ポイントしないと維持すらできない別大の季節

2019年01月25日

ナイキの靴紐は解けやすく俺は走ってるけど走れてねえ


イツカさんが書いていたナイキの靴紐。


これ、ナイキのシューズあるあるよね。


ズームフライに限らず歴代のナイキのシューズの紐は滑りやすく解けやすいものが多い。


リオ五輪の男子マラソンを覚えている方はいるだろうか?

雨が降ってシューズが濡れていたというのも影響としてあるかもしれないが、レース中にしゃがみ込んでシューズの紐を結びなおす選手が異様に多かった。

あれはみんなナイキのシューズだ(笑)

当時はまだヴェイパーとかズームフライが出る前、ストリーク6だったかな?

ストリーク6も持ってるけど、確かに紐が解けやすい。


IMG_3233















靴紐をデフォルトから換えちゃうか、結び方を工夫するか、だね。


イアンノットとか簡単かもしれない。

FullSizeRender



























僕は勤め先でも学生時代の友人でも趣味として走っている事、マラソンをしている事を公言としている。


毎年10月に有志で出ているタートルマラソンの幹事は僕だし、一昨年の静岡マラソンで初めてサブスリーができた時には嬉しさのあまり、記録証を勤め先の支店の閲覧でまわしたぐらいだ。


「重要な練習(ポイント)したいので今日は早く帰ります」

「富士登山競走に出たいので有給とります」

とかそんな感じだ。

それで周囲が本当はどんな風に思っているかはわからないが、
今までマラソンをしていると社内で公言している事で嫌な思いをした事はない。

個人の売上予算が評価の大きなところ占める、営業職っていう職種ってのもあるかもしれないね。


周囲の近い同僚だけでなく役員の人たちもそれは知っていて、だからたまに顔を合わせたりする際には「次は何の大会を走るの?」とか「東京マラソンは出たの?」とかそういう走る事に関する話題を振られることが多い。


もちろんそんなのは天気の話と同じで、そこから話題が発展するって事はない。




そんで最近ちょっと困る質問。

「最近は走ってるの?」

顔を合わせる度に、色んな方に訪ねられる。



もちろん「走ってます」と答えるんだけど、本当は故障で走れてない。


だけどそこで「いや、ちょっとふくらはぎを痛めて、その影響で足裏も…でも痛いけど大会近くて…あと1ヶ月なんすけど、いやあ、どうしたものかな」なんて面倒な事を言えるわけもないじゃないですか。



はっきりと「走ってはいるけど走れてはねえ」と言いたい。




ジョギングはできてるけどジョッグはできてねえ。


10キロは走れてるけど30キロは走れてねえ。


健康的には走れてるけどマラソンの練習はできてねえ。

速くなる為の練習がしたいけど、できてねえええええ



と言いたいけど「走ってます、来月末にまたフルマラソンを走ります」


今日もそれだけ答える。





おしまい


:15キロジョグ
:赤羽ハーフ(427)
月:REST
火:5キロジョグ

水:REST
木:5キロジョグ
金:
週間走行距離:48キロ
月間走行距離 :115キロ
タバタ:0回


kanyamane at 08:44│Comments(0)日常 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ポイントしないと維持すらできない別大の季節