アンブレラストリート


天皇賞春。歴史を紐解いてみれば10番人気のイングランディーレや14番人気のビートブラックの爆逃げ大穴だった年もあるものの、全般的には強い馬が強く勝つレースだ。勝ち馬にはその世代を語る代表的な馬が多い。それはメジロマックイーン、ライスシャワー、マヤノトップガン、ディープインパクト、ゴールドシップ、キタサンブラックなどまさに歴史にその名を残した名馬が並ぶ。

今年の波乱含みのG祇鐇。このあたりで強い馬が強く勝つ調和的なバランスが必要だ。ここは天皇賞春のアプローチの定石どおり、上がりがかかる消耗戦に強いスタミナ背景のある馬が勝つと決め打って買っていきたい。

◎18ディープボンド
そんなアプローチなら昨年の当レース2着、阪神大賞典を連覇した当馬が本命にふさわしい。京都ではなく阪神開催も阪神【2-2-0-0】の実績は他馬を圧倒する。上記の歴史的名馬として名を残せるレベルのステイヤーだ。

〇16タイトルホルダー
前哨戦は勝ったとは言え着差が僅かだったことから不安視する向きもあるが、状態面が不完全であくまでもステップレースとしての調教代わり。最後まで抜かせなかった勝負根性が逆に格を感じさせた内容。4角先頭から◎に迫られても抜かせない可能性も秘めた対抗評価。

▲4ユーキャンスマイル
4年連続の出走。前2年は阪神大賞典からの臨戦で近年は着順を落としてきていることから、年齢での衰えが懸念されてのこの人気か。ただここは逆に狙い目となる。◎〇は別格としてもG気任旅チ経験がない馬が多い相手関係。阪神大賞典で昨年2着、一昨年1着。そしてみんなが忘れていたかもしれない菊花賞3着馬。戦ってきた相手が違いすぎる。直線◎〇が叩き合うなか外から上がって来るのはこの馬だ。

◎〇▲と〇◎▲の3連単が勝負馬券。

×7テーオーロイヤル
×10トーセンカンビーナ
×11マイネルファンロン
×15タガディアマンテ

念の為◎〇を1着2着に置いたフォーメーションを押さえ。

今日は珍しく日曜休み。過労で起きられなくてこんな時間になりました。
画像はハウステンボスのアンブレラストリートとなんかのタワーからの風景。

ハウステンボス















[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

喜助の職人仕込牛たん しお味(KS-30)
価格:3240円(税込、送料別) (2021/12/4時点)









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NAOKO ETERNAL SONGS [ 河合奈保子 ]
価格:17160円(税込、送料無料) (2021/1/10時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

波の数だけ抱きしめて【Blu-ray】 [ 中山美穂 ]
価格:4502円(税込、送料無料) (2021/4/29時点)







mixiチェック