IMG_6975


台風一過の東京。当社も昨日は臨時休業。そして本日は営業時間の変更。小売やサービス業界のそのような対応は従業員のことを
考えれば賞賛に値する。ヨーカドーやセブンやファミマが開いてなくたって何とかなるよ。特に百貨店なんて開いてなくても誰も困らない。これを機に24時間営業や元旦も休みなしなどの風潮がもっともっと変わっていくことを期待したい。

さて秋華賞。さすがに土曜日の京都は馬場も悪く時計もかかっていた様子。本日天気が回復してどこまで道悪が残るのかもポイントになりそう。近年はディープインパクト産駒が強く重馬場の17年以外は前半5Fが60秒を切るペースでも後半4Fも11秒台のラップを刻むタフなレースだ。瞬発力よりもスピードの持続力が重要で、渋った馬場にも対応できそうなしぶとさ馬ある馬が勝利に近い。

◎シゲルピンクダイヤ
オークス、ローズSでの◎を継続。オークスは距離が長かった。ローズSはここに向けての試走だった。とすれば勝負はここ。ダイワメジャー産駒は重馬場は得意なはず。母父にサドラーズウエルズでスタミナの裏付けはあり、さらにチューリップ賞や桜花賞でのスピードに乗った差し脚もある。ローズSは負けたとはいえ勝ち馬からはコンマ2秒差。オークス大敗だけでここまで人気急落するとは。このレースこそが最大の狙い目だ。

〇ダノンファンタジー
距離不適云々との話しもあるがこれもオークス、ローズSの〇を継続。前走のローズSは強かった。前が止まらない高速馬場にもかかわらず後方から差し切った地力。ここは人気も逆らいにくい。

▲カレンブーケドール
オークス2着、紫苑S3着。しぶとく長くいい脚を使う印象。関東圏からの輸送がどうだったのか少々気になるけれど単穴評価。巻き返しの可能性はある。

△ビーチサンバ
全兄が懐かしいフサイチリシャール。兄は早熟のマイラーっぽいイメージだったけれど、当馬は前走の走りから2000は何とか持ちこたえられるぎりぎりの距離とみる。

×パッシングスルー
クラシック不出走組からはこの馬を取り上げたい。前走は僅差ながらも最後にグイっと伸びてくる底力。近年は紫苑Sのステップも悪くなく押さえたい。

◎の1頭軸3連単マルチ。◎〇の馬連。

今日はラグビーも勝負どころです。がんばれニッポン!!