IMG_7177


なんだか1年が経つのがとても早く感じます。ついこの前有馬記念の記事を書いたと思ったらもう令和も年末だ。ステイヤーズステークスやターコイズステークスの音の響きで師走を感じ始めて、そろそろ年賀状作らないとと思っていたらもう有馬記念。歳を取ると時間の流れが早く感じるものだ。これをジャネーの法則という。

私にとっての有馬記念はオグリキャップではなくダイユウサクでもなく涙のトウカイテイオーでもなく、エアシェイディだってことは多分昨年も書いたと思う。一応調べてみたらやはり書いてた→ここ

有馬記念は今年の総決算。有馬記念を買うにあたり今年の自分の馬券の流れからキーワードとなるのは「先行して粘り切る」「リピートで馬券対象になるのはコース適正がとても高い」「最後は思い入れだ」となる。あとは「本当に強い馬はどんな条件でも強い」という事も付け加えないといけないのかもしれない。

◎アーモンドアイ
熱発明け。中山が初めて。重箱の隅をつついて〇以下の印にする理由を探し続けたけれど、最終的には本当に強い馬はやはり強いのだと。それはディープインパクトでありオルフェーヴルであり。そしてジェンティルドンナでありキタサンブラックであり。そんな名馬に匹敵するスーパー牝馬があっさり勝つ、もしくは馬券圏外に消えることはないというのが今回の結論となった。

〇ヴェロックス
クラシックを皆勤。皐月賞2着・ダービー3着・菊花賞3着。いずれのレースも勝ち切れなかっただけで相対的にみれば今回出走の3歳馬の中では実績はナンバーワンのはず。確かに菊花賞馬もダービー1番人気だった馬も強いとは思うが、彼らと何ら劣らない実績なのにこの前売り単勝オッズの評価はあまりにも意外。逆説的に言えば完全な狙い目だ。父ジャスタウェイもG橘ぞ〕の時に3冠&JC勝ちのジェンティルドンナを天皇賞で負かした。その産駒の当馬もスーパー牝馬に先着するのがG1初勝利のこのレースだと言う歴史が繰り返されるなんて妄想もありだろう。

▲リスグラシュー
昨秋にエリ女を勝つまではG毅加紕寛鵑離轡襯弌璽灰譽ターだった。エリ女以降は宝塚記念を制し、コックスプレートも勝った。まさに晩成のハーツクライ産駒が充実期に入った印象。牝馬のワンツーも視野に入れた単穴評価。

△キセキ
今年のG気論莵圓靴診呂龍式劼稜瓦蟾が目立った。クロコスミアしかりアエロリットしかり。そして宝塚記念の当馬も印象に残る。昨年の有馬記念も残り1Fまで先頭。4頭に差し込まれたけれど大きく失速はしていない。

△シュヴァルグラン
7歳馬、外枠と一見不利な条件は重なっているように見えるけれど、昨年も15番枠から3着。一昨年も3着とこのコースへの適性が最大限高くないと連続3着はできないはず。エアシェイディの例もあり7歳だからといって簡単には見限れない昨年のわたくしの本命馬。血統背景からもそれほど衰えはないとみる。

×エタリオウ
JCの時もいつかは覚醒するのではないのかと書いた。今回もそんな期待を持たせる最強の1勝馬、シルバーコレクター。典さん4回目。なんとかすると思うんだよなぁ。中山2500が最も合っていると思うし。

◎の1頭軸3連単マルチを印どおりに強弱つけて。◎〇▲は馬連BOXも。

今年お世話になったクロコスミアもアエロリットもスワーヴリチャードにも印を回せず。フィエールマンやサートルナーリアに来られたら・・・そんな時もあるさとつぶやいて酒飲んで寝ます。

あーまた時間切れ。私は今日も仕事です。年末は何かと忙しい。電車の中で加筆できたらしますが寝ちゃうかもしれません。

ホープフルSも東京大賞典も残ってはいますが皆様の最後のグッドラックをお祈りいたします。