2017年11月06日

2017年11月4日 新幹線のぞみ 東京行き


ブログにコメントを入れるのが苦手で。
これはブログに限った事だけでなく、ツイッターでもそうなんだけど。


苦手な理由は色々あるけど措く。

そんで自分が出した結論としては「関係を修復する機会のない相手」にはコメントを入れない事にしている。
お顔が見えない相手に何か意見するって怖いから。


だからコメントを入れるにしてもコンスタントにお会いできる可能性がある人になるので、それは必然的に東京近郊の方に限られてくる。
僕は静岡以外、遠征とかしないからね。


だからこの5年間でマラソンやブログを通してたくさんの方と知り合えたけれど、関西方面で繋がりがある人って本当に少なかった。


アメブロと違ってライブドアブログには「いいね」とかないので、コメントのやり取りが無ければ誰が僕のブログを読んでいるかわからない。
もちろんその逆もしかり。

僕の中で彼らが存在しているかどうかを伝える術はないし、彼らの中で僕が存在しているかどうか知ることもない。


まあそれでといいと思っていた。

会う機会とかないだろうし。
今までで十分たくさんの仲間ができたし。




でもね。

でもすごいのね。





2日の木曜から2泊で大阪に出張した。

3日、4日は朝から仕事で、3日の夜は接待が入ってるので空いてるのが2日の夜だけで。

それでもせっかく大阪に行くんだからと勇気を出してみた。




3連休前で皆忙しかったでしょう?

土地勘が全然なくてよくわからないけど、みんながみんな梅田に近い所に住んでるわけではないんでしょう?

面識もなくブログでも繋がりがないのに関わらず、集まって頂いて。
遊んで頂いてありがとうございました。

特にえむさん、お店の予約や皆さんへの連絡などありがとうございました。




もういいかなあ、って思ってたんだ。 

マラソンもブログも。 

もうこれ以上はいいかなあ、ってずっと思っていたんだ。 


もう関係ができている好きな人とだけ会う機会がそこそこあって。
ブログも何か書きたいなあと思った時にちょこっと文章にして、身内というか目に見えるというか、お顔が見える人にだけ読んでもらって。


これ以上はいいかなあ、って。





でもやっぱりすごいよね。

今この3日間の事思い出して、もっと知りたい、もっと話したいと思っているもの。後悔もしてるもの。


ああこの人とはこんな話がしたかったな。


もっとこんな事を訊けばよかったな。


何で話しかけられなかったんだろ、機会なんて限られてるのに。







朝から夕方までずっと展示ブースで来客対応で、夜は深夜までお客さんの接待で。

頭も体もぐったり疲労困憊で、まだブログもツイッターも読めていないんだけど。

明日から少しずつ追いかけよう。 


時間はかかるかもしれないけど、大阪レポを書けるといいな。 





image














俺すげえ楽しそうっしょ(笑)





続く?





2017年10月27日

2017年4月21日


先週末のかすみがうらマラソン、大迫傑のボストンマラソン。

このふたつで自分の中でスイッチが入った、テンションが上がった感覚がある。 

テンションが上がりすぎたせいで非公開のつもりで書いた文章もブログに更新してしまったほどだ。 


しかしすぐに練習を開始できるかというとそうでもない。 

この1ヶ月半、ほとんど走っていなかったので走るという習慣が抜け落ちてしまっているし、体も以前よりだいぶ重い。 

なにより今週の土日は妻と軽井沢に旅行にいく。 

走れる時間は限られているし、もしかするとちっとも走らないかもしれない。 

来週末にOTTがあるというのに…。 

OTTも結局、自分の劣化具合を確認するだけのレースになりそうだ。




体を、走力を戻すのにどれくらいかかるだろう? 

2ヶ月か3ヶ月くらい。 

それくらいの期間で戻せればいいと思う。 

GWの連休をきっかけに、走るという習慣を感覚を取り戻せればいいな、と思う。 





昨年はGW期間に結構走りこんだ。


3回も練馬光が丘公園に行き、不整地を走った。

5月の月間走行距離は260キロを超え、結果的に年間を通して一番走りこんだ時期となった。


その成果か、6月にあった富士登山競走の試走で手応えのようなものを掴んだし、夏場7月、8月は例年以上に充実したスピード練習ができた。 


9月以降に体調を崩したせいもあり、秋シーズンで結果は残せなかったのは残念だったが、静岡でサブスリーできたので、まったくこの時期の練習が無駄になったわけではないと思うし、いいシーズンだったのだと思う。 





今週は火曜日にキクチさんと、木曜日にはキクチさんとマルさんとムネコフさんとミノルさんとお酒をご一緒した。 


そこで少し胸の内を話したのだが「サブ50を僕は本当に欲しいのだろうか」 


速くなりたい。 

練習がしたい。 


これは思う。 


ただこの先フルマラソンで記録を目指すほどの熱意は…どうなんだろう? 

サブスリーを目指していたような、同じ熱量で取り組めるのだろうか?

サブスリーまでが少し時間が掛かり過ぎたからかもしれない。

 

僕はハーフマラソンくらいの距離が好きだ。 

それは走ってる時の疾走感を得られるからだ。 

息が上がるかどうかくらいのギリギリで押していくペースでの疾走感。 

これが好きだ。 


正直、フルマラソンでは味わった事はない。 

フルマラソンはとにかくゆっくりだ。

序盤速くなりすぎないように我慢して、中盤調子に乗らないように我慢して、終盤ペースを落とさないように我慢する。 

感覚としてはジョグの延長として捉えていて、それはサブスリーで走ったときも同じだった。 

もちろん終盤は痛みや渇きに耐えながら必死に走ってはいるんだけれど。 

ハーフマラソンの時に感じるような疾走感、気持ち良い感は薄い。


フルマラソンももっと速くなれば、その感覚を得る事はできるのだろうか。

サブ50で走れれば、その感覚を得る事はできるのだろうか。 

それともやはりジョグの延長なのだろうか。 



習慣的に走る事、短い距離を走る事。 

これは今後も続ける事はできると思う。 

ただフルマラソンを走るために30キロ走や3時間走といった練習はフルマラソンで確固たる目標がなければできそうにない。 



サブ50。 


僕はこれを今までのサブスリーと同じように熱量のある目標として置くことは本当にできるのだろうか。




kanyamane at 08:20|PermalinkComments(0)休養中 

2017年10月26日

2017年2月23日


昨日はポイント練習で400を10本。

いい感じで走れた。

あとは週末に1回ポイントを残すだけだ。

まあこの時期の練習が大会当日までに走力向上に寄与する事はないだろうから、状態の確認的な意味合いが強い。

勝田や足立の前よりずっと状態はいいと思う。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆


静岡マラソンまであと10日だ。


正直すごく怖い。

フルマラソンを走るのが怖い。

当日を迎えるのがすごく怖い。


怖くて怖くて仕方がない。


失敗して失速するイメージが頭から離れない。


去年みたいに25キロで脚が止まってしまったらどうしよう。

一昨年みたいに膝が痛くなったらどうしよう。

気温が高くなったらどうしよう。

悪いイメージが次から次へと浮かんできて怖くて苦しくて。どうにかなってしまいそうだ。




逆に良いイメージももちろんある。

体の状態はいい。

過去1番の練習をこなせた。

30キロ以降も失速せず走り切れる。

必ずサブスリーできる。

サブスリーなんて大した事ない。



期待と不安が交互に何度も頭に浮かぶ。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆


まだ迷っているけれど、静岡マラソンはイーブンで狙おうと思う。


今まではハーフを88分で通過するイメージで走ってきた。

静岡マラソンは90分でハーフを通過したい。

前半90分、後半90分。 


これもまた怖い。

まったくタイムの貯金がないのが怖い。
後半、全くペースを落とさず走り切れるか不安でしょうがない。

そしてなにより結局いつもみたいに失速して「おまえ静岡まで何しに行ったんだよ」ってなりそうで怖い。

結果からみたらただ日和って「勝負しに行かなかった」ってなるのが怖い。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆


PBを狙う大会前はいつも怖い。

タイムが出そうな大会前はいつも怖い。

中学からずっとそう。


だから怖いという気持ちは期待の裏返しだ。
練習が詰めていて勝負できるって事なんだ。


まったく怖いと思わなかったら、いくら口で、狙う、勝負する、と言っていても嘘だ。


PBは自身が体験した事のない領域だ。
サブスリーは僕が体験した事のない領域だ。

未知の領域に足を踏み出す事なんだ。

怖くないはずがない。


だから怖いと思う気持ちは自然な事なんだ。

乗り越えたり、排除したりしなくていい。

怖さと向き合ってればそれでいい。



kanyamane at 08:00|PermalinkComments(0)休養中