IMG_0999


菊花賞は春のクラシックに間に合わなかった晩成型の長距離馬が強いイメージがある。古くはスーパークリークやメジロマックイーン。マヤノトップガンやマンハッタンカフェやもそんなルート。強く記憶に残っているのはデルタブルース。条件戦勝ちからダービー2着のハーツクライ、同3着のハイアーゲームを完封した。

だから皐月賞、ダービーの勝ち馬が不在のこのレースは条件戦を勝ち上がった勢力や秋のトライアルで浮上した馬が強いと考えるのは早計だ。今年は逆にクラシック戦線で好走してきた馬の出番とみる。

◎ヴェロックス
そんな方向性なら勝つのはこの馬以外にない。言わずもがな皐月賞2着、ダービー3着。神戸新聞杯も勝ち馬には離されたけれど今回このレースに出走の馬達には休み明けにもかかわらずきっちり差をつけた。血統的にもこの距離には十分に対応できるはず。

〇ニシノデイジー
2歳時の重賞2勝だから早熟というのは早計。ダービーは勝ち馬にコンマ5秒差、ヴェロックスにはコンマ1秒差。セントライト記念も上がり最速で追い込んでいる。祖母の父が菊花賞馬。

▲サトノルークス
皐月賞の時もダービーの時もこの馬の血統背景は菊花賞でこそ生きると書いた。この夏を越してガラッと変わっているのかもしれない。ここは単穴評価。

△レッドジェニアル
京都新聞杯で後のダービー馬に上がり最速で先着。戦歴から京都が合う印象。母父が菊花賞馬。

×タガノディアマンテ
差し脚鋭い印象。1勝馬ながらもクラシック戦線では善戦。嵌れば馬券圏内への突っ込みもあり得る。

×ワールドプレミア
クラシック未参戦馬からはこの1頭。全兄のワールドエースはマイラーだったがこの馬もスピードの持続力はありそう。

◎の1頭軸3連単マルチ。◎○と◎▲の馬連少々。

ああ、また時間切れ。私は今日も仕事です。電車の中でアプリから追記出来たらしますが寝ちゃうかもしれません。