IMG_7516


マイルCSは2着・3着・4着馬に◎〇▲。3着ペルシアンナイト(6番人気)や4着マイスタイル(10番人気)に重い印を打てたのは良かったが勝ち馬がヌケ。惜しいと言ってくれる人もいたけれど勝ち馬を完全ヌケでは大惨敗にも等しい。安田記念馬が京都も勝つとは想像できませんでした。

さてさてジャパンカップ。初めて外国馬不在となった。しかし近年は外国馬が出ていても出ていなかったと思って初めから検討の対象にしていなかったので、今回不在はさほど関係がない。ただこのレースを難解にしているのは日本馬のメンバー構成。アーモンドアイが回避して残った日本馬がどうにも手薄になった感じは否めない。さらに手薄なうえに過去1年以内にG1を勝った馬がいない。古馬のG1ホースがいわば昔の名前で出ています的になっている。勢いを感じられないと表現してもいい。

こんな時はここがG1初制覇になるべき馬が勝つのがストーリーとしては順当だ。ここ1年で重賞を勝ったのはムイトオブリガード・ユーキャンスマイル・ルックトゥワイス・ダンビュライト。勝ち馬はこの中にいる(はず)。

◎ユーキャンスマイル
天皇賞はアーモンドアイより早い上がり時計。血統的にもダービー連対馬の産駒が強く、近年はミスプロ系が馬券に絡んでいる傾向。新潟記念以外はあまり重視していなかったけれどこの距離になったらこの馬の出番だ。

○スワーヴリチャード
昨年3着とこのコースの適性は高い。この秋のG1はリピーターが実績を残している傾向も後押し。馬場悪化もスタミナの裏付けがあり勝ち負けに持ち込める。

▲レイデオロ
宝塚記念もオールカマーも期待を裏切る結果となったけれど実績からまだ見限れない。

△ダンビュライト
前目に行って粘りこむ馬が善戦している秋のG1。馬場を一番味方につけるのはこの馬か。

×ムイトオブリガード
×タイセイトレイル
シンコウラブリイのいとこ同士。ムイトオブリガードはキセキに似た配合でこのコースに適性がありそう。タイセイトレイルは条件戦から10戦連続3着以内の堅実さを買いたい。

×エタリオウ
どこかで爆発的な復活をするかもしれない期待がある。メンバー構成、馬場悪化、そして典さん3回目。さらにダービー以来の府中。なんか確変しそうな予感。

◎○の2頭軸3連単マルチ。◎○の馬連。

とここまで書いて。時間切れ。私は今日も出勤です。後でアプリから加筆できたらします。