ひとつ前の記事でも書きましたが、
先週末は奈良で、
香芝ジャズダンスメイト発表会のMCを
させていただきました。

毎年、いちばんドキドキしているのが、フィナーレ。
出演者全員のお名前を呼ぶのです
カウントに合わせて・・・。

音楽のココでMCが始まり、一人8カウントで読む
などという制約があるものですから、
カウント表とストップウオッチと必死ににらめっこ。
そして、心で数える「1、2、3・・・8」という
カウントが頼り。
タイミングを間違わないように、リズミカルに?
アンド、お名前を間違えずに、かまずに読むというのは
私には、なかなかに至難の業なのです(^^;

最初のころは、夕田さんにつきっきりで
Qを出してもらってました。
今は、なんとか本番は自分でやってますから
少しは成長したなぁと思います(笑)

今年は、先生方が書いた「メッセージ」を
私が読ませていただき(事前録音)
そのナレーションをバックに先生が踊る、
という試みに、参加させていただきました。 

本番前日、先生たちのリハーサルを
前から見せていただきました。

メッセージを紙で読んだときとも
自分の録音した声を聞いたときとも違って。
踊ることによって立ちあがったその作品に
心が動かされました。

自分の声をバックに、ダンサーさんに踊ってもらうというのは
不思議な、有難い体験でした。

ダンサーさんの表現は毎回変わっていました。
本番も、袖から必死に覗いたけど(笑)
あんまり見えなかった。
練習は何度も見せていただいたけど。
面白かったなぁ。

写真は、向かって左から
横川知知先生、私、夕田賀名世先生。
この写真の私たち、
3つ子のように似て見えません?(笑)
光栄ですわ。
そして、自分が弟とよく似ていることにびっくり。

BlogPaint

 関係者の皆さま、今年もお世話になりました!