2012年12月04日

AAの言葉から…

先日、日本のシャーペイフレンド、殿くん、姫ちゃんから
素敵なプレゼントが届きました!


ame


べっこう飴細工のふぁちまです!
すごい〜〜〜!

乾燥剤を頻繁に変えれば2−3年は持つとのことで
大事に飾っておきますね!

わざわざNZまで送っていただいて、本当にありがとう!
(きっと送料の方が高い!?!?)
梱包も超厳重で、あたたかさを身にしみました。
割れずに無事、届きましたよ〜!
本当にありがとうございます。

こんなに愛していただいたふぁちまは、幸せ者です。

早速Kao坊とふぁちまの部屋に飾りました。
ふぁちまの弟子(?)のシャーペイズの隣です。


ames



さて、AA(ふぁちまの実のお母さんのヌシカの飼い主さん)から
心がこもったメールを頂き、いろいろ考えさせられたKao坊ですが
正直、毎日毎日、いろいろな考えに翻弄されてわからなくなっております。

でもやっぱり、一番利いたのは、AAの言葉。。


今は無理だとわかるけど、近い将来、また犬を飼いなさい。
ふぁちまのことを思い

「あなたと過ごしたことが本当に特別で幸せだった。
また同じ思いがしたい。だから、他の犬を飼う。」

と言うことは本当にすばらしい。

ふぁちまはあなたと会えて本当に幸せだったし、とても愛された。
あなたには愛がある。その愛を他の犬にも注ぎなさい。
あなたのその愛は与える相手が必要だし、どこかにふぁちま同様
「あなた」 を必要としている犬が、必ずいる。


……絶句です。


日本では比較的、次の子を受け入れるのは消極的になる傾向にある気がします。
だけど、ここNZでは、私が最愛の愛犬を亡くした…というと、


「次の子を迎えなさい」


といろんな人が、結構普通に言ってきました。

それが、ペットロスに利く、一番の癒しであることはもちろんですが、
いわゆる”代わり”として、次の子を迎えろ、、と言っているわけではなく
なんと言えばいいのか、、「愛」の対象を持ちなさい、と言っている?というのか…。

それが最大の供養だよ!と言ってきた人もいます。

私が犬を愛することができる人間であるなら、”その愛をもっと使え!”と
言っているようです。

世の中には不幸な子がいっぱいいるのです。
その子のためにも、積極的に「愛」を使え!と。
犬を飼える環境と余裕があるなら、かわいそうな子を救うべき。。

日本で有名なムツゴロウさん、彼も愛犬が死んだとき
「次の犬をできるだけ早いうちに迎えなさい」と言っているようですね。

犬はつながっているから。。縁があるから…。
せっかく愛があるのに、それを閉じ込めないで。。みたいな。


ものすごく納得したのです。。


正直、今はまだふぁちまのことでいっぱいですが
せっかくの愛、少しでも前向きに使えるように、
今できることを少しずつ始めて行こう…と思っているところです。



にほんブログ村 犬ブログ シャー・ペイへ

にほんブログ村



kaobounz at 18:56│Comments(12)TrackBack(0)この記事をクリップ!私事、NZごと | 今日のFatima

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by soraumi   2012年12月05日 11:03
AAさんの言葉、わたしも本当にそう思うし実感しています。

失ったその子の代わりなんてどこにもいないし、
代わりなんて言われた子もかわいそう。
その子に対する愛は、その子のためだけのものだもんね。

これだけふぁちまを愛し愛されたKao坊さんだからこそ、
その愛で幸せになれる子が現れた時、
また、その子を迎えて愛して笑ってほしいです。
その幸せって、ふぁちまが教えてくれたことだからね。

急ぐことはないと思うよ。
今は、今できることをゆっくりと。
その時がきたら・・・、ね(^^)

あめ細工、すごい!
ふぁちまもお空で喜んでるだろうな〜♪
2. Posted by ゆずママ   2012年12月05日 16:20
私もきっとそう言うと思います

今までいろんなわんこを飼って来て見送ってきました
なぜか我が家は不慮の事故で無くなる子ばっかりで本当にそのショックたるや想像もできないほどです
でもきっとそれは神様が決めた寿命だと思うようにしています
どの子も人より長く生きてはかわいそう
見送る事も愛なんじゃないかって
今は無理でもきっと次の子には深い愛情を持って接して行けると思います
ふぁちまもママの悲しそうな顔より楽しそうな顔の方が大好きだと思うよ
いつの日か。。。きっと

3. Posted by 夢子   2012年12月05日 16:45
べっこう飴細工すごいです!
私には出来ないわぁ。
ふぁちまちゃん、こっそり舐めてるかもしれませんね。

AAさんの言葉、本当に重みがあります。
私も考えさせられます。

Kao坊さん、無理しなくても急がなくても、いいと思います。

うまく言葉がみつかりませんが・・・ふぁちまちゃんは、すごい大役をこれからもしてくれるのでしょうね。

4. Posted by さく   2012年12月11日 00:32
こんばんは。始めまして。
日本でシャーペイの女の子を飼っているさく、といいます。
ふぁちまちゃんの隠れファンでいつもこっそりブログを拝見させていただいていました。
最近忙しく、久しぶりに訪問させていただき、ふぁちまちゃんがお空へ旅立った事を知りました。
とても悲しく、辛く、涙が止まりませんでした…
なんと、いえばいいのか浮かばずただただ泣いていました。
そんな私を心配そうに見つめてくる、うちのお嬢様。
うちのお嬢様も心音に問題があるかもしれない。
つい最近病院で言われ、不安な気持ちでした。
何年後かに、何かが起こるかもしれない。いつか必ずやってくる別れ…それを今回、痛感しました。何気ない一日一日を大切にして精一杯愛してあげたいと思います。


ふぁちまちゃん、いつも、見ていました。沢山の笑顔をありがとう。大切な事を教えてくれてありがとう。
おやすみなさい。ふぁちまちゃん。
5. Posted by kinまま   2012年12月11日 17:37
嬉しいプレゼントですよね〜 

そう、一番のお薬は 次の仔を迎えることと良く言いよく聞きます。。。 確かに次の仔を迎えたらその仔の面倒がかかる ましてパピーだったたら特に。。。

私は段々年齢が行く。。。ことを考えさせられる
6. Posted by Kao坊   2012年12月12日 19:15
>Soraumiさん
ありがとう!
今はまだふぁちまのことで頭がいっぱい。。
でも、世の中には不幸な子がいっぱいいるし、ずっと前からふぁちまと一緒に、不幸な子への援助は
お手伝いさせていただいていたんです。
ふぁちまがいなくなった今、私一人でお手伝い…??
ううん、もしかして、援助団体の中から、ふぁちまが私と暮らすべき、新しい子を選んでくれるかもしれないね!
だって、わんこへの愛は、ふぁちまが教えてくれたことだもんね!
7. Posted by Kao坊   2012年12月12日 19:16
>ゆずママ
不慮の事故で、、きついですね。。胸が張り裂けそうです。
ふぁちまももう少しで8歳というときに病気で亡くなり、
犬としてはまだ、もう少し生きれたはずなのに、、という思いがどうしても消えないのです。
でもそうだね。きっと寿命だった。
それぞれの運命は、生まれたときから決まっているはずで、
ふぁちまの運命も決まっていた。。。と考えれば悲しいけど、納得できます。
長く生きる人(犬)、若くして亡くなってしまう人(犬)、本当にそれぞれ、運命なんでしょうね。。
人間も犬もきっと、その人生のシナリオと運命は、生まれたときから決まっているのだと思います。
そうだよね。いろんな命がある以上、いろんな劇的なシナリオがあるはずだもんね。。
私たちはそれをあるがままに受け入れることしかできないですよね。
暖かいコメント、ありがとうございます。なんか感動しました。
8. Posted by Kao坊   2012年12月12日 19:20
>夢子さん
ペットロスの最大の癒しは、次の子を迎えること、、と
いろいろなサイトで情報を得ました。
まだふぁちまのことでいっぱいで無理な私ですが、でも新しい命を迎えれば変わるかも、、という気持ちもあります。
何よりそれが、過去の子への一番の供養!というのを読んでしまって以来、気持ちが乱れます。。
いずれにしても、新しい子を迎えたい気持ちもあれば、
ふぁちまのことが世界一!だからまだまだ、、という気持ちもあり、葛藤しています。
9. Posted by Kao坊   2012年12月12日 19:25
>さくさん
はじめまして!日本でシャーペイ飼ってらっしゃるんですか!?
うーーん、もっと早く知り合いたかった!!なーんて。
いつも応援して頂いていたようで、ありがとうございます。
ふぁちま、突然亡くなっちゃったんです。いきなり病気になって。。
思ってもいなかったことなので、かなりパニックです。。
そう、いつかは別れが必ず来るんですよね。。私も知っていましたが、こんなに早く、しかもいきなり来るとは思っていませんでした。
どうか、今のシャーペイちゃんと楽しい時間をすごしてくださいね
シャーペイはなんというか、、特別です!すごい人間的で、美しすぎます。
どうか、、思いっきり愛してあげてください。楽しい日々が続くよう、祈っています。
暖かいコメント、ありがとうございました。

10. Posted by Kao坊   2012年12月12日 19:32
>Kinまま
すごいうれしいプレゼントだよね〜。
NZまで送っていただいて、しかも梱包がものすごかったんです!
すごい大事にしていただいた証拠です。ありがと〜!
新しい子を受け入れるのがやっぱ一番なの?
私はふぁちまのインパクトが強すぎるのです。(初めての犬、ものすごい美しい犬(私にとって!))、
確かに恵まれない子もいっぱいいるのです。純粋なシャーペイの中にも。。
彼らを救えば、私もハッピーだし、彼らもハッピー。
ペットロスの地獄も少しは緩和されるのかなあ?と思いますが、
もう少し時間が必要かな??ってか、私自身、こんな経験初めてで、神経が麻痺していてよくわからないのです。。
でもいずれにしても、いつかまた、、とは思っています。
11. Posted by みっちー   2013年01月14日 07:54
初めまして。アメリカ在住のみっちーと申します。
ふぁちまちゃんのことはかなり以前から大ファンで、たまにですがこちらにお邪魔していました。
亡くなってすぐにたまたままたお邪魔して、あまりに急なことで私もショックでした。
Kao坊さんのお辛い気持ち、私も読みながら泣きました。
私ごとですが、1年半ほど前に大切な愛犬を病気で亡くしました。
まだ3歳10カ月でしたが、それまでの1年少しの間闘病生活がありました。現在の獣医学では難しい病気でしたので、長生きは出来ないと言われていましたが、まさか1年ちょっとでお別れになるとは思ってもいなかったです。
子供の頃から犬と共に育ってきて、これまでにも何匹もお別れがあったのですが、この時が一番辛かったです。
毎日毎日泣き暮らしていたある時、たまたま里親募集の生後5ヵ月の子の写真を見ることがありました。
亡くなった子と瓜二つだったんです!!!
生まれ変わりか?って思うくらいそっくりで、写真をみた主人もビックリ。
もちろん亡くなる前にすでに生まれていた子なので、生まれ変わりのはずはないのですが、これはもう縁だと思い我が家に迎えました。
実際一緒に生活してみると、瓜二つだと思ったけど実はそうでもなく、性格も違うし全く別の子。(当たり前ですよね。)
でも、この子にどれだけ癒されたか分かりません。
亡くなった子の代わりにはもちろんならないんですが、それでもぽっかり空いた心の隙間を埋めてくれています。
Kao坊さんにも良い時に良い縁があると思います。
ふぁちまちゃんはKao坊さんをママとして選んでやって来てくれたと思います。
なので、未来に出会うであろう子もきっとそのようにしてKao坊さんのお宅にやってくると思います。
12. Posted by Kao坊   2013年01月14日 16:55
>みっちーさん
はじめまして。暖かいコメントをありがとうございます。
そうか、3歳10ヶ月で…。辛いですよね。
ふぁちまも突然、シャーペイ特有の不治の病気になってしまいました。
だけどもう少し気をつけていれば、もう少し早く気づけば何か違ったかも…
と後悔したらきりがないのです。
そうですか。縁のある新しい子に出会えたのですね。良かった。
私もいろいろな人にアドバイスを頂き、新しい子を迎えることを考えたりもします。
だけど、やっぱりふぁちまが一番!とどうしても思ってしまう…。
うーん、きっとまだ縁がないのでしょうね。
縁があったとき、運命の子に出会ったとき、何か不思議な力が働くようです。
そう、新しい子が私を選んできてくれるそうですね。
そんな出会いがもしあれば、大切にしたいです。
ありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔