IMG_9073


有馬記念は全くの見当違い。あのメンバーでは馬券圏内突っ込みの可能性ありとは思ってもあまり手を広げすぎることはできない。熟考の末切ったのはサートゥルナーリアとワールドプレミア。その馬に2着3着に来られてはもうどうしようもありません。勝ったリスグラシューは本当に強かったけれどアーモンドアイがあんなに失速するとは全く想像もできませんでした。完敗です。

そんな傷も癒えぬまま昨日はJRAオーラスG気離曄璽廛侫襭咫M汁曚鬟▲奪廚垢觧間がなかったけれど◎コントレイル→○ヴィルトライゼンテの馬単と3連単をGET。人気サイドですが今日の本当のオーラスG気了餠發呂任た。勝ったコントレイルはディープインパクト×アンブライドルドソングのニックス配合。来年の活躍が楽しみです。

さてさて本日は東京大賞典。JRAのG汽曄璽垢常に上位で堅い印象。年長馬のリピートも多い。となると昨年の1着〜3着馬のリマッチとなる可能性が高い。ただその3頭を平らに買っても大きなリターンは見込めない。ここは思い切って絞って買っていきたい。

◎ケイティブレイブ
ドバイで死にそうになって開腹手術。前走の浦和記念で復活した。この馬の交流重賞成績は【9-4-2-1】と4着以下になったのは17年の川崎記念だけ。帝王賞・川崎記念・JBCクラシックのG気3勝。全成績が【12-8-6-9】なので生涯の出走の半分近くは地方競馬でのもの。特に3歳の後半以降は地方のほうが多い。中央所属馬なのに大井や川崎はホームといってもいい戦歴だ。血統も母系に懐かしいサクラローレル。母系の類稀なるスタミナと父系のスピードはこの大井でこそ生きるはず。展開面でも前目に行って凌ぎきるにはいい枠順だ。鞍上も中央馬なのに御神本を乗せるのも期待大。先日の浦和でも空気読まずに菜々子をサクッと差し切っちゃうのがいい。

○オメガパフューム
チャンピオンズCで◎だったにもかかわらず6着。昨年の当レース勝ちから4歳になり帝王賞を制した。血統的にも大井のこの距離は前走よりは適していると思う。前走の負けには目をつぶり再度の好走と成長力を期待。

▲ゴールドドリーム
確かに戦歴ではナンバーワン。昨年の2着馬。ただ前走チャンピオンズCでは勝ち馬を一旦交わしながらも差し返され2着。中央のG気鮠,辰拭淵侫Д屮薀蝓治咫Ε船礇鵐團ンズC)のは自身が4歳時。今年の戦歴からも最盛期は若干過ぎたと考えこの評価とした。

◎→○→▲の3連単勝負。
他を買いすぎるとガミるだけなので抑えは3頭の3連複。

今年もあと数日で終わりですが全く年末感覚がありません。それは大みそかも仕事で休みは元旦だけという暮らしを30年以上続けているからでしょう。世間はもう正月休みでしょうが私は今日も仕事です。皆さま、よいお年をお迎えください。