肝がんの再発防止に新しい可能性

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!

肝臓がんの再発を予防することができれば、治療成績が向上することは当然のことです。そのために、大きな貢献をする可能性のある発見です。

肝ガン細胞を蛍光させて切除 大阪成人病センターなど
10月27日20時13分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081027-00000568-san-soci
 がん細胞を光らせて残らず切除−。大阪府立成人病センター(大阪市東成区)は27日、肝機能を調べるための試薬を利用し、従来発見できなかった小さながん細胞を肝がんの手術中に特殊なカメラで光らせて発見する、新しい検出法を開発したと発表した。

 手術をしても十分に切除しきれず、7割が5年以内に再発するという肝細胞がんの根治に向けた一歩といえそうだ。研究成果は28日から名古屋市で開かれる日本がん学会で報告する。

 同センターによると、平成18年末に肝機能検査の際に一般的に用いる試薬「インドシアニングリーン」が、肝細胞がんの病巣に一定期間とどまることを発見。光電子部品メーカー「浜松ホトニクス」が市販している赤外観察カメラシステムを使い、従来では見つけることのできなかった5ミリ以下の腫瘍(しゆよう)を手術中に見つけることに成功した。

 19年2月から、同センターで肝細胞がんの切除をした患者39人にこの検出法を試したところ、7人で新たなガンを発見。直径約3ミリの小さながん細胞が光った例もあったという。

 同センター消化器外科の山田晃正副部長は「従来では見つけられなかった小さながん細胞を特定できれば、肝ガンの再発防止につながる」とし、「他のガンでも応用可能か今後も調べていく」としている。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事法!