IMG_7955


先週のフェブラリーS。◎は10番人気のタイムフライヤー。前日の土曜日のミライヘノツバサを取り逃して当初の予想を直前で変更しての本命指名だった。レースはリアルタイムで見たわけではなくJRAのレース結果から本命馬が5着だったことも、連日最低人気のケイティブレイブが2着だったことも知ったわけですが、後からレースリプレイを見てタイムフライヤーの走りに熱くなった。残り2Fを切ってから一瞬先頭。その後すぐに脚色が明らかに違う勝ち馬にあっさり交わされたものの、馬券圏内に残れるかもしれないゴール前。結果としては3着4着馬にも交わされ5着だったわけですが、結果を先に知らずレースをリアルタイムで見ていたら、結構熱くなるゴール前だった。残せーーーと叫びたくなる展開だった。

ケイティブレイブは川崎記念も東京大賞典も本命視していた馬。ミライヘノツバサもケイティブレイブも人気がないからと言って諦めたのが運の尽きだ。やはり追いかけるのなら最後までだと心に誓った先週でした。そして両馬とも「復活」というサイドストリーが必要だった。木幡くんも長岡くんもこれからの活躍に期待したい。

さて中山記念。G汽曄璽垢5頭。さらに昨年のクラシック戦線を好走してきたG亀蕕4歳馬。少頭数とはいえどの馬を中心視するのか悩ましい。同一レース3連覇がかかるウインプライドも中山1800が庭はいえ鞍上の変更は気になるところ。人気上位馬4頭か5頭のBOXなら当たる可能性は高くなるかもしれないけれど、それじゃギャンブラーじゃないよななどの格好付けの気持ちもある。

◎ダノンキングリー
芝1800は重賞で2戦2勝。共同通信杯、毎日王冠とも上がり最速。さらに2戦とも2着馬を突き放す強い内容。マルターズアポジー以外はスローに近い流れになっての瞬発力勝負ならこの馬が最強とみる。
   
○インディチャンプ
安田記念マイルCS馬にもかかわらず現時点で3番人気。中山初、コーナー4回などが不安要素とされているのかもしれないが、ステイゴールドの成長力からまだまだ伸びしろも見込める。

▲ラッキーライラック
昨年は当レース2着とコース適性もある。ただし昨年は53キロ。そこがどう出るか。

△ウインブライド
同一レース3連覇も見てみたい気はするが昨年よりは相手関係が手強くなっている印象も。鞍上変更も若干の不安点。

◎○、◎▲の馬連。◎の1頭軸3連単流し(マルチなし)

阪神は◎マイスタイルと○クリノガウディーから相手は後から考えます。

新型コロナのせいで来週から会社が時間短縮になりますが、私はいつもと同じ時間に出てベローチェでアンパン食べる時間が長くなるだけという気がしています。今日も相変わらず仕事です。電車は空いていそうでいいですね。