みなさんこんにちは
かんざき歯科医院の受付です

私はピアノを弾くのが好きなのですが、今月頭に調律をしました。
レッスンに通っていた頃ほど弾く訳ではありませんが、今でも1年に1回は調律師の方に来て頂いて、しっかりとメインテナンスしております!
大切に使っていても、やっぱり音の感じが違ったりしてくるので、年1回と言えど調律はとても大事なのです

と言うことで、今回はメインテナンスとその重要性について書いていきます


そもそも、歯科医院ってどういう時に行きますか?
クリーニングして欲しい、虫歯の治療をしたいから、入れ歯を入れたい、顎が痛いなど・・・
それ以外にも様々な理由があると思います。

でも実は、その全てに共通しているのは、目的を達したあとが大事ということなのです。

例えば主訴(来院目的)が、クリーニングの場合を例に挙げてみましょう

Aさんは、しばらく歯石を取っていなかったので、クリーニングをしてもらおうと思って、来院しました。
歯石を取って、スッキリしたAさん。汚れが溜まりやすい部分の歯磨き指導も受けました。
この時点でAさんの「クリーニングして欲しい」という目的は達せられた訳ですが・・・

ここで大事なのがメインテナンス(定期健診)です

残念なことに、毎日どれだけしっかり磨いていても、自分で取れる汚れには限界がありますし、自分では虫歯が出来ていることに気付かない場合もあります。
自分で取れない・気付かない汚れを放置していると、虫歯や歯周病の原因になってしまいます
そのため、歯科医院で定期的なメインテナンスを受けて、お口のトラブルを未然に防ぐことが大事なのです

歯科医院でのメインテナンスでは、クリーニングはもちろんのこと、虫歯がないかどうか、歯周病はどうか等、口腔内全体を専門的にチェックします。
例えば、このメインテナンスの時に、患者さん本人も気付いていなかった小さな虫歯があれば、すぐに治療することが出来ます。
また、もしも部分的に歯周病が進行していれば、歯周治療に取りかかることが出来ます。


いずれの場合も、症状が最小限のうちに手を打つことが出来ます。
虫歯を放置すると痛みも出てきますし、歯周病も放置すると歯が抜けてしまいます。


当院では治療終了後、1ヶ月~3ヶ月ごとのメインテナンスをお勧めしています
そして、最終的には4ヶ月~半年ごとへ、期間を空けることが目標です
メインテナンスの間隔は、患者さんの希望と口腔内の状態により異なります。
歯周治療のプロである歯科衛生士と相談して下さいね
一緒にお口の健康を守りましょう

メインテナンスについては、当院のホームページにも記載がございます
ぜひチェックしてみて下さいね!
☆メインテナンスについて☆
ここから飛べます

では、今回はこれにて失礼いたします
次回の更新をお楽しみにー