ブログネタ
今週の重賞予想 に参加中!
確かにアパパネは強いだろう。何せ前走であのスーパー牝馬のブエナビスタの差し込みをしのぎ切ったのだから。古馬牡馬混合G1の天皇賞、JCを勝っている(JCは降着2着)年度代表馬ブエナビスタを負かした馬の重箱の隅をつつくのなら、アパパネはまだ牡馬混合戦の重賞には勝っていない事。ただ3歳のクラシック路線を走ってくれば、牡馬との混合戦に走る機会自体が少ないのは当然の事で、ブエナビスタのように3歳にして有馬記念に出てくるのは稀。そんなアパパネが僅かな負ける可能性があるのは、老獪な古馬の牡馬に差し込まれる事。

本命は◎「ダノンヨーヨー」を。父ダンスインザダークは自身が菊花賞馬だからこそ、ザッツザプレンティやデルタブルースの菊花賞馬も輩出したが、なぜかツルマルボーイ(安田記念優勝)ジョリーダンス(安田記念3着 )など、母系の質の違いなのか優秀なマイラーも出す。種牡馬「事」典によると「当馬が安田記念で届くかは丁半バクチ。外差しの馬場かに注意」とある。丁半バクチはいつもの事で望むところだ。今の東京は完全に外差しの馬場。これは馬場が完全にこの馬にはフォロー。1馬身先に行くアパパネをハナ差差し込むのはこの馬とみた。

相手はひねくれ過ぎません勝つまでは。「アパパネ」でよろしいのかと思います。あっさり勝たれても不思議ないのは前述のとおり。東京4戦4勝。マイルG13戦3勝。重箱の隅を突いただけになる可能性は承知のうえ。最も彼女に対して心配なのは美浦で0.1 μSv/h(0.1マイクロシーベルトパーアワー )の放射線を3カ月間もの長い間を浴び続けている事くらいでしょうか。「直ちに」健康被害が出なかった今まででしたが、明日いきなり累積被爆は3ミリシーベルト位になっていて走る気なくすかもしれません。

単穴はアパパネやダノンヨーヨーより先にいて粘り切れる可能性のある「ジョーカプチーノ 」を指名。ヒルノダムールがあれだけ強いんだから、同マンカフェ産駒のこの馬だって出る幕はあるはず。シルポートの番手からそのまんま突き放す可能性も大いにあり。NHKの勝ち方は鮮烈だった。この馬が勝つんだったらそんなイメージ。

基本的に3頭の競馬。3連単を押さえるならダービー2着馬は出世する理論がダブルで「スマイルジャック」と「リーチザクラウン」。なんでこんな人気なのか不思議な「ライブコンサート」。印は下記のとおり。

◎ダノンヨーヨー
〇アパパネ
▲ジョーカプチーノ
△スマイルジャック
△リーチザクラウン
×ライブコンサート

◎〇▲の3連単BOX。◎〇の2頭軸3連単マルチ。◎〇の馬連。 

スポーツ - 今週の重賞予想 livedoor Blog 共通テーマ
ランキングはここをクリック←横典と武の馬はちょっと気になります。3連単に加えるかも。

JAL 日本航空