浜松・浜名湖といえば、やっぱり鰻…
だけじゃないんです!

昨年SAVOR JAPANにも地域認定された「浜松・浜名湖」は、
四季を通じて多彩な味覚を楽しむことができます。

4月〜6月と9月〜10月は、全国有数の水揚げを誇る舞阪漁港からあがる「しらす」
10月〜2月までは、遠州灘の「天然とらふぐ」
11月〜3月まで味わえる「牡蠣」の養殖の歴史は実は鰻よりも長いのです。

そして今回紹介する「鱧(はも)」は、
5月〜9月に味わうことができます。

ちなみに4月中旬の漁期は、全国で一番早い開始であり、
魚体も大きく脂がのっていることから、
「旨い、走りハモ」と言われています。

遠州灘天然鱧かば丼

先日、よりたくさんの方に浜松の鱧(はも)を味わっていただくために、
新商品の試食会が開催されました。
それが「遠州灘天然鱧(はも)かば丼」です。
舘山寺温泉や浜名湖周辺の4店舗で発売が始まっています!
20180601_鱧かば丼
現在『鱧(はも)かば丼』がお召し上がりいただける店舗。

・竜ケ岩洞食堂ふるさと☎053-543-1155
・湖畔食坊舘山寺園☎053-487-0628
・和食処割烹松の家☎053-487-0108
・御食事処民宿松一☎053-487-1414

鱧(はも)は低カロリー高タンパクな食べ物で、
京料理の食材として有名な鱧(はも)を、ぜひここ舘山寺でご賞味ください!