ブログネタ
今週の重賞予想 に参加中!
毎年この週は有馬記念が楽しみで週中の検討にも力が入っていたものでした。特に一昨年の記事を見るとその力の入り方は、よくそんな余力があったなと自分でも感心するほど。前後のにグルメ記事もあって仕事が忙しいのに精力的に活動していたという事だ。

今週も1日会社を休んでしまいとても有馬記念の検討を昨年、一昨年並みにできる状況ではありませんでした。ただ1年を締めくくるレース。回避の選択肢はありませんのでシンプルながら予想を上げていきます。

全体感としては3冠馬オルフェーブルVS現役最強牝馬ブエナビスタの対決というのが流れ。北品川の健坊ならどっかでタネ銭を調達してこの2頭に100マソ円位の勝負にでるところなんでしょう。そんな結果になる可能性が高いながらも、私としては素直に本命対抗をこの馬には付けにくい。この2頭の馬連ナンボつくんでしょうか。最終的ににはどうでしょう280円とかでしょうかね。

◎は「アーネストリー」を抜擢したい。前走の天皇賞のリプレイをJRAのHPから見直してみると、直線を向いてから佐藤哲三は真剣に追っていない。こんな高速決着のレースで入着を目指すより馬に負担をかけないで次こそが勝負だと言わんばかりの追い方に見えた。つまり天皇賞を調教替わりに使ったというわけだ。この馬のベストレースは宝塚記念。ハイペースで逃げる馬を番手追走し直線で早めに抜け出して、ブエナビスタに完勝。血統背景も父グラスワンダーは過去にこのレースを連覇。恐怖の種牡馬「事」典によると「アーネストリーの勝ち鞍は内回りか小回り」とある。すなわち小回り中山での夏冬グランプリ連覇はあリ得る話。少なくとも4角は先頭に近く回ってくるはずだろうから、最もレースを楽しめる。

◯は「ブエナビスタ」。ラストランは残念だが強いのは間違いない。天皇賞は行き場がなかっただけ。しっかり外に出して逃げるアーネストリーを追い詰める。が、ハナ差届かないってのが見えてきた。血統背景や実績は今更述べるまでもない。このメンバーで「一番強い」のはこの馬かもしれません。

単穴▲は「オルフェーヴル」。連勝中の馬は負けるまで買えと北新地の倉坊が通天閣近くのじゃんじゃん横町の串揚げやで説いていたのを思い出しました。重箱の隅なら皐月賞が府中だったことくらいか。中山のコース適性が大いに気になるところ。ただ背景がステゴ×マックイーンなら中山適性が悪いとは言えないだろう。問題は世代レベル。3歳馬はマイルでは安田記念を制したリアルインパクトがいる。ただ中長距離となると古馬混合G1でそれなりに好走したのはウインバリアシオン程度か。オルフェーブルが菊花賞からさらに成長して進化していることも考えられるが、今回はとりあえずは単穴評価としたい。

後は乗る馬がいなかったはずの武豊の運の良さとオグリのラストランのPVからメイク ミラクルありのタマナシ「レッドデイヴィス」。ダービー馬 「エイシンフラッシュ」と(繰り上がり)JC馬バラ一族「ローズキングダム」はどう見ても人気なさすぎ。完全に人気の盲点、この2頭が馬券に絡むことは大いにあり得る。印は下記のとおり。

◎アーネストリー
〇ブエナビスタ
▲オルフェーヴル
△レッドデイヴィス
×エイシンフラッシュ
×ローズキングダム

◎〇の2頭軸3連単マルチ。

スポーツ - 今週の重賞予想 livedoor Blog 共通テーマ
ランキングはここをクリック←例年のように大きく買うのはやめようかと思っています。

楽天トラベル株式会社

美味しいものをお正月に