方なく現地へ。

FullSizeRender














毘沙門沼


しかし着いた頃にラッキーなことに雨が上がる。

ただし散策路はぬかるんでいそうだったので、五色沼は車で行ける毘沙門沼と柳沼と桧原湖だけを見た。


まあそれでもなかなかの景色だ。
IMG_2782














柳沼


IMG_2786














桧原湖




お昼はご当地グルメのソースカツ丼ならぬ、ソースカツサンド。


ソースカツ丼はどこのお店もボリュームがあるので胸焼け必須と思い、ソースカツサンドを食べたのだけど、これもなかなか。

IMG_2759

















食べ応えがあった。



散策路を歩かなくなった事で時間に余裕ができたので会津若松に向かう道中、日本酒の栄川酒造に寄ってお義父さんへのお土産を買い、その後は飯盛山へ。

IMG_2792


















IMG_2793



















白虎隊が自刃をした山だね。


僕は子供の頃来て以来の2度目。


まずは山の麓の白虎隊記念館。

IMG_2794














白虎隊記念館は昔見たまんまって感じだったかな。

古い資料がところ狭しと展示してある。

山の中腹にはさざえ堂。


IMG_2801


















色々と説明書きを読んだが、何でこんな建物を建てたのか、いまいちわからん(笑)


自刃をとげた飯盛山の白虎隊士の墓を通り、彼らが見た景色を眺める。

IMG_2804














お城の場所わかる?


会津は今もあまり高い建物はないんだけど、それでもこんな具合。

眼鏡していてもわかんねー。





飯盛山を下りたあとは七日町へ行き、会津壹番館でお茶。

IMG_2825














ここは最初は銀行の支店で、その後は医院となり、野口英世はここで手の手術をしたらしい。

1階が喫茶店で2階は野口英世青春館という資料室になっている。

IMG_2827

















マグカップが可愛いでしょ。



IMG_2819















駅近くのホテルにチェックインして荷物を置いた後は夕食をとりに夜の街へ。

といっても会津の中心市街は駅近くにはない。

古い町って、駅から離れているよね。

というか、わざと駅を町からは離れたところに作ったんだろね。

金沢もそうだった。

昔は蒸気機関車だったからね。



泊まったホテルからは中心市街へは徒歩で30分近くかかるようだったので、徒歩で数分のいくつかの居酒屋に事前に目をつけていた。

そのうち1軒は電話した時にはすでに満席で、第2希望のお店。

IMG_2829


















地元の郷土料理を中心とした居酒屋で賑やかなお店だったけど、料理は安くて量が多くて、美味しかった。

IMG_2834














IMG_2843

















おまけに福島の日本酒はやっぱり美味しい。



馬刺し、手羽先、とり皮串、茄子焼き、舞茸の天ぷら、そばなどを食べて1時間ちょっとで退店。




僕も妻もどちらかというと小食でお酒もあまり強くない。

旅先では色んなものを食べてみたいけれど、食が細いのですぐにお腹いっぱいになってしまう。

2軒、3軒とはしご酒とかできればいいんだけどなあ。


それでも宿泊先のホテルのバーで〆の一杯。

IMG_2858

















ホテルのバーは静かだしボウモアは美味しいしピアノの生演奏はあるしピスタチオ大好きだし。


朝が早かったこともあって、22時過ぎにはぐっすり眠りについた。







つづく




kanyamane at 12:00|PermalinkComments(0)日常