IMG_7426[419]


地方競馬の特にJRAとの交流レースはちょくちょく参加しています。配当は低いけれど結構当たってもいる。コツは地方馬を排除してJRAの馬だけで絞って買う事。つい最近も浦和開催のJBC。レディスクラシックは3連複の1点買いでGET。スプリントはななこちゃんが勝てると思って1頭軸の3連単。これは珍しく大荒れで3連単140万馬券。3着の大井の馬は全く眼中になしでハズレ。

問題はクラシック。どう考えてもチュウワウイザードとオメガパフューム以外で決まることは考えにくく、この2頭の「馬連」1点勝負。配当は2倍くらいしかないので、めったにないうん万円の大勝負。レースは直線チュウワウイザードが先頭でじわっと迫るオメガパフューム。2頭が並んでゴール、わずかにチュウワウイザードが凌ぎ切ったかというレース。

3着には4馬身差をつけてやはりこの2頭で決まった。配当は低いけれど1点ズドンと買っている。1点で取れるのは気持ちいいやねと思いながら確定を待った。確定し配当を確認。あれ?残高ゼロ(残金をすべてぶっこんだ)。おかしいなと思い再度確認。やはりゼロ。

しょうがないから照会から確認してみた。そうしたらなんと馬連ではなく馬単。それもオメガパフューム→チュウワウイザードの「馬単」を買っていたのだった。いつもは地方もSPATから買っているのですが、楽天ポイントが欲しいばっかりに楽天競馬アプリから買ったのが間違いだった。慣れないアプリだったのでやり方を間違えたようです。そんなミステイクもあって結局浦和のJBCは大惨敗。慣れないアプリならもっと慎重に買うべきでした。

その2頭が平安S・帝王賞・JBCに続いてまたもや直接対決するチャンピオンズC。無敗の3歳馬やフェブラリーS馬、一昨年の当レースの勝ち馬もいる。さらに芝G1ホースや前哨戦を勝ち負けした馬が揃いまさに混戦模様。過去10年で3連単5万超えが7回、10万超えが4回。1番人気、2番人気が共に馬券内になったのが1回だけと、地方のダートレースとは全く異なる荒れ方をしている。どこから入るかが問題だ。

と前置きが長くなったけれど

◎オメガパフューム
いやいや浦和のリベンジじゃありません。母系はスタミナ色が強く父のフォーティナイナーからはスピードを補完した血統背景。ノンコノユメに似た構成だ。インティの逃げで締まったペースになり4角から長くいい脚で差し込んでくるイメージ。昨年も本命に取り上げたけれど昨年はまだ成長途上。その後は地方競馬とは言えG気鬘仮 左回りが微妙も鞍上強化で克服できるとみる。

〇チュウワウイザード
この馬はデビューから13戦【8-3-2-0】と馬券対象外になったことがない。中央の重賞も地方競馬場も安定して走れる力は信頼できる。昨年の勝ち馬のルヴァンスレーブのいとこという血統背景。中央のG1経験がない分だけ対応評価としたけれど勝ち負けになる可能性は高い。

▲ゴールドドリーム
実績はナンバーワン。G1を5勝、うち中央のG1は一昨年にフェブラリーSと当レースを制覇。ただ前走のメンバーで勝ち切れず、一時の勢いはないとみて単穴評価。

△タイムフライヤー
ダートにもめどが立ってきた。言わずもがな芝G1ホース。クロフネやアドマイヤドンみたいになれる可能性も捨てきれず目を引いておきたい。ハーツクライにダートは無理というのは錯覚。特に中京のダートは悪くない。ロードゴラッソもダート重賞を勝ち、全兄タイムパラドックスはこのレースの前身のJCダートを勝っている。

△サトノティターン
シンボリクリスエスといえばあれですよ、サクセスブロッケン。馬体重が570キロから580キロの超大型戦車。母系もダートでのスピードを秘めている。馬券内への突っ込みはあるとみる。

×ヴェンジェンス
カジノドライヴ×スペシャルウイークの中京ダートの黄金配合。今年は7戦して4着以下は1回だけ。ノーマークでいたらしれっと3着に差し込んできて後悔する、なんてことになりそうな予感もするので念のため目を引いておきたい。

◎〇の2頭軸3連単マルチ中心で。

あーーーまたまた時間切れ。今日はお歳暮商戦勝負の日です。インティとクリソベリルをどうするのか結論が出ないまま出勤します。多分買わないと思います。


















[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

田中みな実1st写真集『Sincerely yours...』 [ 田中 みな実 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/11/30時点)