2014年08月

みなさんこんにちは。かんざき歯科医院副院長菅崎紳です。

今日は、ちょっと前にかんざき歯科医院に新たな仲間となったマイクロスコープ君を紹介します。
d9f66033.jpg


今回、脳外科手術でも使用される最高級品を導入致しました最大24倍まで拡大されます。

根っこの治療では、真っ直ぐの根っこであれば先端まで見えることもあります
被せ物の形成、被せ物の適合状態の確認、虫歯の取り残しがないかの確認、セメント除去の確認、根っこの治療、外科治療、歯の破折線の有無の確認、等々。何にでも使えます。

歯科治療というものは、口腔内という非常に見にくい環境の中、細かい作業をする仕事です。このマイクロスコープを使用することで劇的に仕事のクォリティーが変わってきます。

実際に使用してみて、世界が変わりました今まで肉眼でも見えると思ってやっていたことが、実際には全然見えていなかったのです。

この最先端医療技術を駆使して、みなさんに最高の治療を提供できるように日々頑張ります
みんさん、興味ある方は是非かんざき歯科医院に来院下さい

みなさんこんにちは。かんざき歯科医院副院長菅崎紳です。

7月26日(土)に当院院長が会長を務める月一会というスタディグループの30周年記念講演会がありました。
3016c6fe.jpg


院長は現在68歳ですので、30年前というと38歳。私が今37歳なので来年です。30年前とは色んな意味で歯科情勢も変わってきているとはいえ、この歳で30年も続く立派なスタディグループを立ち上げたというのは非常に驚きです。やっぱりすごい

月一会の会員は、今や全国各地で講演会を開催する程の臨床力に長けた先生がたくさんいます。しかし、何よりも温かみのある会なのです。30周年記念講演会に来ていただいた方にはその雰囲気が十分伝わったのではないでしょうか。

私はこの会で司会進行役を引き受けさせていただきました
6014e479.jpg


月一会らしいすごく温かみのある良い会でした
5b91baae.jpg


院長は、この30周年を機会に会長のバトンを木村純子先生に渡すこととなりました。
4467f653.jpg


純子先生はこのブログでも度々登場しておりますが、素晴らしい臨床と底抜けの明るさを持ち合わせた愛すべき先生です。これからは木村純子会長の下、今までと同じように患者さんのためになるような臨床を目指して頑張っていきます!!

懇親会の最後に、『会長お疲れさま!!』という気持ちを込めて、月一会を代表してプレゼント贈呈を行いました。

このプレゼントは私が考えましたが、いやぁ考えました院長を一文字で表すと……。
色々と迷った結果、菅野先生という師匠をもち、菅野先生から教えていただいた『咬合』を若い頃から真摯に頑張ってきたのではないか、と思い、この『咬』という字にしました。
月一会もこの咬合というものを非常に大事にしています。

何はともあれ、長い間お疲れさん!!!会長という役職を降りただけで、これからも今までと同じように月一会には参加するとは思いますが、とりあえずは荷が下りたことでしょう。

最後に。。。これだけの人を集め、みんなに愛され尊敬されているオヤジよ!やっぱりあんたはスゴイよ!!

↑このページのトップヘ