ブログネタ
今週の重賞予想 に参加中!
夏のグランプリ。ここは思い入れのある馬から入るべきか、勢いのある4歳馬からなのか、ブエナビスタはやはり最強なのかという、どのスタンスを取るかで買い方は大きく違ってくる。阪神の内回り2200メートルは一瞬のキレ味勝負よりも、タフないい脚を長く使うことが要求されるコース。ここは本来なら思い入れのあるドリームジャーニーの復活から入りたいところだが、そんなコース特性からはキングマンボ買いだ。

◎は父父がキングマンボの「エイシンフラッシュ」を。言わずもがなの強い4歳世代のダービー馬。父キングスベストは産駒のワークフォースが凱旋門賞を勝ちフランスでは2010年のトップサイアー。距離の融通はきくはずでこのコースの適性は十分。ここは単純に「強い4歳世代」の頂点に立った馬なんだから負けないとみる。

相手はキンカメの「ルーラーシップ」。お友達?のヒルノダムールは天皇賞で勝利 。ドバイが余計だった気もするけれどちょっと遅れて4歳世代で頂点に立つ舞台はここかもしれない。母系はダイナカール←エアグルーヴ、そしてアドマイヤグルーヴ。G1を勝つ資格は十分な血統背景。単穴はキングマンボにこだわるのなら▲「トゥザグローリー」。前走を見なかった事にすればここで勝たれても不思議ない。こっちも母系はトゥザヴィクトリー。

そこまでキンカメなら武が乗らない「ローズキングダム」を。2歳チャンプ、ダービー2着、(繰り上がり)JC馬。折り合い欠いた天皇賞はなかった事にすればここでの復権はあり得る。「ブエナビスタ」の扱いは迷うところですが、最強馬もいつかは負ける時が(馬券に絡めない事が) 来る。それが今回なのかまだ先なのかは神のみぞ知る事だ。牝馬限定で4歳アパパネに負けた事は、その前兆が前走だったとも言えるのかもれない。ただ馬券としては捨て切れない。

後はナニワおやじが好きな?「ダノンヨーヨー」と心の奥底では勝ってほしい「ドリームジャーニー」と目を引いて印は下記のとおり。

◎エイシンフラッシュ
〇ルーラーシップ
▲トゥザグローリー
△ローズキングダム
×ブエナビスタ
×ダノンヨーヨー
×ドリームジャーニー

◎〇の2頭軸3連単マルチ。ミシエロさんおすすめの(笑)◎〇▲△の馬連BOX。

スポーツ - 今週の重賞予想 livedoor Blog 共通テーマ
ランキングはここをクリック←骨折した肋骨がいつまでたってもくっつかないようでくしゃみをすると心臓マヒを起こすくらい痛いです。