IMG_2592


IMG_2547先週のチャンピオンスC。予想の書き出しは◎チュウワウィザードだった。書きながらだんだん気持ちが変わって来て◎をクリソベリルに変更。チュウワウィザードは対抗に。単穴▲はゴールドドリームで揺るぎない。◎→〇→▲の3連単を太く買ったはいいけれど当初の◎がやはり気になる。最後の最後にチュウワからの馬単流しを追加。それが奏功して馬単のみGET。オッズはよく見ないで買ったので、チュウワ→ゴールドドリームは30倍程度のイメージだった。払い戻しをみてびっくり。万馬券だったとは。勝負馬券にそれなりの金額を突っ込んでいたので、大勝ちとはいえないまでもそこそこのプラス計上。とは言えあまり調子が良くなかったクリソベリルも意地の4着。インティやモズアスコットのダートG汽曄璽垢眈絨未僕茲拭まだまだダート界の新旧交代は先だという事でしょうか。来年のダート界も楽しみです。ああまだ今年は東京大賞典があったか。


昨日の中日新聞杯もちょっと参加。ヴェロックス・シゲルピンクダイヤ・サトノソルタスの復活を願って勢いのある人気馬も念のため買い目に入れてサトノから3連単流し。シゲルピンクダイヤが一瞬勝つ勢いの2着。ヴェロックスはかろうじて3着。勝った上がり馬のボッケリーニも目は引いてある。しかし◎のサトノソルタスがどっかに行ってしまってはもうどうしようもありません。復活期待の3頭のうち一番ダメだった馬を軸にしてしまい惨敗。シゲルピンクダイヤやヴェロックスが復活してきたのは喜ばしい限り。サトノソルタスは金鯱賞の残像が大きかったよな〜。

さて2歳のG気澄そもそもデビューして数回しか(中には1回だけ)走っていない馬を予想するのは困難を極める。ただ近年は比較的順当に収まっており、数戦のみではあるがその傾向値にはあまり逆らわない方がいいのかもしれない。

◎サトノレイナス
サトノフラッグの全妹。兄は東京競馬場の10Fの2歳レコードホルダーだ。さらにディープインパクト×ノットフォーセールの配合は一昨年の当レースの勝ち馬のダノンファンタジーと同じ。2歳戦から能力全開できる血統背景とみて本命に。

〇ソダシ
母父クロフネはこのレースに相性が良く、白毛人気を差しい引いても戦歴としては優秀だ。重賞2勝と完成度は高くここでも勝ち負けできる馬か。

▲メイケイエール
ソダシと同様のシラユキヒメ一族。この馬も3連勝中。さらに祖母ユキチャンの父がキーワードのクロフネ。

△シゲルピンクルビー
姉は復活した。戦歴が1戦のみそれも1400のみは不利な傾向も血統からはマイルには十分に対応できる。

×インフィナイト
モーリス産駒からもう1頭はこちらの馬か。

◎〇の2頭軸3連単マルチ。◎〇の馬連。

またもや時間切れ。まだまだ仕事は忙しい状況が続いて過労気味。香港は電車の中で考えます。














[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヨックモック・ホリデーシーズンアソート
価格:3240円(税込、送料無料) (2020/12/5時点)








mixiチェック