2015年11月05日

お座敷列車で行こう 前編



11月3日の祭日は勝沼の「かつぬま勝沼新酒祭り」に行ってきた。 



前日の夜に奥さんが電車の中でサンドウィッチが食べたいと言い出した。


じゃあ駅近くのコンビニで買おうと僕は提案したのだが、「それじゃ味気ないから一緒に作ろう」と奥さん。 




そんなわけで僕はせっかくの休日に早起きしてせっせとサンドウィッチをこしらえた。 



トーストを軽く焼いて薄くバターを塗り、新鮮なレタスとキュウリとトマトに少量のオリーブオイルと塩で味付けし、カリッと焼いたベーコンを挟んだBLTのサンドウィッチ。 

それからツナをマヨネーズであえ、その上に軽くパルミジャーノをふり掛け、レタスとトマトを入れたツナサンド。 



それを包丁で丁寧に半分に切り、アルミホイルで包んだ。 

もう少し切れる包丁が欲しい…。
 



もちろん奥さんは僕が起こすまで夢の中だった。




乗った列車は臨時快速

「秋の山梨お座敷紅葉&ワイン号」
485系
「ニューなのはな」 6両編成。 




30分前に出発駅に着いて近くのコンビニでビールとつまみを買い、ホームでまだ見ぬ列車を今か今かと待つ。 



きたか!?
c623eb78.jpg


















きた!



キター!!
4e67f35d.jpg


















ニューなのはなさんこんにちは!

620b2ba3.jpg











人生初のお座敷列車。 

車両に入り掛かっていたビニール袋の中に靴を入れて座敷に上がる。 

全席指定のこの列車は乗る車両を間違えると大変な目に合う。 

客席は全て座敷になっているから隣の車両に移動するときも靴を脱いで「すみません、すみません」と言いながら乗客の後ろを通り移動しなくてはならない。




普段見慣れた中央線の景色もなんだか違ったように見える。

cf874106.jpg

















efa7a33b.jpg


















下りのお座敷列車はまだ落ち着いてる。 

新宿を過ぎるとほぼ満席になった。

子供連れのファミリーが多かった。

僕は少し周りを気にしながらビールを開ける。


f4b7a453.jpg



















新宿、三鷹、立川、八王子と停車し、いよいよ目的地の勝沼ぶどう郷へ。 

車窓から見える景色が街から山々へと変わっていく。 
少し季節が早かったのかもしれないがイチョウやモミジも色づいてきているようだ。 


勝沼ぶどう郷駅で降りると都心よりも気温が何度か低いように感じる。
ただ天気はすこぶる良く、日向は暖かい。 



そして空が広い。 

e02a5bfa.jpg














列車の中でサンドウィッチとビールを飲んでお腹はまだ空いていなかったので、まずは大影トンネル遊歩道に向かう。

1442c5cf.jpg

















f8e7591b.jpg


















大日影トンネルは
1896年明治29年)に始まった中央本線八王子駅 - 甲府駅間建設に伴い掘削された。レンガ積みで造られた同トンネルは1902年(明治35年)に貫通、1903年(明治36年)に同区間は単線で開通し、勝沼・塩山・甲府などの甲州街道沿いの町々と八王子・東京との間の物流の所要時間は短縮され、ぶどうワインの輸送量が爆発的に増加するなど、鉄道とトンネルの開通は地域の経済発展に大きく寄与したトンネルらしい。 


今はJRから勝沼市に譲渡され遊歩道として整備されている。

全長1.3キロ程度だ。

中へ入るとずっと先の方に小さく光が見えるがトンネル内はもちろん暗い。 

少し湿ったひんやりとした空気の中を「サウンド オブ サイレンス」を口ずさみながらてくてく歩く。


暗闇さん、こんにちは!


32791cd5.jpg













暗く長い国境の?トンネルを抜けるとゆ、ゆ、ゆるく登るカーブが続く道に出た。 

41ba1911.jpg












b9fd79f2.jpg














空は高く、どこまでも青く、山々に囲まれたその場所はとにかく静かだった。 

静けさというのは無音の状態の事ではないと思った。 

静けさというのは普段は耳をすまさないと聴こえてこない音が聞こえてくる状況だと思った。 


何を言ってるのだろう、僕は。。  




でも本当にそう思った。 



遠くから渓流の流れる水の音が聴こえ、小鳥のさえずりが聴こえ、風が葉を揺らす音が聴こえた。 


そんな時に僕は「ああ、静かだな」と思ったのだ。 




更新の励みになります!
応援クリックお願いします!



11月1日 皇居30K 
11月2日 タバタ
11月3日 5キロジョグ(300-200-100) ×2

kanyamane at 08:00│Comments(2)日常 

この記事へのコメント

1. Posted by mizore   2015年11月05日 23:39
村上春樹さんの本を読みながらなら、BLTは別として、とりあえずキュウリのサンドウイッチは美味しくないとね
2. Posted by 官九郎   2015年11月06日 18:24
mizoreさん
村上春樹の小説を昼間読むとシンプルなペペロンチーノとサンドウィッチが食べたくなり、夜に読むとウィスキーを飲みたくなります。キュウリとハムとチーズのサンドウィッチは『世界の終わりと…』だったけなぁ。 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字